ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

恩返しができたことがうれしい   和道ブログ

今年は師であるレオナルド・ヴィエイラを日本に招聘することが出来た。

 

2009年にアメリカで会ったきりだったので10年ぶりだった。

 

自分が独立したのが2011年、その当時すでにCHECKMATはあったが契約するにはお金が必要なので断念していた。

 

レオの傘下で柔術をやることが当たり前だとは思っていたけどなかなか契約までは至らなかった。

 

2017年、ヒカルド・ヴィエイラが韓国にセミナーを行うというので日本でもやりたいというメールが来た。

 

まだまだ経営がうまくいっていなかったのでCHECKMATとの契約は全く考えていなかったが、ヒカルドが来るのはうれしかったので二つ返事で引き受けた。

 

その時にレオにヒカルドが来ることをメールした。

 

その時の話の流れでCHECKMATの傘下になることになった。

 

そしてやっと日本に呼べたわけである。

 

10年ぶりに会うレオは何も変わっていなかった。

 

遠くにいてうわさだけを聞いているとレオは金にうるさいとか、人が変わってしまったとか言う人がいて私も心配していたが、全くそんなことはなく、昔よりも優しくなった印象だった。

 

こちらが申し訳ないくらいに気を使ってくれた。

 

世界中に支部のあるトップだったら威張っていても不思議ではないのにレオは優しくてお茶目で楽しい昔から変わらないカリオカだった。

 

今回、レオに伝えたいことが言えたことはすごくうれしいことだった。

 

”あなたのおかげで私は仕事を持ち、生きていけている。ありがとう!!””

 

やっと言えた。

 

師はずっと師である。少しでも恩返しができたことがうれしい。

 

まだまだ足りないけど。これから頑張る。

 

今年は一つの区切りになった。

 

 

リオだからこそ   和道ブログ

20191217103729.jpg

 

めてリオデジャネイロに行ったのは’97年の世界大会を観戦に行った時だった

 

サンパウロ はヨーロッパの街並みと言えばそうなんだけど、海外の風景としては驚くほどではなかった。

 

夜、サンパウロ を出発し、朝方ついたのだがその美しさにびっくりしたのを覚えている

 

 

朝日に照らされていたのも良かったのかもしれない。

 

とにかく観たこともない風景がそこにあった。

 

小高い山と海。

 

感動した。

 

テレレの家に泊めてもらった時に見たファベイラから見るリオデジャネイロは特に圧巻だった。

 

住んでいる人たちもおおらか。セコセコしていない、結構都会なのにゆったりと時間が流れている。

 

あなた仕事してる?

 

って聞きたくなる人が多い。

 

こういうところだから柔術が進化したのがわかる。

 

ストレスがなく、何かに追われていない。

 

好きなことを楽しむことができる。

 

少しくらい貧乏でも全く気にせず、ゆったりした時間が流れている。

 

その反面、危険な地域でもある。

 

この環境が楽しむための柔術を育んだのかもしれない。

 

 

日本かブラジルか?   和道ブログ

CHECKMAT TOKYOには日本の他の柔術アカデミーから転勤などで移籍された方が数人います。

 

皆さんCHECKMAT TOKYOのスタイルに慣れるまで大変苦労されています。

 

しかし、海外のアリアンス(私のブラジルでの修業先)で練習されていた方はすんなりと馴染めてもらったような気がします。

 

同じ同門ですからあ当たり前なのですが。

 

しかしなぜ、日本の他のアカデミーの方は苦労するのか?

 

それは基本や考え方が違うからです

 

 

これはどう説明したらよいのかわからないのですが基本的な動きは同じでも考え方によって大きな違いになってしまうということです。

 

 

ブラジル人かブラジルで練習してきた方にしか教えられない何かがあるのでしょう。

 

カポエイラの湖太郎先生は私よりブラジルに長くいいたのでそこら辺を聞いてみたいと思います。

 

日本的な考えのもとブラジリアン柔術をやるかブラジル的な考え方でブラジリアン柔術をやるか、ここで大きな差ができてしまうのです。

 

だから移籍された方は苦労するんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘年会 和道ブログ

2019121511752.jpeg

 

昨日は忘年会でした。

 

毎年お店を借りてやっていたのですが、キッズが増えたためアカデミーでの開催となりました。

 

飲み物食べ物はすべて持ち寄り。

 

このスタイルでは揚げ物が多くなりがちですが今回はお母さま方に頑張っていただき手作りのものが多くありました。

 

おいしかったです。ありがとうございました。

 

キッズクラスはビンゴゲームをやったのですが大盛り上がり!!

 

初めてやる子もいてみんな楽しそうでした。

 

景品も全員に行き渡ったのでケンカもなく。楽しい時間でした。

 

大人忘年会は初めて会う方もいて良い交流になったのではないでしょうか?

 

柔術のアカデミーはいいですね。

 

うるさい奴がいない。

 

脱ぎたがるやつもいない。

 

絡むやつもいない。

 

大人の飲み会でした。

 

新年会もやりましょう!!

