ホーム<プログラム&スケジュール<カポエイラ

カポエイラ

カポエイラとは

カポエイラの歴史

カポエイラは、16世紀 ブラジルがポルトガルの植民地であった時代に、アフリカから連れてこられた黒人奴隷やその血を引く人々が生み出した格闘技と言われています。カポエイラ弾圧時代という暗い過去を乗り越え、1930年以降はカポエイラの師範達によって文明化された武芸へと変化し、1970、80年代には教育カリキュラムの一つにも取り入れられ、ブラジルのスポーツ界で確固たる地位を固めました。また、カポエイラの芸術性や文化としての重要性も高く評価されています。現在では国技として、また、2008年にはブラジルの無形文化遺産として指定され、青少年の健全な育成、地域の社会福祉の重要な要素の一つにもなっています。(参照:駐日ブラジル大使館「Texts of Brazil-カポエイラ」)

カポエイラの特徴/楽器と歌と人で紡ぐ輪の集い「Roda(ホーダ)」

カポエイラは参加者が人の輪を作り、楽器を奏で、歌を歌い、その輪の中で2人が『jogo(ジョゴ)』、いわゆるゲーム(試合)を行います。格闘技でありながら、音楽の要素を併せ持っており、老若男女を魅了する理由の一つと言えるでしょう。

3つのスタイル 「ヘジォナウ」「アンゴーラ」「コンテンポラニア」

カポエイラの広がりとともに、大きく分けて3つのスタイルへ発展していきました。

1.「ヘジォナウ」スタイル

1930年代にバイア地方でMestre Bimba(メストレ ビンバ)が創設した革新を重視したスタイル。

2.「アンゴーラ」スタイル

1940年代にバイア地方でMestre Pastinha(メストレ パスチーニャ)が創設した 昔ながらのやり方、伝統を受け継ぐことを重視したスタイル。

3.「コンテンポラニア」スタイル

ヘジォナウ流、アンゴーラ流のどちらのスタイルにも属さない一般的なカポエイラで、現代流カポエイラと呼ばれているスタイル。
(※当団体では、本部のあるリオ・デ・ジャネイロで発展したスタイルを継承しています。)

カポエイラの昇段、帯とApelido(アぺリド)

年に一度昇段式(バチザード)があり、日本の武道と同じように帯でレベル分けされます。(詳細は「バチザードとは」をご覧ください)初めて昇段する人は帯と共に、特別な名前(あだ名)『Apelido(アぺリド)』をもらいます。これはかつてカポエイラ弾圧時代、お互いの身を守るために本名を隠し、あだ名で呼びあったことに由来していると言われています。

コハダン・ジ・コンタス日本支部の活動

コハダン・ジ・コンタス日本支部ではカポエイラをブラジルの文化として日本に広める活動をしています。毎年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロから最高師範を招き、活動の監修をお願いしています。また、日本からも毎年たくさんの指導者や生徒が、ブラジルの最高師範の元を訪れ、稽古に励んでいます。2013年には日本支部創立15周年を迎え、全国で約400人の会員が所属する団体となり、現在ではリオ・デ・ジャネイロ本部と変わらない稽古をおこなっています。
カポエイラとは、「人と人とが繋がる事が出来る輪」であり、それは日本語の『和』に置き換えられます。格闘技であって和を重んじる、正に日本の『武』の本来のあり方に似ており、我々日本人にとって受け入れ易いのではないでしょうか。
コハダン・ジ・コンタス日本支部はカポエイラの正式な団体として、日本人指導者がたゆまぬ稽古で日々精進し、「ブラジルの文化」であるカポエイラを日本に根付かせるよう努めてまいります。

カポエイラについて

ブラジル本部

Associação de Capoeira Cordão de Contas カポエイラ協会コハダン・ジ・コンタス(略号ACCC) 1980年設立。リオ・デ・ジャネイロ州イタグアイ市に本部道場、その他ブラジル国内に複数の支部があります。日本国内では、Cordão de Contas Japaoの頭文字を取り、「CCJカポエイラ」という名前で活動しています。

Mestre DECIO

Decio de Azevedo デシオ・デ・アゼヴェド最高師範(1967~)。 1975年、カポエイラを開始。1980年、ブラジル リオ・デ・ジャネイロ州イタグアイ市にてコハダン・ジ・コンタス設立。本部にはデシオ最高師範の他、3名の師範とともに、子どもから大人まで幅広い年齢層の方が稽古に励んでおります。デシオ最高師範の自宅に隣接している本部道場にて、最高師範直々の稽古を受けられる環境が既に整っています。これからもブラジル、日本、そして世界中のたくさんの弟子たちが育っていく事でしょう。


日本支部について

日本国内では1998年にコハダンジコンタス日本支部として活動がスタート。
当時はカポエイラそのものの知名度が低い中、団体のクラスだけでなく、カルチャーセンターでの講座開設やイベント、メディア活動等を行いながら、日本社会において少しずつ【カポエイラ】という文化を定着させてきました。
現在では東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、新潟、静岡、愛知、長崎に支部を持つ日本最大規模のカポエイラグループにまで成長を遂げています。

 


カポエイラでつながる、人と社会

『Cordao de Contas』という言葉が意味するのは、"繋がり"。年齢や性別、人種を超えた様々な人がカポエイラを通して導かれ、『Cordao de Contas』の一員として繋がっているのです。カポエイラをするだけでなく、一緒に笑い、悩み、皆で支え合う…そんな、一つの家族のような団体でありたいと考えています。その家族が集まり、「日本にいながらいつでもどこでもカポエイラができる場所」を提供し続けていくことが、私たちに与えられた使命。カポエイラを通して人と人とが深く繋がり、『Cordao de Contas』に関わる全ての人の生活が少しでも豊かになることを願っています。


 

インストラクター

Professora ARRUDA

鈴木 真紀子 / Makiko Suzuki

白山クラス担当

Professora “Arruda(アフーダ)”
埼玉支部代表。日吉クラス/埼玉志木クラス/たまプラーザ東急セミナーBEカルチャー担当。2003年よりカポエイラを始め、2010年8 月、段位「Instrutora(nivel dois)」(インストゥルトーラ:指導員 二段階目)を取得。2013年7月、段位「Professora(nivel um)」(プロフェッソーラ:教師 一段階目)を取得。

鈴木より挨拶

カポエイラは不可能だと思い込んでいたものを可能にしてくれ、夢をあたえてくれるものです。
実際わたしも“そんな体勢や技などは自分にはできない”と始める前までは簡単にあきらめていましたが、ひとつひとつ、少しずつクリアしていくことであきらめないことを教わりました。まだまだ出来ないことが沢山ありますが、みなさまと一緒に成長していけたらうれしいです。
そして、それぞれの個々の生活リズムにあったカポエイラの楽しみ方を一緒に追求していきましょう。
ぜひ体験してみてください。どなたでも楽しめます。もっともっと元気になりましょう!!

練習日時 毎週土曜日 16:00~17:30
料金 1クラス  2,000円

お申込み

201859163136.png