ホーム<プログラム&スケジュール<カポエイラ

カポエイラ

カポエイラとは

カポエイラの歴史

カポエイラは、16世紀 ブラジルがポルトガルの植民地であった時代に、アフリカから連れてこられた黒人奴隷やその血を引く人々が生み出した格闘技と言われています。カポエイラ弾圧時代という暗い過去を乗り越え、1930年以降はカポエイラの師範達によって文明化された武芸へと変化し、1970、80年代には教育カリキュラムの一つにも取り入れられ、ブラジルのスポーツ界で確固たる地位を固めました。また、カポエイラの芸術性や文化としての重要性も高く評価されています。現在では国技として、また、2008年にはブラジルの無形文化遺産として指定され、青少年の健全な育成、地域の社会福祉の重要な要素の一つにもなっています。(参照:駐日ブラジル大使館「Texts of Brazil-カポエイラ」)

カポエイラの特徴/楽器と歌と人で紡ぐ輪の集い「Roda(ホーダ)」

カポエイラは参加者が人の輪を作り、楽器を奏で、歌を歌い、その輪の中で2人が『jogo(ジョゴ)』、いわゆるゲーム(試合)を行います。格闘技でありながら、音楽の要素を併せ持っており、老若男女を魅了する理由の一つと言えるでしょう。

3つのスタイル 「ヘジォナウ」「アンゴーラ」「コンテンポラニア」

カポエイラの広がりとともに、大きく分けて3つのスタイルへ発展していきました。

1.「ヘジォナウ」スタイル

1930年代にバイア地方でMestre Bimba(メストレ ビンバ)が創設した革新を重視したスタイル。

2.「アンゴーラ」スタイル

1940年代にバイア地方でMestre Pastinha(メストレ パスチーニャ)が創設した 昔ながらのやり方、伝統を受け継ぐことを重視したスタイル。

3.「コンテンポラニア」スタイル

ヘジォナウ流、アンゴーラ流のどちらのスタイルにも属さない一般的なカポエイラで、現代流カポエイラと呼ばれているスタイル。
(※当団体では、本部のあるリオ・デ・ジャネイロで発展したスタイルを継承しています。)

カポエイラの昇段、帯とApelido(アぺリド)

年に一度昇段式(バチザード)があり、日本の武道と同じように帯でレベル分けされます。(詳細は「バチザードとは」をご覧ください)初めて昇段する人は帯と共に、特別な名前(あだ名)『Apelido(アぺリド)』をもらいます。これはかつてカポエイラ弾圧時代、お互いの身を守るために本名を隠し、あだ名で呼びあったことに由来していると言われています。

コハダン・ジ・コンタス日本支部の活動

コハダン・ジ・コンタス日本支部ではカポエイラをブラジルの文化として日本に広める活動をしています。毎年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロから最高師範を招き、活動の監修をお願いしています。また、日本からも毎年たくさんの指導者や生徒が、ブラジルの最高師範の元を訪れ、稽古に励んでいます。2013年には日本支部創立15周年を迎え、全国で約400人の会員が所属する団体となり、現在ではリオ・デ・ジャネイロ本部と変わらない稽古をおこなっています。
カポエイラとは、「人と人とが繋がる事が出来る輪」であり、それは日本語の『和』に置き換えられます。格闘技であって和を重んじる、正に日本の『武』の本来のあり方に似ており、我々日本人にとって受け入れ易いのではないでしょうか。
コハダン・ジ・コンタス日本支部はカポエイラの正式な団体として、日本人指導者がたゆまぬ稽古で日々精進し、「ブラジルの文化」であるカポエイラを日本に根付かせるよう努めてまいります。

カポエイラについて

ブラジル本部

Associação de Capoeira Cordão de Contas カポエイラ協会コハダン・ジ・コンタス(略号ACCC) 1980年設立。リオ・デ・ジャネイロ州イタグアイ市に本部道場、その他ブラジル国内に複数の支部があります。日本国内では、Cordão de Contas Japaoの頭文字を取り、「CCJカポエイラ」という名前で活動しています。

