ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

なんとかなってしまう!! 和道ブログ

ブラジルでの出来事、ブラジル人の友達の誘いでバーリトゥードを見に行くことに!!


8時から始まるというのに待てど暮らせど始まらない。


結局、始まったのは10:00〜くらい。


終わったのはなんと夜中の2時。


ブラジル人、喧嘩はするけどこういうのは平気。


時間には寛容である。


帰りは電車がない。治安が悪いし、ここら辺にホテルがあるのかどうかもわからない。


友達が他の道場の先生と知り合いで送ってもらう。


なんだろう!?


なんとかなってしまうのもブラジル。


本場で修行したから教えられること 和道ブログ

CHECKMAT TOKYOのインストラクター、ブラジリアン柔術の佐藤、カポエイラの鈴木共に本場ブラジルで修行してきました。

 



ですからCHECKMAT TOKYOでは、本場のブラジル格闘技を学ぶことができます。
 

 


本場に行って修行した方とそうでない方は何が違うのか?
 

 


それは目に見えないものです。
 

 


雰囲気というか!?
 

 


感覚というか!?

 



言葉では表せないものです。

 



しかし、これが重要で行っている人、行っていない人の指導は全く違います。

 



行っていない人に教わっても強く、うまくなることはできますが、ブラジリアン柔術やカポエイラを深く知ること、楽しさを知ることは難しいと思います。
 

 

筋肉は美しい Part2  湖太郎ブログ

最近の日本では女子も筋トレに興味を持ち始めたそうですね。

 


「尻トレ」なるものも流行ってきているそうで。

 


何よりです。

 



さて、うちでカポエイラを習い始めた生徒さんが口をそろえて「変わった!」という体の箇所はどこでしょうか。

 



もう冒頭で触れちゃいましたが、それはお尻です。

 



お尻の筋肉をよく使うせいか、ヒップアップされるんですね。

 



先にも言った通り、カポエイラは深く突き詰めることの出来る「道」であり、もともと美尻効果を狙ったものではないのですが(笑)、どうにもこうにも美尻になってしまうんですね、男も女も。

 



さけられないというか。

 

 


嫌でも美尻になるんですね。

 



更に、チェックマットのカポエイラクラスの流派は腕をよく使うので、男性はたくましい腕、女性は引き締まった二の腕になります。

 


腰を使った円運動の蹴りが多いため、腹側筋を使い、腰がくびれます。

 


体全体を使うので、全身が引き締まります。

 



ブラジルでは男も女も美尻が多いです。それには筋トレ好きな文化に加えて遺伝的なものもあるようです。

 


しかしそれは私達日本人でも運動で十分手に入れる事が出来るものです。

 



ただ、どんなスポーツや格闘技でも手に入るものではありません。

 


カポエイラならではの筋肉の付き方というものがあります。

 

 


それの一つが美尻という事です。

 

201957122546.jpg

 



引き締まった足腰というのは男女ともに注目されていくと思います。

 

 

カポエイラで楽しみながら良い体を作りましょう。

 

 



Boa noite.

空を見上げて!!   和道ブログ

今日から仕事や学校。つらいと思う方もいれば、気合が入っている方もいると思います。

 



私は休みが長かったので充電完了といった感じです。

 



今日は気候が良いので通勤時に一駅歩いてみました。

 



空を見上げると青空に白い雲が浮かんでいました。

 



あー

 



と思ったのはブラジルの広大な大地に浮かんでいた空と似ていたからです。

 



気候もサンパウロの朝と似ていたので頭に浮かんだのかもしれません。

 



学校や職場に行くのが嫌だと思ったならぜひ空を見上げてください。

 



この空はブラジルの広大な大地だけではなく、世界中につながっています。

 



なんかストレスなど、ちっぽけに感じませんか?





もし、空を見上げてもなんにも感じない方がいたら、ぜひうちでブラジリアン柔術かカポエイラを始めてください。

 

 

 


ストレス発散させますよ!!











 

道場は近所で探すな!!   和道ブログ

もしあなたがブラジリアン柔術やカポエイラを習おうと思ったときにどうやってアカデミーを探しますか?

 

 

近所で探す方が一番多いのではないですか?

 

 

しかし、それはちょっと待ってください。

 

 

そのアカデミーには通いやすいでしょう、しかしそのアカデミーが必ずやあなたに合っているアカデミーとは限りません。

 

 

合わなければ結局やめてしまうことになります。

 

 

一番残念なのはブラジリアン柔術やカポエイラが嫌いなものになってしまうことです。

 

 

もしあなたに合っているアカデミーなら楽しく続けることができるでしょう。

 

 

長く続ければ必ずうまくなるし強くなります。

 

 

どこのアカデミーでも体験入会をやっているはずです。

 

 

何軒回っても良いと思います。違いがわかるはずです。

 

 

近所で探すのではなく、ぜひ体験して決めてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉は美しい   湖太郎ブログ

最近の日本では女子も筋トレに興味を持ち始めたそうですね。

 


「尻トレ」なるものも流行ってきているそうで。

 


何よりです。

 



ブラジルみたく、日本では男女ともに体を鍛えることにもっと興味を持って欲しいなあと思うこと10年以上。

 


日本でも遂に体を鍛えることへの価値が見出されてきたんですね。

 



体を鍛えるのって「怖い」とか「筋肉バカ」など、謎の 負のイメージがありませんか?

