ホーム<NEWS<なぜ格闘技未経験の方しか入会できないジムにしたのか?その2つの理由
NEWS

なぜ格闘技未経験の方しか入会できないジムにしたのか?その2つの理由

201519154135.JPG

 

格闘技というと真っ先に思いつくのが怖い、厳しい、痛そうなどのイメージですよね!!

 

あなたがもし興味があったとしてもそんな先入観があったらなかなか始められませんよね。

 

しかし、ブラジリアン柔術は違うのです。私が体験したブラジル修業ではそんな先入観はまったく当てはまらなかったのです。

それはどういうことかというと

✓道場の雰囲気がラテン系のノリでとてもフレンドリーでした。礼儀作法も多少はありますが彼らは楽しいのが基本。笑顔が多く、雰囲気がすごく良かった。怖いイメージは全くありませんでした。

✓ブラジリアン柔術のテクニックは合理的なので力を必要としませんでした。ふわっとした動きでいつの間にかやられてしまうのです。そこにゴツゴツした痛いイメージはありません。やられていて楽しかったのはブラジリアン柔術が初めてでした。

✓技は聞けばすべて答えてくれました。そこに技は盗むものという武道的な発想はありませんでした。

✓しんどい練習ももちろんありましたが仲間が必ず声をかけてくれました。仲間を大切にするのもブラジリアン柔術の特徴です。

 

など私が以前習っていた空手や格闘技などとはまったく感覚が違っていたのです。

 

そこで気づいたのです。これは初心者や未経験者に合った格闘技なのではないかと

 

私は15年、ブラジリアン柔術を教えています。柔道や格闘技経験者も多く教えてきましたがお互い武道を習ってきたせいで、せっかく楽しいブラジリアン柔術の練習が武道的な厳しい練習の雰囲気になってしまうことが多くありました。

 

ブラジリアン柔術はラテン系の彼らだからこそ作れたものです。日本人の私たちでは想像もつかない発想や動き、そしてなんでも楽しもうとする彼らの性質なしにはブラジリアン柔術は生まれませんでした。だからその雰囲気を壊してしまっては柔術を楽しむことはできません。少しでも雰囲気を味わってもらって楽しんでもらいたいのです。

 

だからこそ格闘技、武道の知識のない初心者、未経験者の方が溶け込みやすいのです。

 

技だけまねてもそれはブラジリアン柔術ではありません。ブラジルの練習環境を再現することで覚えやすく、安全で、楽しい練習ができるのです。

 

だからこそclube de jiujitsuは格闘技未経験の方しか入会できないジムに生まれ変わったのです。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/848