Mestre DECIO

Decio de Azevedo デシオ・デ・アゼヴェド最高師範(1967~)。 1975年、カポエイラを開始。1980年、ブラジル リオ・デ・ジャネイロ州イタグアイ市にてコハダン・ジ・コンタス設立。本部にはデシオ最高師範の他、3名の師範とともに、子どもから大人まで幅広い年齢層の方が稽古に励んでおります。デシオ最高師範の自宅に隣接している本部道場にて、最高師範直々の稽古を受けられる環境が既に整っています。これからもブラジル、日本、そして世界中のたくさんの弟子たちが育っていく事でしょう。


日本支部について

正式名称、カポエイラ協会コハダン・ジ・コンタス日本支部(略号ACCCJ) 代表 池村貴志 (師範)(1973~)。 1995年、カポエイラに出会いアメリカ、ブラジルを渡り歩き、本部ACCC指導員に誘われ1998年ACCCJに入会。1998年、神奈川県横浜市にて本部指導員をサポートし日本支部活動開始。1999年、現在の代表池村がブラジル本部にて指導資格を取得し、帰国後の2000年に世田谷区大原で教室を開講。本部指導員の後を引き継ぎ正式に日本支部代表となる。2003年、ブラジル本部にてProfessor(教師)に昇段。2006年、ブラジル本部にて日本人初のContra Mestre(準師範)に昇段。2010年、ブラジル本部にて日本人初のMestre(師範)に昇段。 毎年本部より最高師範であるDecio会長を日本に招き、日本支部での活動を監修してもらいながら、日本では数少ないBatizadoという帯の認定(昇段式)をブラジルと同じ形式で正式に開催。東京で14回、大阪で13回開催し、2013年には日本支部内に20名(内2名は本部ブラジル人教師)の本部認定教師を育成し輩出している(指導員は40名以上)。


現在のCCJカポエイラ

2014年現在、東京・千葉・神奈川・埼玉・新潟・静岡・愛知・大阪・兵庫の9都市に支部を持ち、関東は300名、関西は100名以上の所属会員を持つ『日本国内最大の団体』として、日本でのカポエイラ普及活動を積極的に行っています。毎日同じ時間に同じ場所で稽古が出来、日本にいながらブラジル本部とほぼ変わらない内容で稽古が出来る環境を整えています。(※2008年に東京都目黒区学芸大学に常設本部道場が設立されました。) さらに、日本で数年稽古し、よりカポエイラを深く学びたい会員の為に、ブラジル本部での短期留学もサポートしています。師範ご自宅の敷地内に、道場と隣接した宿舎がありますので、住み込みで本部生徒と供に寝食を共にする事が出来ます。すでに50名以上の会員が本部稽古を経験しました。(※治安状況を考慮し、未成年や学生、女性の一人での留学は許可していません。) これからもっとたくさんの日本人にカポエイラというブラジル発祥の文化に触れてもらう為、日々若手の育成と指導員の排出、そして国内普及に力を入れて行きます。

カポエイラでつながる、人と社会

『Cordao de Contas』という言葉が意味するのは、"繋がり"。年齢や性別、人種を超えた様々な人がカポエイラを通して導かれ、『Cordao de Contas』の一員として繋がっているのです。カポエイラをするだけでなく、一緒に笑い、悩み、皆で支え合う…そんな、一つの家族のような団体でありたいと考えています。その家族が集まり、「日本にいながらいつでもどこでもカポエイラができる場所」を提供し続けていくことが、私たちに与えられた使命。カポエイラを通して人と人とが深く繋がり、『Cordao de Contas』に関わる全ての人の生活が少しでも豊かになることを願っています。


日本支部代表からのメッセージ

ある日、見たことも無い不思議な踊りのような格闘技に出会い、その魅力に取り付かれ、本場ブラジルにまで足を運びました。以来ライフスタイルそのものがカポエイラ中心になりました。そして、日本でもカポエイラに気軽に触れる事が出来る環境を作る事に専念し、気が付くと沢山の人間が集まっていました。 カポエイラの魅力を日本人に伝える為に一つだけ気をつけている事があります。それは、日本人として日本文化を理解し、ブラジルの文化とうまく融合するよう、日本の『武道』に習いながら『カポエイラ道』として取り組むという事です。しかし、カポエイラの魅力とはそれだけではありません。 人と人が出会う事が出来る『場所』であり、たくさんの事を学べる『空間』であり、楽しい事、辛い事、悲しい事を皆で『共有』出来ます。それは日本に留まらず、世界共通の言語のようなもので、国籍、人種、性別、年齢は全く関係ありません。デジタルに例えればSNSであったり、ツイッターのような手軽な情報、写真の共有から、YouTubeのような動画の発信まで簡単に世界と繋がる事が出来るのと似ています。カポエイラの輪には、あらゆる人間が集まり、そこで起こる事は『今の自分』を表します。そして、そこでは決して一人ではないと言う事を実感できます。 日々の稽古を通じ、肉体や精神を鍛える事で、より視野が広がり、心身ともに充実した人材の育成により、社会貢献へのきっかけがうまれ、個人の枠を超えた地域活動を目指します。 当団体は、この活動を本に、将来、国の垣根を越えた新しい国際交流の場を作る事を目的としています。

