ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

たかが柔術 されど柔術   和道ブログ

今回のコロナウィルス感染拡大で2週間の休館を余儀なくされ、今も終息のめどが立たず不安に感じています。

 

この事態、私の柔術に対する思いもまた少し変化しています。

 

たかが柔術、されど柔術

 

これが私が今思うこところです。

 

今まで柔術は人生を変えると信じてやってきました。

 

だから会員さんには練習に来いとずっと言い続けていましたし、時には厳しい練習や指導も行ってきました。

 

頑張れば肉体も精神も変わる。それが私の信念でした。

 

柔術は成人病まっしぐらだった人を健康にし、いじめで苦しんでいた子を救うこともできます。

 

しかしコロナウィルスの前では柔術はたかが柔術と思い知らされました。

 

柔術をやって健康になるどころか感染のリスクを高めてしまうからです。

 

私の中で柔術はたかが柔術に成り下がってしまったのです。

 

しかし、生活のために私は柔術を指導するしかありません。

 

時期尚早なのは分かっていましたが道場を開けざる負えませんでした。

 

再開し、久しぶりに会った会員さんと話をしてみると

 

6キロ太ってしまった。

 

やることがないから飲んでばかりいました。

 

ということを聞きました。

 

柔術が無くなって不健康な元の生活の戻ってしまっていたのです。

 

柔術が彼らの生活になくてはならなかったことを知りました。

 

ウィルスに感染するのも怖いですが目標を失い、不健康な生活をするのもまた怖いことです。

 

どちらにしても人は死ぬもしれません。

 

しかし、目標を失うことのほうがつらいかもしれません。

 

 

柔術は人類として生き延びるためには必要ではないかもしれません。

 

しかし人間として生きていくためには必要なのだと気づいたような気がします。

 

たかが柔術、されど柔術

 

 

 

 

意義があったのではないか?!  和道ブログ

会員さんの中には運動不足だったから、ストレスがたまりすぎてどうにもならなかったから、医者に運動を勧められてなどが原因で柔術を始めた方がいます。

 

そういう方はこの2週間の休館で生活リズムが不摂生をしていたころに戻ってしまったようです。

 

そういう方は、柔術なしの生活は身を滅ぼしてしまうようです。

 

柔術が生活の一部になっていて、なくてはならないものになっているのですね。

 

そういうことに気づいただけでもこの2週間に意義があったと思います。

 

 

 

 

ストレス、運動不足解消にぜひ  和道ブログ

昨日は久々に、クラスに多くの方が集まりました。

 

CHECKMAT TOKYOでは当分の間、スパーリングを禁止し、マスクを着け、フィジカルトレーニングとジナスティックナチュラル、基本的な技術練習を行っています。

 

感染しないとは断言できませんが最大限の予防をしています。

 

運動不足、ストレス解消に参加できる方はぜひ!!

 

またアカデミーを開放していますので、会員の皆様、ご家族や子供を連れてぜひ運動をしに来てください。

 

よろしくお願いします。

CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ 第33弾

本日から道場が再開!

みなさまお元気でしたか?

僕は元気です。

 

とはいえちょくちょく通っていた道場が二週間休館になり、

なんだかスッキリしない日々を送ってしまった。

 

僕の場合、道場以外では殆どカラダを動かさないので先ず不安になったのが、運動不足。

そこで、二週間なんとかして体力をキープしようと先ずは筋トレをやってみた。

が、自分ひとりだと甘えが出て即断念。

 

BMXを買ってみた。

曲芸みたいなことをやろうとしたが、

やったことないので転びそうになり、

危険を感じて断念。

 

サウナスーツで走ってみた。

わりといい汗かけたのでこれならイケる!

と思ったのだか、2日目に階段の昇降が出来なくなるくらいの筋肉痛で断念。

 

結局何ひとつ続かない。

そもそもひとりでカラダを動かすのが大の苦手だったことを忘れていた。

そして道場で皆とカラダを動かせることのありがたみを感じた。

 

やがて二週間がたち、道場が再開された。

明日からまたカラダ動かすぞー。

でも体力は落ちてる。多分。

いや、絶対落ちてる。。

 

そして体重は増えてる。

絶対増えてる。。。。。

 

体力を落とさない。それを目標に!!   和道ブログ

大変な事態になりました。

 

柔術愛好家の皆さんは練習ができず、試合もできずストレスが溜まっていると思います。

 

