ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

休まず続けること   和道ブログ

キッズクラスは強くなることも大切ですが私が重要視していることは

 

 

休まず続けることです。

 

 

勉強ができるのに越したことはありません。

 

 

しかし、良い大学に行って良い会社に入っても続かなかったり、精神を病んでしまったり、自殺に追い込まれてしまう方もいます。

 

 

私も親なのでそんなことになってしまったらやりきれません。

 

 

勉強も必要だと思いますが社会を生きていくタフさを身に付けてもらいたいと私は思っています。

 

 

私が教えられることはそこです。

 

 

そのために必要なことはまず、休まないで続けることだと思います。

 

 

嫌なことからすぐに逃げる、長く続かない、目標を達成できない人間では社会に出ても生きていけません。

 

 

子供のうちからしっかりと続けることの大切さを身に付けてもらいたいのです。

 

 

 

また格闘技はひとりでは強くなれません。仲間がいて初めて強くなれるものです。

 

 

取っ組み合いの中で人間関係を構築していく格闘技は、コミュニケーション能力を高めるにも最適だと思います。

 

 

そしてブラジリアン柔術、カポエイラはしっかりした技術があるので練習さえ来ていれば必ずうまくなります。保護者の皆さんが思っている以上に強くなれるでしょう。来ることが大切です。

 

 

 

休まず続けてください。長く続けていれば必ず何か変わってくるはずです。

 

 

お子様より保護者の皆様の努力が必要です。習い事だと思っておろそかにしないでください。

 

 

 

場合によっては人生の中で一番大切なものを得るかもしれません。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

会話を楽しむようにスパーリングしていますか?  和道ブログ

 

楽しい会話を楽しむようにやるのがブラジリアン柔術のスパーリングです。

 

 

A.お前、この技知ってるか?知らないだろう!!どうだ!!

 

B.あ〜その技、知ってるよ。昨日、そのカウンターの技習ったよ!!しめしめ!!

 

A.あれ!!やられた!!なんで!!

 

とか

 

A.おーうまくなったな。だけどここでミスしちゃうんだよな!!

 

B.なんでやられたんだろう??

 

A.お前まだまだだな!!あとで教えたろ!!

 

とか

 

A.お前、すぐにフェイントかかるからな!!

 

B.今日のフェイントは読めたぞ。なんとか防いだ。

 

A.甘いな。逆に動いたらどうする?

 

B.あ〜やられた!!

 

などなど

 

会話のように楽しむのがブラジリアン柔術だと私は思っています。

 

また、会話に例えると色々なことに合点がいきます。

 

例えば

 

力ずくで技を掛け合うと口喧嘩になってしまいます。楽しくないスパーリングですね。

興奮しているから結局は勝ち負けだけの何も得ないスパーリングになってしまいます。

 

また、先に形を作って相手に何もさせずボコボコにする先輩もいますね。

そのような人は一方的にガミガミ喋っている人、一歩間違えればパワハラですね。やられている方は萎縮してしまい何も覚えられません。

 

逆に護りに入ってしまい全く攻めてこない人。これは心を病んでしまって会話ができないのでは?!

会話を楽しむ気が始めからないのですから絡む必要もなくなってしまいます。

 

 

会話をするようなスパーリングは相手にミスを教えることができたり、技のタイミングを教えたりすることができます。

 

 

お互いに向上しあえるのが会話のあるスパーリングだと思います。

 

 

 

また練習方法にも会話は必要だと思います。

 

ドリル、打ち込みは会話ではありません。なぜなら相手は黙っている人だからです。

 

英会話の勉強で単語集や会話集をずっと聴いているようなものです。

 

うまくなりますが実践で使いこなすには時間がかかります。

 

 

 

私の師、レオジーニョ と昨年スパーをしました。10年ぶりくらいでしょうか。

 

その時は色々な会話ができました。

 

 

 

CHECKMATの柔術は会話を楽しむような柔術です。

 

会話は知識を得ることができ、インスピレーションを与えてくれます。

 

楽しい会話はストレス発散になり、活力を与えてくれます。

 

 

ぜひCHECKMATで柔術を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会話を楽しむようにスパーリングしていますか?  和道ブログ

 

楽しい会話を楽しむようにやるのがブラジリアン柔術のスパーリングです。

 

 

A.お前、この技知ってるか?知らないだろう!!どうだ!!

