ホーム<NEWS<ブラジリアン柔術の技を覚えるコツとは!cdjjブログ
NEWS

ブラジリアン柔術の技を覚えるコツとは!cdjjブログ

201512318150.JPG

 

 

ブラジリアン柔術の技を覚えるのが早い人と遅いがいます。その人たちを観察しているとその違いが分かってきした。

 

その違いはなんなのか?今日はそのことについて話してみたいと思います。

 

  • 立体的に想像できる人は覚えが早い

     

頭の中で立体的に技を覚えられる人は覚えが早いようです。職業でも芸術家やデザイナーの方は覚えが早いように思います。これはちょっと難しい話ですが映像を思い浮かべるように覚えると良いでしょう。

 

  • 練習の間をあけない人

     

当たり前のことですが練習に来ることで覚えが早くなります。しかしコツがあります。それは間をあけないということです。同じ週2日の練習でも月火では中5日空いてしまい、せっかく覚えた技を忘れてしまう可能性があります。月金のように中日を少なくした方が前回の技を覚えているものです。

 

  • 体で覚える人

     

頭で順番通り覚える人がいますが、いざスパーリングになると順番がめちゃくちゃになり結局使えないという人を多く見ます。覚え方として最初は順番で良いのですが何も考えなくても体が動くまで反復して覚えることが大切です。覚えの早い人は途中から順番を考えていません。

 

  • スパーリングで使う人

     

スパーリングで使ってみることが技を早く覚える最大の秘訣だと思います。ここで大事なのは間違った覚え方をしないこと。失敗したらどこが間違っていたのか反省することが大切です。

 

僕もブラジルでは忘れないようにメモしていましたが、今読み返してみると全く何の技か分かりません。絵で描いてあるなら良かったかもしれませんが!!

 

経験上、その日に覚えてスパーリングでどんどん使うってことが一番だと思います。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/876