ホーム<NEWS<良い先生、仲間、練習量
NEWS

良い先生、仲間、練習量

強くなるには練習量だけでは強くなれません。

 



良い先生を選ぶこと

 


先生がyoutubeの方も大勢いるでしょう。しかしyoutube先生はスパーリングをしてくれません。

 


百聞は一見に如かず

 


ではありませんが

 


一回の先生とのスパーリングは100の技を知るより大切だと私は思います。

 



私はアリアンスという世界でも最高のアカデミーで練習していました。

 



技は合理的でわかりやすく最高の技術だということはわかっていましたがスパーリングになると強引になってしまったり、使うタイミングがわからずに苦労しました。

 



youtubeで学んでいる方もこういうところで苦労しているのだと思います。

 



しかし、マスターレオジーニョ と一度スパーリングすると今まで習ったことがつながっていくのがわかりました。使うタイミングもわかりました。

2019310121534.jpg

 



ブラジリアン柔術は目で覚えるものではなく体で覚えるものだとその時わかりました。

 



良い指導者につく、これは習ってみなければわかりませんが、とても重要なことです。

 

 


大勢で練習すること

 


もう一つ大切なのは大勢で練習することです。

201931012175.jpg



いろんなタイプ、体格の方とやることで穴がなくなってきます。



毎回同じ人との練習では同じ展開が多いため、自分の穴に気付きません。

 



また、大勢で練習することで先輩にやられた技をその場で後輩に試すことができます。

 



強い相手にやられたことをすぐに自分よりキャリアの少ない者に試すことによって技を忘れずに自分のものになりやすくなります。
やられた者も同じようにしていけば相乗効果が生まれます。

 



そしてなによりもチームワークが強くなります。柔術は個人戦ですが団体戦の要素が強いものです。チームワークが強いチームからチャンピオンが多く生まれます。

 



大勢で練習することはとても意味のあることです。

 



より良い指導者、練習仲間、そして練習量。
 


これはとても大切で欠かすことはできないと思います。

 



筋トレやサプリ、メンタルトレーニングなどは個人によって取り入れれば良いと思います。

 



まずはこの3つの環境を整えることが大切です。

 

 



checkmat tokyoにはマスターレオジーニョのテクニックがあり、それを学んだ指導者がいます。また、毎日練習する環境も整っております。しかし、毎日練習する方が少ない。上を目指す方、ぜひcheckmatでブラジリアン柔術を始めませんか?

 

入会のお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1307