 

B.あ〜その技、知ってるよ。昨日、そのカウンターの技習ったよ!!しめしめ!!

 

A.あれ!!やられた!!なんで!!

 

とか

 

A.おーうまくなったな。だけどここでミスしちゃうんだよな!!

 

B.なんでやられたんだろう??

 

A.お前まだまだだな!!あとで教えたろ!!

 

とか

 

A.お前、すぐにフェイントかかるからな!!

 

B.今日のフェイントは読めたぞ。なんとか防いだ。

 

A.甘いな。逆に動いたらどうする?

 

B.あ〜やられた!!

 

などなど

 

会話のように楽しむのがブラジリアン柔術だと私は思っています。

 

また、会話に例えると色々なことに合点がいきます。

 

例えば

 

力ずくで技を掛け合うと口喧嘩になってしまいます。楽しくないスパーリングですね。

興奮しているから結局は勝ち負けだけの何も得ないスパーリングになってしまいます。

 

また、先に形を作って相手に何もさせずボコボコにする先輩もいますね。

そのような人は一方的にガミガミ喋っている人、一歩間違えればパワハラですね。やられている方は萎縮してしまい何も覚えられません。

 

逆に守りに入ってしまい全く責めてこない人。これは心を病んでしまって会話ができないのでは?!

会話を楽しむ気が始めからないのですから絡む必要もなくなってしまいます。

 

 

会話をするようなスパーリングは相手にミスを教えることができたり、技のタイミングを教えたりすることができます。

 

 

お互いに向上しあえるのが会話のあるスパーリングだと思います。

 

 

 

また練習方法にも会話は必要だと思います。

 

ドリル、打ち込みは会話ではありません。なぜなら相手は黙っている人だからです。

 

英会話の勉強で単語集や会話集をずっと聴いているようなものです。

 

うまくなりますが実践で使いこなすには時間がかかります。

 

 

 

私の師、レオジーニョ と昨年スパーをしました。10年ぶりくらいでしょうか。

 

その時は色々な会話ができました。

 

 

 

CHECKMATの柔術は会話を楽しむような柔術です。

 

会話は知識を得ることができ、インスピレーションを与えてくれます。

 

楽しい会話はストレス発散になり、活力を与えてくれます。

 

 

ぜひCHECKMATで柔術を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男、石田今年の抱負。 男!石田ブログ

202017192355.jpg

皆さん新年明けましておめでとうございます❗

昨年から少しずつ会員さんも増えていき、キックボクシングが盛り上がってきました。
年齢層も幅広く誰でも出来る内容となっています。

また今年は更にムエタイの技術を教えて行きますょ!!

 

 

女性キックボクシングクラス&キックボクシング・MMAクラスのお問い合わせは

 

080-3255-7544

 

お問い合わせフォームからはこちら

 

それが強くなる最大の方法   和道ブログ

継続は力なり

 

誰でもわかっていることですがなかなか一つのことを続けることは大変です。

 

しかし、この当たり前のことを当たり前にできる方がブラジリアン柔術でも強くなります。

 

強くなるには努力やセンス、体格、もって生まれた才能と色々な要素はありますが

 

まずは継続的に練習することが何より大切です。

 

それができなければ強くなる要素があっても意味がありません。

 

強くなるのに一番大切なことは継続です。

 

続いたからこそ努力やセンス、体格や才能が生かされてくるのです。

 

入会時、こいつ弱いなと思っても続けていれば才能がある人より強くなってしまうことが多々あります。

 

まずは継続すること

 

それが強くなる最大の方法です。

 

 

 

 

 

 

 

新年の挨拶2   湖太郎ブログ

生まれも育ちも仕事も違う皆でも、道着を着れば同じ。
高い革靴もなければ汚いサンダルもなく、〜社長もなければ、〜課長もない。お坊さんであろうが、執行猶予中(あくまで例えです)であろうが皆同じ。
皆裸足で足の裏真っ黒にしながら汗だくになってやるのがカポエイラ。
 
