ホーム<NEWS<柔術はやればやるほど楽しい、しかし初めは・・・  和道ブログ
NEWS

柔術はやればやるほど楽しい、しかし初めは・・・  和道ブログ

ブラジリアン柔術は練習すればするほど面白くなってきます。

 

 

しかし、始めたころは何もわかりませんよね。

 

 

赤ん坊のようなものです。

201941012353.JPG

 

一通りテクニックを覚えるまでが結構大変。

 

 

テクニックを習って形はなんとなくできても、なぜこういう形になるのか最初は理解できません。

 

 

空手なら突いたり蹴られたりとわかりやすく、柔道なら投げられるからわかりやすいですが、なんでこうなるの?何の意味があるのといった具合になります。

 

 

ここが一つの試練です。まだスパーリングができないので技の意味が理解しずらのです。

 

 

しかし、練習に来ているとだんだん技と技がつながっていき、そのわからなかった技が解明されていくきます。

 

 

”今までこの動きに何の意味があるか分からなかったけど、こう使えばいいんだ”

 

 

となるわけです。

 

 

解明できるようになれば楽しさがわかってきます。

 

 

練習にたくさん来て多くの技を覚えることでその楽しさがだんだん多くなってきます。

 

 

しかし、練習に来ないと技を忘れてしまい、こういった楽しさを見つけられずにつまらなくなってしまうのです。

 

 

ですからとにかく練習に来てテクニックをたくさん覚えて技を理解する楽しさに目覚めることがまずは大切です。

 

 

ドラゴンクエストでもレベルを上げ、アイテムを集めるのに苦労するでしょう!?その時間が大切ではないですか?

 

 

スパーリングができるようになれば楽しさがますます増えてきます。

 

 

たとえ、やられたとしても

 

 

”ああ、この技は先週習った技だ”とか

 

 

想像していなかったことをやられて感心してしまうとか

 

 

きれいにやられて気持ちがいいなど

 

 

柔術はやられるのも楽しいのが特徴ですから、逆に楽しくなってきます。

 

 

やられているうちに自分も体で自然とテクニックを覚えてしまいますから、そこまでくれば後は楽しむだけです。

 

 

そのうち技がかかるようになり一本も取れるようになるでしょう。

 

 

後は駆け引きを楽しんで遊んでいれば自然と強くなってしまいます。

 

 

なんでもそうですが最初はなかなか上達しないし、うまくいきません。

 

 

しかし、そこを乗り越えれば楽しいことが待っています。

 

 

柔術は技が多く、毎回違うことを学びます。

 

 

まずは練習にたくさん来て多くの技を集めて下さい。

 

 

 

 

春のキャンペーン実施中、詳しくはここをクリック

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1367