ホーム<NEWS

NEWS

持ち手を変える

練習を見ていると上手い人は持ち手をコロコロ変えていますね。

 



下手な人ほどずっと同じところを持っている気がします。

 



ラペラや袖を持ってコントロールしようとする方はそこを切られると動きが止まってしまいます。

 



持ち手を変えることによって様々なテクニックに対応ができます。

 



世界チャンピオンなどの動画を手に集中してぜひ見てみてください。

 

 

 

参考になると思いますよ
 

会員規約を改訂しました。

会員規約を改訂いたしました。

 

ホームページの料金表のページに載せておきましたので会員の方は必ず目を通してください。

 

よろしくお願いします。

 

料金表

 

ひとつの技がつなげる

ひとつの技を知ることによっていくつかの技が連動するようになることがあります。

 

 

 

多く技を知っていないとできませんがパズルがはまったような感覚です。

 

 

 

技がなかったため、技がつながらなかった。という技がいくつかあります。

 

 

 

 

モダン柔術はそういった技を多く提供してくれます。

 

 

 

スパーリング中にこの状態になるとどうしても膠着してしまう、というところがありましたが、モダン柔術のおかげでそこがつなり始めました。

 

 

 

モダン柔術のおかげで膠着が少なくなるかもしれません。

 

 

50/50は膠着の原因ですが!!

 

 

危険察知能力

ブラジルは危険な国です。

 

 


冗談ではなく、犯罪は日常茶飯事です。

 



私は危ない目にあったことはありませんが、近所で殺人事件があったり、スリを目撃したことがあります。

 



ブラジルにいると危険を察知する能力が開花するというか、本来の能力が目覚めるというか、全身がセンサーのようになります。

 



道を歩いていても、後ろに目があるくらいに警戒します。

 



この能力って実は格闘技には必要な能力なのではないかと思います。

 



ブラジリアンは何か危ないことがあるとすぐに走って逃げます。

 



その時私たち日本人は

 


なぜ走ってるの?

 


原因は何か見に行こう

 


など平和ボケをかましてしまいます。

 



危険察知能力以外にも平和すぎて失ってしまったものが日本人にはたくさんあると思います。

 

 

平和が一番だし治安のよい国に住めて感謝しなければなりません。

 

 

 

しかし、格闘技を志すのであればこういった能力があったほうが良いのかもしれません。

運動不足解消は格闘技で

格闘技は敷居が高いものだと思っている方は多いと思います。

 

 

しかし、それは過去の話、現在では誰でも気軽に始められるものになっています。

 

 

運動不足を解消しようと、ランニングや筋トレを始めてもなかなか長続きしないですよね。

 

 

それは手軽に始められる一方、教えてくれる先生や仲間がいないからだと思います。

 

 

 

格闘技は技を教えてくれますし、技もたくさんあるので飽きることはありません。何よりうまくなる、強くなるという目標ができます。

 

 

 

また、同じ目標を持った仲間がいることも励みになるでしょう。

 

 

一人では飽きてしまったり、挫折してしまったりしがちですが仲間がいれば続けられるはずです。

 

 

 

また、せっかく体重が落ちたり、筋力が増えたりと運動不足を解消してもゴールをそこに置いてしまうとまた元の体に戻ってしまいます。

 

 

 

格闘技は強くなることが目標。長く続けることができます。

 

 

 

運動不足解消に、この春から運動を始めようと思っている方、ぜひ格闘技も選択肢の中に入れてください。

 

 

ただいまブラジリアン柔術クラス、一週間無料体験を実施しています。

 

無料ですのでお気軽にお申し込みください。

 

ームページ

 

 

 

クロン勝利!!

UFCでクロン・グレイシーが勝ちましたね。

 

これは柔術界にとっても私にとってもすごくうれしいことです

 

 

最近のMMAはストライカー中心でしたから。

 

またバーリトゥード(実践)から離れ続けている柔術界が少しでも原点回帰するきっかけになればいいなと思います。

 

第一回のアルティメット・ファイティング・チャンピオンシップでのホイスの活躍を見てブラジルまで行ってしまった私としては感動モノです。

 

そしてこれだけ発展したUFCでグレイシー一族が勝つことは非常に意味のあることだと思います。

 

グレイシー神話がある限り柔術は広がり続けるのですから!!

 

 

 

 

結果が出るのは週3

ブラジリアン柔術を楽しく、自分のペースで習っていただくのが教える側として大変うれしいのですが!!

 

 

強くなりたい、勝ちたい、優勝したい、またはダイエットしたい、筋肉をつけたいなど目標がある方は週3回から効果が出るものだと思ってください。

 

 

週1,2回でも効果は出ますが本人が効果を自覚し、ブラジリアン柔術を本当に楽しめるのは週3回以上の練習が必要になってくると思います。

 

 

週1,2回ではどうしても次回の練習までにその効果が薄れてしまったり、技を忘れてしまい、0からまたは1からやり直すことになってしまいます。ダイエットに関してはマイナスからになる可能性もあります。

 

 

忙しい方もいるのでできる範囲で構いません。週3回の練習を目標にしてください。

 

PANKIDS

今日はパンキッズ選手権です。

 



先週はロスにあるcheckmatの本部では世界中からこの大会に参加するcheckmat kidsが集まり、キャンプを行っていました。

2019217123351.jpg



来年はcheckmat tokyoからも参加させたい。

 



まずは日本で成績を残さないとですね。
 

どうせ行くなら初めから

現在の日本のトップ選手が海外のトップ選手に憧れ、指導を受けに行く方が増えていますね。

 

 

最近はブラジル修行に行く方が少なくなっているのでうれしく思います。

 



SNSを見てると特にアリアンス系のアカデミーに出稽古に行く方が増えていますね。

 



アリアンス系とはアリアンスアカデミーから独立したアカデミー、checkmat、atos、brasa、zenithなどがそれにあたると思います。

 



アリアンス系の選手はとにかく自由な発想でどんどん技を作っていきます。基本的なテクニックを大切にしないわけではないけど個性を大切にするからだと思います。

 



そしてテクニックが派手でかっこいい。

 



最近の世界選手権の上位もアリアンス系のアカデミーで占められていますね。

 



とにかく試合、ルールに徹した戦い方をするので見ている人にもわかりやすいですよね。

 



checkmat tokyoでは、海外に行かなくても東京でアリアンス系のテクニックを習うことができます。

 

 

難しい技も基本が大切ですから初めからしっかりした技術を学ぶことはすごく大切なことだと思います。

 



ブラジリアン柔術を東京で習うならcheckmat tokyoを選んでください。

怪我はつきもの?

怪我をするときは連鎖します。

 



そういう時は集中力に欠ける雰囲気があるのかもしれません。

 



checkmat tokyoのスタイルは動きを重視したスタイルです。

 

 

極められて腕を怪我する、足関節で怪我をするということはほとんどありませんが、お互いが動いた瞬間などに怪我をすることがたまにあります。

 



格闘技なので怪我が防げない場面があるし、とっさのアクシデントの場合、怪我をさせようとしているわけではないので怪我はつきものなのかもしれません。



ですから意識の中に怪我はするものだと思って練習してほしいと思います。

 



意識していれば怪我しないわけではないですが、相手に対しても自分に対してもストップをかけられるます。

 

 


危険を察知する能力を養うのも格闘技の一部なので怪我を意識しつつ熱くならないよう注意しましょう!!