いつかはまだわかりませんが今まで通り練習できる日が必ず来ます。

 

今は我慢の時です。

 

しかしできることもあります。

 

動画を見て研究やイメージづくり、基礎体力の向上などです。

 

CHECKMATの会員さんは道場をぜひ利用ください。

 

ごろごろするだけでも違うはずです。

 

スパーリングはありませんが打ち込み、筋トレ、ジナスティックナチュラル等のクラスはやりますのでぜひ参加ください。

 

体力を落とさない。これを目標にしてくださいね。

明日月曜日のスケジュール

11:00~12:00 柔術クラス

 

13:00~17:30 オープンマット

 

17:30~18:00 4,5歳クラス

 

18:00~19:00 キッズクラス

 

19:00~20:30 オープンマット

 

20:30~22:00 柔術クラス

 

入退館時のうがい、手洗いを忘れすのお願いします。握手は禁止です。

 

マスク、インナーを忘れずにお願いします。

 

オープンマットでの自主練習を勧めています。

 

よろしくお願いします。

 

 

柔術は・・・   和道ブログ

私はオールドスクール柔術が好きです。

 

いろんなスタイルがあり、立ち技も強かった。

 

モダン柔術が出てきて多くの技が埋もれてしまった。

 

こんなにもったいないことはありません。

 

そもそも、オールドスクールとモダン柔術では考え方が違うと思います。

 

これからモダン柔術を習った人が指導者になっていきますが、彼らにはオールドスクール、いや、グレイシー柔術を教えられるのでしょうか?

 

グレイシー柔術の教えは万人に理解ができますが、モダンは比較的若い人にしか理解ができないと思います。

 

グレイシーの理念、理論がなくなり、ルールに合わせた競技柔術になってしまうのは悲しい。

 

これは競技化が進んでしまった弊害ではないでしょうか?

 

日本の武道のように古流と競技に分かれて行ってしまうのでしょうか?

 

柔術は一つであってほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

モダン柔術に付き合う必要はない。   和道ブログ

CHECKMATのヘナート・カヌートの試合動画です。

 

 

相手はモダン柔術の使い手、モイジーニョ!!

 

ヘナートは立ち技で翻弄してモイジーニョにモダン柔術に入らせません。

 

ダブルガードが主流の今どきの柔術、これは面白いです。

 

MMAが寝技に入らせないスキルが発展してKO決着が増えたように

 

モダン柔術に入らせないという技術も発展させるべきだと思います。

 

ここで鍵になるのは立ち技と足関節、またカウンターの関節技。

 

モダン柔術地獄はなかなか抜けられません。

 

モダン柔術の使い手にモダン柔術で挑んでは簡単にやられてしまいます。

 

MMAで青帯の選手が黒帯に挑むようなものです。青帯の選手は打撃で戦うことを選ぶでしょう!!

 

柔術もモダン柔術相手に付き合う必要はないのです。

 

特にモダン柔術は道場にモダン柔術を知っている選手がいないとなかなか強くなれませんし、世界はどんどん進化しています。それについていくのは大変です。

 

自分の持ち味を出してモダン柔術に対抗する。

 

これもまた柔術の面白いところです。

 

 

 

 

 

プライベートレッスンは価値があります。   和道ブログ

昨日は親子でプライベートレッスンを受けていただきました。

 

キッズクラスは下級生の元気が良すぎてなかなか一人一人見てあげられないのですが、プライベートレッスンなのでしっかり彼の弱いところを補うようなテクニックを教えることができました。

 

プライベートレッスンは価値があります。一回受けるだけで大きく柔術が変わることもあります。

 

ぜひ受けていただきたいと思います。

 

会員であれば誰でも受けられます。

 

返金の代わりのレッスンは4月いっぱいまで受け付けております。

 

 

あと一週間  和道ブログ

休館してから9日目。

 

あと一週間休館は続きます。

 

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 

コロナウィルスの感染拡大は止まりません。

 

開館できるのか心配しています。

 

このままではでは難しいかもしれません。

 

今考えているのは

 

マスク着用の上、打ち込みを中心に練習するということです。

 

換気も十分にしなくてはいけません。

 

それでも十分とは言えませんが、落ち着くまでは工夫してやっていかなければなりません。

 

会員の皆さんのご協力が必要です。

 

大変な状況ですが、皆様一緒にこの困難な状況を乗り越えていきましょう。

 

よろしくお願いします。