ホーム<プログラム&スケジュール<カポエイラ

カポエイラ

カポエイラとは? 

カポエイラは16世紀初頭、ポルトガルによるブラジル植民化時代にアフリカ大陸から労働力として連れてこられた、黒人奴隷たちの間で生まれたとされる格闘技です。

 


当時、アンゴラ、モザンビーク、ベナン沿岸などの様々な地域から様々な部族が、遥か遠いブラジルの地で奴隷として労働させられており、それぞれの部族に伝わっていた土着の格闘技がブラジルの地で融合し、自然発生的に出来たのがカポエイラの発祥とされています。

 


しかし、カポエイラの起源については未だ明らかにはされておらず、今日まで本国ブラジルでその研究がなされています。

 



足を使った攻撃技が多い、もしくはそれのみと誤解されがちですが、植民地時代のアフリカの土着格闘技には手による攻撃、組み技、投げ技などがあり、実際にカポエイラにはそれらの技が存在します。

 


いわば、カポエイラは黒人奴隷たちによって造られたブラジルの総合格闘技といえます。

 


カポエイラにおける最大の特徴の一つは、Jogo(ジョーゴ=組み手)の最中に楽器の生演奏と手拍子と歌の合唱がある点です。


Roda(ホーダ=輪)の中心でカポエイラをする二人以外の人間は、楽器を弾き、何千曲とあるカポエイラの歌を歌い場を盛り上げます。

 


楽器には打楽器や弦楽器が6種類以上もあり、個々がその役割を果たして一体感が生まれた時、言葉では説明できない感動を肌で感じます。



またJogoの最中にはアクロバットに代表されるような”魅せ技”を出し、「華やかに戦う」という一面もあります。



入門すると最初にカポエイラの基本のステップを覚え、次に避け技、そして様々な攻撃技を覚えていき、最終的にアドリブで自分自身の発想で戦い、また”魅せ技(フロレイウといいます)”などを出せるようになります。

 


他の格闘技やダンスでは類を見ないタイプの自己表現の場がカポエイラにはあります。

 


また、カポエイラを通しての児童教育が今日では受け入れられ始めており、子供たちは礼儀を学ぶだけでなく、リズム感、表現力、そして何より、状況に応じて自ら考えて決断する力を身につけることがで出来ます。

201859163136.png