ホーム<NEWS

NEWS

格闘技未経験者のための格闘技ジム

checkmat tokyoは格闘技未経験者のためのアカデミーです。

したがって格闘技経験者の方の入会をお断りすることがあります。

大変申し訳ありません。

※ブラジリアン柔術、打撃系の格闘技経験者の方は歓迎いたします。

なぜ断るのか。

それは未経験の方に楽しんで練習していただきたいからです。

経験者がクラスにいるとここは場違いではないかと思ってしまう未経験の方もいます。

また、経験者の方では30分では物足りないと思います。

スタートが一緒だから楽しめるのだと思っております。

 

誠に申し訳ありません。

 

 

サークルの皆さんセミナーをやりませんか?

都心にはブラジリアン柔術のジムがたくさんあります。現在では2,3駅おきにはアカデミーがあるくらいです。

しかし、地方はそうはいきませんよね。ブラジリアン柔術を習いたくてもなかなか習えない状況にあるのではないでしょうか?

youtubeなどを見て研究して練習しているサークルの方は多いでしょう。

また柔道経験者を中心に柔道の寝技を練習してしまっている方も多いと思います。

それでもセンスのある方は試合で勝てます。

しかし、一般の方は痛いし苦しいし、少しも楽しくない練習を続けているのではないでしょうか?

そういう方にちょっとでもブラジリアン柔術を楽しんでもらえるようなセミナーができたら良いなと思いこの度募集することにしました。

テクニックを教えるというよりちょっとしたヒントやコツでスパーリングが楽しくなるようなことをやっていきたいと思います。

指導者がいないかサークルの方、茶帯、黒帯がいないサークルの方に限ります。

ご興味のある方は

info@wado-jiujitsu.com

まで

 

 

週1女性限定 ボニータブラジリアン柔術クラススタート

週1女性ブラジリアン柔術クラススタートします。その名もボニータブラジリアン柔術クラスです。


ボニータとはポルトガル語でかわいいという意味。


週1キックと同じ、月謝5,000円、ビジター2,000円です。


また、ボニータブラジリアン柔術クラスとスカッとキックボクシングの両方参加できるコースも作りました。


月謝は9,000円です。

 

格闘技に興味のある女性の方、ぜひ始めてください。


 

出会いを楽しみにしています。

ひと昔前はブラジリアン柔術って何だ?って思われていました。

柔道や格闘技をやっていた人がどんなものかと試しに来ていた時代があったのです。

私も道場の責任者としては負けられません。

バカにされたら終わりですから!!

そういった経緯があったため、体験に来られる方には身構えてしまう癖がついてしまいました。

しかし、今は違います。

みなさん、ブラジリアン柔術をリスペクトしてくれていて楽しもうとしています。

今では私もいつのまにか自然体で受け入れられるようになっています。

むしろ出会いが楽しみになって来ました。

たくさんの方に格闘技の楽しさを伝えたいと思えるように変わって来たのです。

私は40年近く格闘技をやっていていまだに飽きません。会員さんももう20年近く通って来てる方もいます。

なぜ続くのか?それは楽しいからです。

格闘技は見るよりやったほうが絶対に楽しい。

格闘技を楽しんでくれる方との出会いを楽しみにしています。
 

帯授与式

先週の土曜日は帯授与式でした。

ブラジリアン柔術の帯は他の武道より大変です。

昇給審査もないので完全に実力次第です。

帯は白、青、紫、茶、黒の5段階に分かれます。

昇給するにはまずは技術をしっかり身につけること。

ブラジリアン柔術は1000を超える技があると言われていますので覚えるだけでも時間がかかります。

その上、その技を使いこなせているかが重要になります。

試合で優勝したり、上の帯の方と互角に戦えるようになったら昇格という流れになります。

柔道や他の格闘技をやってきて、ものすごく強くても技術がブラジリアン柔術でなければ昇格はできません。

皆さん、そのように苦労して昇格するので帯が昇格するときの喜びはひとしおです。

 

そしてCheckmat TOKYOでは帯叩きという手荒な祝福をします。

これはブラジルのアカデミーではどこでもやっていた祝福の方法です。

結婚式のフラワーシャワーのように2列に並びその間を昇格者がゆっくり歩きます。

並んで祝福する方たちは帯をもって昇格者の背中をおもいっきり叩くわけです。

僕も4回やられていますが一緒に練習してきた仲間に祝福されるので痛さよりもうれしさが勝ってしまいます。

しかし、この手荒な祝福、世界中で賛否両論あります。ブラジルでもやめている道場もあるそうです。

うちは怒られるまではやろうかなとは思っていますが!!