コハダン・ジ・コンタス日本支部代表
池村 貴志 Takashi Ikemura
"Mestre SAMURAI"

日本支部 代表の紹介

Mestre SAMURAI

池村 貴志 / Takashi Ikemura

Mestre SAMURAI(メストレ・サムライ)。 日本支部最高師範。1995年よりカポエイラを始め、2010年10月ブラジル リオ・デ・ジャネイロ本部にて日本人初となる段位「Mestre」(メストレ:師範)を取得。

CCJカポエイラ代表 池村より挨拶

カポエイラに興味をお持ちになり、CCJカポエイラ協会ホームページへ訪れて頂き有難うございます。
『カポエイラ』が日本で少しずつ目にする機会が出てきたのは90年代かと思います。
私自身友人の紹介で初めて目にしたのが95年でした。
それ以来カポエイラに魅せられ、なりふり構わずずっと供に歩み続けてきました。
気が付けば北は北海道、南は沖縄まで、日本全国にカポエイラの輪が広がり、その輪は既に世界中に広がっていて、日本はむしろ後進国。海外赴任、旅行、結婚と様々な理由で日本を離れた者は、すぐにその土地のカポエイラと溶け込み、あっという間に仲間が増えています。
カポエイラというのは世間では『踊りの様な格闘技』という一つのジャンルとして説明されていますが、ブラジル発祥の文化であり、毎日口にする食事のように、子どもから大人、性別や人種に囚われることなく誰でも一緒に楽しむ事が出来る生活の一部なのではないかなと、私自身感じています。
『百聞は一見に如かず』 『百見は一触に如かず』 『百触は一悟に如かず』という言葉があるそうです。
一度の人生をかけて、この道を歩んでみようと私は思っています。
悟りなど到底到達できるとは思えませんが、なんの世界でも深求する気持ちは大事だと思います。
普段から私が教室で心掛けている事は、

  • 人と人が出会う事が出来る『場所』。
  • たくさんの事を素の自分で学べる『空間』。
  • 楽しい事、辛い事、悲しい事を仲間で『共有』する事が出来る。

そんな教室を作れるよう日々『謙虚』に歩んでいきたいと思っております。お読み頂き有難うございます。ここでの出会いに感謝いたします。

Professora ARRUDA

鈴木 真紀子 / Makiko Suzuki

白山クラス担当

Professora “Arruda(アフーダ)”
埼玉支部代表。日吉クラス/埼玉志木クラス/たまプラーザ東急セミナーBEカルチャー担当。2003年よりカポエイラを始め、2010年8 月、段位「Instrutora(nivel dois)」(インストゥルトーラ:指導員 二段階目)を取得。2013年7月、段位「Professora(nivel um)」(プロフェッソーラ:教師 一段階目)を取得。

鈴木より挨拶

カポエイラは不可能だと思い込んでいたものを可能にしてくれ、夢をあたえてくれるものです。
実際わたしも“そんな体勢や技などは自分にはできない”と始める前までは簡単にあきらめていましたが、ひとつひとつ、少しずつクリアしていくことであきらめないことを教わりました。まだまだ出来ないことが沢山ありますが、みなさまと一緒に成長していけたらうれしいです。
そして、それぞれの個々の生活リズムにあったカポエイラの楽しみ方を一緒に追求していきましょう。
ぜひ体験してみてください。どなたでも楽しめます。もっともっと元気になりましょう!!

練習日時 毎週土曜日 16:00~17:30
料金 1クラス  2,000円

お申込み