ホーム<NEWS

NEWS

~ができないから格闘技は無理?!!

ブラジリアン柔術、カポエイラ、MMA、キックなどの格闘技をやってみたいけど!!

 

✓腕立て、腹筋ができないから

 

✓体力がないから

 

✓できそうもないから

 

✓皆さんに迷惑をかけそうだから

 

 

やる前からそんな心配してどうするんですか?

2019410193259.JPG

2019410193347.jpg

2019410193510.jpg

できないものをできるようにするのが私たちの仕事です。

 

できないことは問題ではありません。

 

やってみたいと思う気持ちだけ持ってきてください。

 

後は楽しんでたくさん練習してもらえば、いつの間にか強くなっているはずです。

 

本当に動けなくなった時に後悔しないように今、始めましょう!!

 

 

春のキャンペーン実施中、詳しくはここをクリック

 

 

 

 

柔術はやればやるほど楽しい、しかし初めは・・・  和道ブログ

ブラジリアン柔術は練習すればするほど面白くなってきます。

 

 

しかし、始めたころは何もわかりませんよね。

 

 

赤ん坊のようなものです。

201941012353.JPG

 

一通りテクニックを覚えるまでが結構大変。

 

 

テクニックを習って形はなんとなくできても、なぜこういう形になるのか最初は理解できません。

 

 

空手なら突いたり蹴られたりとわかりやすく、柔道なら投げられるからわかりやすいですが、なんでこうなるの?何の意味があるのといった具合になります。

 

 

ここが一つの試練です。まだスパーリングができないので技の意味が理解しずらのです。

 

 

しかし、練習に来ているとだんだん技と技がつながっていき、そのわからなかった技が解明されていくきます。

 

 

”今までこの動きに何の意味があるか分からなかったけど、こう使えばいいんだ”

 

 

となるわけです。

 

 

解明できるようになれば楽しさがわかってきます。

 

 

練習にたくさん来て多くの技を覚えることでその楽しさがだんだん多くなってきます。

 

 

しかし、練習に来ないと技を忘れてしまい、こういった楽しさを見つけられずにつまらなくなってしまうのです。

 

 

ですからとにかく練習に来てテクニックをたくさん覚えて技を理解する楽しさに目覚めることがまずは大切です。

 

 

ドラゴンクエストでもレベルを上げ、アイテムを集めるのに苦労するでしょう!?その時間が大切ではないですか?

 

 

スパーリングができるようになれば楽しさがますます増えてきます。

 

 

たとえ、やられたとしても

 

 

”ああ、この技は先週習った技だ”とか

 

 

想像していなかったことをやられて感心してしまうとか

 

 

きれいにやられて気持ちがいいなど

 

 

柔術はやられるのも楽しいのが特徴ですから、逆に楽しくなってきます。

 

 

やられているうちに自分も体で自然とテクニックを覚えてしまいますから、そこまでくれば後は楽しむだけです。

 

 

そのうち技がかかるようになり一本も取れるようになるでしょう。

 

 

後は駆け引きを楽しんで遊んでいれば自然と強くなってしまいます。

 

 

なんでもそうですが最初はなかなか上達しないし、うまくいきません。

 

 

しかし、そこを乗り越えれば楽しいことが待っています。

 

 

柔術は技が多く、毎回違うことを学びます。

 

 

まずは練習にたくさん来て多くの技を集めて下さい。

 

 

 

 

春のキャンペーン実施中、詳しくはここをクリック

 

 

 

 

 

 

 

東大生、東洋大生 ご近所割り引き 月謝がお得

CHECKMAT TOKYOは都営三田線の白山駅にあります。東洋大学がある駅です。

 

ここは文京区なので東京大学も近くにあります。

 

今は現役の東大生はいませんが4人のOBの方が在籍しています。

 

ですから東洋大学、東京大学はご近所になります。

 

ご近所の学生にはぜひ来ていただきたいたいと思い、思い切って月謝を下げました。

 

通常、学生会員  10,000円が

 

東洋大学生、東京大学生ですと8,000円!!

 

かなりお得です。

 

 

格闘技に興味のある方は今がチャンス!!

 

 

ぜひCHECKMAT TOKYOブラジリアン柔術を始めてください。

 

お問い合わせは

 

050-1105-3064

 

または

 

こちらまで

※お問い合わせの際に備考欄にご近所割とお書きください。

 

 

 

CHECKMAT   テクニック 3

久しぶりのテクニック動画です。

 

今回はルーカス・レイチ

 

彼とはブラジル時代にチームメイトでした。

 

クロングレイシー、シャンジヒベイロに勝利してます。

 

このコヨーテガードは彼の代名詞的テクニックですね。

 

一度この形に入ったら抜け出すことは困難です。

 

昨年のセミナーでもこの技を教えてくれました。

 

他のハーフガードの選手と違うところは作りが早いことと足の使い方ですね。

 

一度作れば終始コントロールできる技です。

 

ではご覧ください。

考えること   和道ブログ

日本の武道は教育の一環として行われています。

 

しかし、もともと武術は人を殺す技です。

 

人を殺す技を教育に使うということに疑問を感じます。

 

教育の一環になったことから危険な技が排除され、正々堂々、平等にといったことを教えられます。

 

しかし、人を殺す技ですから本来は目つぶし、金的攻撃など武道だったら反則技が実は一番大切だったり、それが奥義だったりするわけです。

 

また正々堂々、平等ということは戦場ではありえません。相手が刀を持っていてこちらは素手ということは当たり前です。そこをどう生き残るかを考えて生まれたのが武術だと思います。

 

教育の一環になったことでそういった考えることをなくしてしまった。

 

危険な技をなくし、技を限定することで、フィジカルが強い人が勝つようになってしまったのだと思います。

 

ブラジリアン柔術もスポーツ化が進み、そういった方向になりつつありますが、日本の武道と違うのはルールが自由で、考えることができることです。

 

 

 

 

春のキャンペーン実施中、詳しくはここをクリック

 

春のキャンペーン実施中!!