というわけで今回はこの手荒な祝福を2名の昇格者が受けることになりました。(1名は妊娠中のため、免除)

 

201861112517.jpg

今回の昇進者

201861112925.jpg
2018611121011.jpg
2018611121126.jpg全員で記念撮影
2018611121228.jpg

 

おめでとうございます!!

 

過程も楽しみましょう!!

今流行りのパーソナルトレーニング。

筋力トレーニングを中心にダイエットや筋力づくりをするものですね。

私は筋トレが苦手です。

なぜならきついからです。

きついなら格闘技も同じなはずでは?

しかし、大きな違いがあります。それはうまくなる喜びが格闘技にはあることです。

格闘技は技術練習が多く、すぐに実践で使え結果が出ます。かからなかったら研究するという課題まで出てきます。

しかし、筋トレはきついうえに急には結果が出ません。

筋トレは筋肉がついて体が変わっていく喜びや痩せていく喜びがあるのでしょうがそれは格闘技も一緒なんです。

うまくなる喜び、勝つ喜び、反対にできないときの課題をどうクリアするか、負けたら気にどうリベンジするか?

いろいろとあなたに試練や楽しみを与えてくれます。

目標を達成するのは同じですが過程を楽しむなら格闘技です。

もし運動を始めようとしているなら格闘技も選択肢に入れてみてください。

Checkmat Tokyo

 

 

 

帯授与式は明日です。

明日6月9日18:00より帯授与式を行います。

 

予定

18:00集合

ワンマッチ大会(来た人を中心に試合を組みます)

19:00帯授与式(吉田さん、林さん)

19:30大宴会

 

※記念写真、ホームページ用の写真を撮るのでCHECKMAT ALMA着を着てきてください。(カメラをお持ちの方はお願いします)

※飲物、食べ物は持ち寄りす。コンビニ不可。センスのあるものをお願します。

※途中参加もOKです。

※家族の参加歓迎です。OB.OG、休会中の方の参加もOKです。

CHECKMATグッツ

CHECKMATグッツが増えました。

CHECKMAT TOKYOオリジナル商品や本部から取り寄せた商品です。

例えば

20186711521.jpg

Leo vieira キャップ

201867115256.JPG

CHECKMATギョサン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後は会員さん以外の方でも買えるようにネットショップ展開も進めていこうと思っております。

CHECKMATファンの方、乞うご期待!!

 

Mundialを見て

Mundialネタが続きます。すいません。

今回のMundialは決勝だけ見ましたがやはり面白かったです。

マルファシーニはすごかった。

ネットを読むとモンスターだの怪物だの書いてありますが確かにフィジカルはものすごいのですがテクニックの方がすごくないですか?

モダン柔術全盛の時代に、またガロ級という最もパスしずらい階級できれいにパスして一本勝ちしていくのですよ。

いくらパワーや瞬発力があってもテクニックがなければできないことです。彼の強さの秘密はフィジカルよりテクニックです。絶対に!!

 

アリはデカかったですね!!

私は黒帯になりたての時に紫帯だった彼にボコボコにされています。その頃はアトスに移籍前でモダン柔術をやっていなかった。ヒカルジーニョに教わっていたのでアグレッシブに動き一本を取る選手でした。

私はその頃のまま成長していたなら今の数倍強くなっていたと思うのですが・・・

マルファシーニ対モダン柔術のようにアリ対モダン柔術が見たかったのですが!!

ん~~~なんか残念です。

 

アメリカ人が2人優勝しましたね。

柔術界が発展していくには良いことだと思いますが何か複雑な気持ちです。

サッカーもそうでしょうけど、ブラジルは強くなければいかんのです。

簡単に負けたらいかんのです。

そんなことを思ったMundialでした。

 

 

流行り

ムンジアルが終わって大会で使われた技などがまた流行り始めるのでしょうね。

 

ブラジリアン柔術は毎年新しい技が生まれて流行っての繰り返しなので覚えるのが大変です。

 

逆に言うとこんなに面白いものはありません。

 

他の競技では流行りはあると思いますが、頻繁にスタイルまで変えてしまう技術ってないと思います。

 

今年はまだ流れがモダン柔術全盛だったらしいのですが10年後は全く違うスタイルになっていると思います。

 

それは10年前の柔術は今とはまったく違うものだから。

 

とにかく面白いです。