 

 

何のための連盟   和道ブログ

野球界のレジェンド、イチロー選手がアマチュアで指導ができるための研修を受けるそうだ。

 

もしイチローが高校野球の監督になったら夢があるし、いろいろなおかしな決まりやしきたりなども変わっていくのではないかと期待してしまう。

 

同じ野球でプロとアマが仲が悪いということ自体がおかしな話だと思う。

 

子供たちは最高のテクニックを学ぶべきだし、培ったものを後進に伝えるのは当たり前のこと。

 

アマチュアにも名監督はいると思うけどそれは采配などがすごいのであってテクニックはプロ選手に遠く及ばないだろう。

 

お互いが手を組めば日本の野球界の将来は明るいのではないかと思う。

 

スポーツ組織の協会や連盟というのはよくニュースになるけど何であんなに問題が多いのだろうか?

 

まず考えられるのは協会や連盟が選手ファーストではないからだと思う。

 

利権や権力争い、お金の使い道などが最優先になっていませんか?

 

何のための協会、連盟なんだろうと思う。

 

役に立たないのならないほうが良い。

 

特に世界連盟があるスポーツはその連盟に従うべきである。

 

独立して運営をやるからおかしなことになる。

 

そのスポーツを発展させ、より良くしていくためにはそのスポーツ全体がまとまらなくてはいけないのではないかな!!

 

 

 

 

気軽に見学に   和道ブログ

ブラジルでは練習しない人でも非会員さんでも気軽に見学しに来ていました。

 

先生と会話を楽しんで帰るとか友達や恋人の練習を見ているとか道場は遊びに来るところのようでした。

 

日本は道場のイメージが神聖なもの

 

中々遊びに来るような感覚にはならないでしょうけど、どんどん遊びに来てください。

 

気になったら体験をしてみてください。

 

気軽に遊びに来られるようなアカデミーにならなければなりませんね。

 

道場ではなくアカデミーに変えていかなければなりません。

 

 

 

 

つらいとき、忙しいときは柔術!!   和道ブログ

つらいときや忙しいときほど柔術を習いに来てください。

 

なぜなら

 

運動はストレス解消につながります。

 

仲間がいることで心が安らぐ時間を作れます。

 

格闘技は非日常のことをやります。日常を忘れて楽しむことができます。

 

練習が終われば新しい活力が生まれてくるでしょう。

 

思い悩んでいることがあっても新しい考えが浮かんだり、違うアプローチが見つか蹴ることができるかもしれません。

 

私は会員さんを自殺で失っています。

 

今でも悔いに残るのは無理やりにでも練習に来させればよかったということです。

 

自殺する日、練習に来ていれば思い留まったかもしれません。

 

つらいとき、忙しいときは何か一つのことしか考えられず自分の殻にこもってしまいます。

 

練習に来てブラジル人の奇想天外な技を習ってこんな考え方もあるんだと気づいてください。

 

きっと考え方が変わるはずです。

 

 

 

今年はいろいろありました。  和道ブログ

今年はいろいろありました。

 

一番大きい出来事はやはり、師、レオナルド・ヴィエイラを招聘できたことです。

 

私の中で色々と道を外れていたのが修正された感じです。

 

また、正式にCHECKMATになれた気がします。

 

呼べて本当に良かった。

 

そして世界チャンピオン、アジア2位と結果が出始めた年になりました。

 

試合に参加する方も増え、コンペティションチームとしての第一歩を踏み出したのかな!!と思います。

 

しかし、先日の関東大会では惨敗。

 

新たな課題ができました。

 

来年も楽しみです。

 

またキッズが急に増えました。

 

キッズクラス5人、4,5歳クラス1人しかいなかったのに今は一気に20人近くになりました。

 

試合も全日本2位や関東大会優勝など活躍し始めています。

 

こちらも来年楽しみです。

 

カポエイラのリニューアルも大きい出来事でした。

 

新たにABADA CAPOEIRAの湖太郎先生を迎え、クラスも増え本格的になりました。

 

CHECKMATとABADA CAPOEIRAが日本で習えるのです。ブラジル人でもうらやましいのではないでしょうか?

 

また、CHECKMAT JAPANさんとの交流も増え、初めて同じチームとして試合に参加しました。

 

良い関係を築き上げて強いチームを作っていきたいと思っています。

 

他にも帯が上がった方がたくさんいたり、フィンフォーはじめ多くにCHECKMATの仲間が世界中から練習に来てくれました。

 

ありがたいことです。

 

今年は本当にいろいろありました。

 

来年への課題もありますが本来のレオ柔術に戻ったので楽しみしかありません。

 

今年も皆さんありがとうございました。

 

まだあるけど!!

 

 

自分自身の原点。  男!石田ブログ

自分自身、格闘技を続けて行く上で、今でも自分の原点になっているのが極真空手です。

 

 

当時の極真の練習は、練習というより過酷な修行みたいなものでした。

 

 

そんな修行という過酷な練習をしてきたからこそ、今でも強さに対して諦めない気持ちでいるのかもしれません。

 

 

自分自身、今でも原点を忘れず、強さに終わりは無いと思っています。

 

 

これからも強さを求めて挑戦し続ける事が今の自分であり、大切な事なのかもしれません。

惨敗   和道ブログ

昨日の関東大会は惨敗でした。

 

初試合、帯が上がっての初試合の方が多かったとはいえ、予想以上に惨敗でした。

 

しかし、練習してきたことを皆さん出してくれたので勝つための第一歩と考えれば大満足です。

 

何より良かったのは応援に来た方が多かったこと、みんなで試合を楽しめたことです。

 

チームがより団結したということは良かった点です。

 

何より大切なのはチームとして強くなることです。

 

一人だけ強くなっても意味はありません。

 

この結果を受け入れ、チーム一丸となって強くなりましょう。

 

ますます楽しくなってきました。