 


中には「キモい」というのもありましたね。

 


「マッチョきもい。あたし苦手。」なんていう女子を今までに何度も見てきました。

 



ちょ

 


ちょ待てよぉ!

 



マッチョがキモイいのならブラジルの国民の半分はキモイという事になります。笑

 



その価値観に物申す!

 



まず言いたいのですが、マッチョになるまで体を鍛える人には知的な人もいれば確かにそうでない人もいます。笑

 


でもどちらも並々ならない「努力」 があってこそのあの肉体なんです。

 


高負荷に耐えるときの筋肉の苦痛、心臓がバクバクして辛い感覚、鉛のような体をひきずって次の日も朝早くから会社に行く、まるで修行僧のような日々。

 


そういった努力の上に筋肉マンは出来上がるのです。そしてそれは男も然り女も然り。

 



腹筋や背筋、腕筋、足筋、尻筋がたくましい体とは、すなわち生き抜く力の象徴です。

 


昔で言えば狩りをするための筋力、現代なら自信の身を、家族を、仲間を通り魔などから守るための筋力。

 


機能としてまずそれは美しく、また見た目にも美しい曲線美です。

 


きっといろんな意味で筋肉への価値が見直され始めてきたから、日本でもエクササイズに興味を持つ人が増えてきたのでしょう。

 

201954145057.jpg

 

 

楽しくなる練習頻度 和道ブログ

CHECKMAT TOKYOでブラジリアン柔術を楽しんでいるな!と感じる方は週4回以上は練習しています。

練習量が多いので技を忘れないことが楽しくなる原因でしょう。

忘れないからスパー中に出てくる、かかればもちろん楽しいし、失敗してもなぜ失敗したかが練習量が多いためわかります。

やられても、やられたことを自分のものにできるのでまた楽しい。

技を忘れない頻度で来ることがブラジリアン柔術を楽しむためには必要です。


フィジカルがなくても頭を使えば強くなる。 和道ブログ

ブラジリアン柔術には筋骨隆々の世界チャンピオンがいますが細くて普通の人にしか見えない世界チャンピオンもいます。

細い人でもチャンピオンになれるのは頭を使えば打開策が見つかるのがブラジリアン柔術だからです。

他の競技は禁止事項が多すぎます。

禁止事項が多いということは新しい技が生まれにくいということです。

こうやればもっとかかりやすい技になるのにと思いついても、ルールに阻まれ出来ないということが多いと思います。しかし、ブラジリアン柔術はそれが少ない。

だから新しい技がどんどん生まれます。

壁にぶち当たった時に、技を考えても使えなければ諦めてしまう。そしてフィジカルを高めようとする。フィジカルが強いものが勝つ。というようになってしまう。結局、筋骨隆々が強いとなるわけです。

ブラジリアン柔術に細いチャンピオンがいるのは壁にぶち当たった時に技術で解決してきたからです。

頭を使えばフィジカルがいらない。それがブラジリアン柔術です。

フィジカルに自信がない方、頭を使えば強くなれます。ぜひブラジリアン柔術を始めましょう。

勉強させていただきました。 和道ブログ

先日、小学生から高校まで通っていた、空手の道場に顔を出してきました。

靴がピシッと並べてあり、道場に入ると大きな声でみんなで挨拶されました。

先生が支持すると大きな声だ返事ができます。

うちのキッズ達とはだいぶ違うなと感心しました。

まー私もここで育ったわけですからやってきたのですが、何だか懐かしい。

礼儀作法がしっかりしているのはとても気持ちがいいものです。

色々勉強になりました。

CHECKMATのキッズクラスはブラジル式、あまり礼儀を厳しくしていませんが、ブラジルでも挨拶は大切なものです。

挨拶はできるようにしようね!!

20195212295.jpeg

BBQ 和道ブログ

今日は実家でバーベキュー!!日本のバーベキューは仕込みがなく楽です。肉とタレがあればそれで成り立ちます。

ブラジルのシュハスコは仕込みから大変です。

味付けをして寝かしておきます。

また、ブラジリアンはシュハスコを焼く役が決まってるようでした。

各自が好き勝手に焼くのではなく、焼く人が焼き具合を確かめ、食べやすい大きさに切り分け、食べるのです。

日本人より何倍も肉を食べる国なのでこの焼き方、見極め方のプロがいるのでしょうね。

さすがシュハスコの国!!