ホーム<NEWS<柔術だと思っていたものが・・・
NEWS

柔術だと思っていたものが・・・

他のジムで柔術を始めた方がCHECKMAT TOKYOには何人かいます。

 



その出身道場にもよりますが、癖がなかなか治らない方がいます。癖ならまだ治りますがトラウマになっている方もいます。

 



トラウマといっても精神に影響があるというわけではありませんが!

 



その方のアカデミーは大きい人が多く、潰されて押さえ込まれ、さらに動かないから逃げられない。

 



そんなことを繰り返されたので、そのトラウマが原因で、いざ逃げようとした時に体が動けなくなってしまう方がいます。

 



また、このようなトラウマは諦めを早くしてしまいます。

 



どうせ動けないからと諦めてしまうのですね。

 



本当ならエスケープが柔術の醍醐味なのに初心者のうちから固められてエスケープの練習ができない。これはとてももったいないことです。

 



テクニックが中心のアカデミーなら攻め合うので隙も生まれますし、テクニックを使ってエスケープすることもできるので体格で劣る方でもしっかりしたテクニックを身につけることができます。

 



なんてもったいない!!

 



スタイルの違いということも言えますが、柔術だと思って習っていたものが実は違うものということもあります。

 



始めが肝心です。そして白帯で習うことがすごく大切です。その後の柔術人生を左右してしまいます。

 



しっかりしたアカデミーをお選びください。

 

 


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1316