先週末は暖かくて、皆さん体を動かしたくなってきたのではないでしょうか?

 

しかし今日はあいにくの雨しかも寒い!!

 

せっかく運動を始めようと思ったのに!!水を差された感じですよね。

 

しかし、そのやる気!!

 

無駄にしないでください!!

 

今年は痩せる、強くなる、趣味を作る、友だちを作る、いじめから抜け出す!!などなど

 

今年は目標をかなえるために一歩を踏み出しましょう!!

 

その一歩が大きな偉業を成し遂げるかもしれません。

 

一歩が出ない方はまた同じ1年を過ごすことになります。

 

 

やる気が出た今がチャンスです。

 

 

春のキャンペーン実施中、詳しくはここをクリック

 

 

ゴールデンウィークのスケジュール

今年のゴールデンウィークの連休は10日間と長いですね。

 

CHECKMAT TOKYOでは5日間、連休をいただきます。

201948185649.jpg

 

27日 通常通り

 

28日 通常通り 12:00~OPENMAT

 

29日~3日 休館日

 

4日 通常通り 

 

5日 通常通り 12:00~OPENMAT

 

6日 12:00~OPENMAT(夜のクラスはありません)

 

よろしくお願いします。

 

セルフイメージ   湖太郎ブログ

人が何か習い事を始める時、確固たる目標を持っている人もいればなーんとなくの人もいると思います。

 



でもどの人もある程度は「ああいう風に成りたい」というものはあると思うんです。

 



それが言葉で具体的に表現出来れば出来るほど、その人が未来になりたい自分のイメージ、すなわちセルフイメージが出来ているという事だと思います。

 



大それたものでなくても良いし、かっこいいものでなくても良い、目先の小さな目標で良いんです。

 



カポエイラで言ったら、「あのカッコいい蹴りを覚えてみたい」「バク転覚えてみたい」など。

 



目先の目標というのは実はとても大切で、どの分野でもみんな目先の小さな目標を少しずつ達成して、その時の幸福感をまた味わいたくてまた次の目標を設定しては達成していくんです。

 



その結果、気づいたら大きな目標を達成してるんです。

 


目の前の地面50cmだけを見ながらセカセカと歩いていたらいつのまにか富士山の頂上にいて、その高さに自分でもビックリした、なんてこと皆さんにありえるんです。

 



ただその為にはまず行動を起こさなければ。

 


自分で思い立ったら細かいことは考えないで、身分証と家の鍵と上着だけ持ってその場所に足を向ける 笑。

201948224936.jpg

 

 

そして人と話す。

 


それだけで自分の世界は広がります。

 



本当はやってみたい事や成りたい物、知りたい世界が誰にでもあるのに、多くの人は何故か、やらない理由を一生懸命探すんです。

 

 

全ては優先順位の問題なんです。
 

 


桜は思い立ったらすぐ見に行かないと散っちゃいます。

 


親だって、早く親孝行しないともしかしたら逝ってしまいます。

 

 


小さな目標と行動力について今回は書いていますが、ここで気をつけなければいけないことが一つだけあります。

 


どうして富士山を上りたいのか。富士山に登りたいのか北岳に上りたいのか、それとも奥穂高岳に上りたいのか。

 


富士山に登ることで何がしたいのか。

 



それをどこかの段階で考えなければ、いざ何かを達成したときに心が空っぽになってしまうか、そもそも達成できないんです。

 



①小さな目標

 


②それによって最終的に何を達成したいか

 


③そしてそれ全体いを通して将来何を成し遂げたいか

 



この三つを常に考えて私はカポエイラをしています。
 

 


でも!

 


でもでも。
 

 


基本的には①だけで大丈夫 笑

 


②は自然に考え始めます 笑




ではまた。

 

カポエイラクラスでは会員を募集しています。

詳しくは

こちらから

どんな勝ち方でも  和道ブログ

ブラジル人は反則勝ちでも不戦勝で優勝しても大喜びします。

 



日本人にはなかなか喜びにくい勝ちかたですよね。

 



逆にこのまま何もしなければ勝てるのに最後まで一本を狙った結果ミスをして負けた時なんかはえらく怒られたりします。

 



日本人なら最後まで攻めたのだからと褒めてくれそうです。

 



ここら辺も考え方が違うのですね。

 



彼らブラジル人は結果が全てなのだと思います。

 



内容ではない。

 



勝てば生きていける、お金が入ってくる。

 



生活がかかっているのでしょうね。

 

 

 

日本人は良い試合をすれば次に生きると考えますが、ブラジル人は良い試合だけではお金に結びつかないと考えるのかもしれません。

 



彼らの試合は夢の実現ではなくもっとリアルなものなのでしょう。

 

春の入会キャンペーン実施中

 



 

リオデジャネイロとカポエイラの影響  和道ブログ

カポエイラの先生、湖太郎君と話をしているとカポエイラの技や動きが柔術にかなり影響しているのがわかります。

 



駆け引きを楽しむというのもカポエイラから来ていると思います。

 



というか、カポエイラの人が柔道をやると結局、ブラジリアン柔術になるのではないかと思えるくらいです。

 



特にリオ・デ・ジャネイロのグレイシー以外の柔術はカポエイラの影響を色濃く受けているのではないでしょうか?

 



グレイシー柔術はもっと柔道に近いですし、柔道がベースにあるサンパウロの柔術もカポエイラっぽくはありませでした。

 

 

 

カポエイラとリオデジャネイロという土地柄が影響を与えているのは間違えないと思います。