「このテーブルにいる皆がGINGAを知っていて、AÚもできて、リズムの中で体を動かすことの難しさと楽しさを知っているんだよなぁ。これって凄いことだよな。」
 
そんなことを去年の末に思いました。
 
 
今年も少しずつではありますが、こういう「普通の日本人の皮をかぶった普通じゃないカポエイリスタ」を育て上げていきたいと思います。
 
 
今後ともよろしくお願いしますっ!
 
 
 
 
2020年、あなたはどう生きますか?
そして、2025年にどうなっていたいですか?
 
白い道着を着て、各々の色に染められた帯を腰からさげて、太鼓のリズムに乗って武踊し舞闘する自分を想像してみてください。
2025年のあなたは今とかなり違うはず。
 
身体だけでなく心も。
 
新しいことは今の寒いうちに始めて、夏には暑い太陽の下でかっこよくカポエイラしましょう。
 
 
1月、入会金¥10,000無料キャンペーンやります。
浮いた入会金を道着にあてちゃってください。
 
 
 
 
カポエイラクラスの見学、体験、入会のお問い合わせは
 
 
080-3255-7544
 
 
 

新年の挨拶   湖太郎ブログ

さあ、年も変わり2019年から2020年になりました。
和暦でいうともう令和二年なんですね。
 
自分が去年ブラジルから数年ぶりに帰国して、コツコツ細々とカポエイラ普及活動を始めてからまだ一年も経ちませんが、当時から今日に至るまでにメンバーは少しずつ増えています。
 
職種や運動経験も様々です。
 
主婦
フリーター
整体師
看護師
職人
OL(死語なのかな)
社長
営業マン
SE
 
年齢も下は4才、上は60代。
 
運動経験も有ったり無かったり実に多様で。
 
時々、親睦会の意味で、メンバーを集めてシュハスコ(ブラジル式バーベキュー)に行くんですが、カポエイラが無ければまぁ出逢うことは無かっただろうなと言う面々です。
 
同じテーブルに座っている皆を眺めた時にふと思ったんです。
 
「ブラジルから持ち帰ったカポエイラをなるべくそのままの形で東京に広めよう」、それだけを考えてここまで頑張って来ただけなんだけど、知らず知らずのうちにこんなにも沢山の人達を繋げる場を作っていたんだなぁと。
 
これって凄くやりがいのある事だなぁと思います。
 
つづく
 
 

抱負   和道ブログ

今日は稽古始め。そして私にとっては仕事始めです。

 

皆様今年もよろしくお願いします。

 

会員の皆様、早めに稽古始めを済ませ、目標をもって柔術を楽しみましょう。

 

私の抱負というか目標は新しい出会いとチームとしての底上げです。

 

キッズや若い子を増やし、コンペティションチームとしてのCHECKMAT TOKYOを作っていきたいですね。

 

もちろん今まで通りの初心者向け、楽しい柔術もやっていきます。

 

いっしょに柔術を楽しんでいきましょう!!

今年は挑戦   和道ブログ

明けましておめでとうございます。

 

明日が稽古始めですが、昨日から会員さんはオープンマットでなまった体を動かしています。

 

昨年はキッズが増え、楽しみも増えてきました。

 

今年も引き続き若い人たちの育成に力を入れていきたいと思っています。

 

また今年もCHECKMATのトップ選手を招聘する予定です。

 

CHECKMAT TOKYOは全くのド素人が柔術でどれだけ強くなれるかの挑戦をしています。

 

格闘技未経験者で強くなりたい方はぜひCHECKMAT TOKYOでブラジリアン柔術を始めてください。

 

道場は選ぶものです。すべてのブラジリアン柔術の道場が同じではありません。

 

ぜひ本物を学んでください。

 

お問い合わせは

 

080-3255-7544

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 

 

今年はお世話になりました。

本日は稽古納め。本年度最後の練習になります。

 

今年も柔術、カポエイラを楽しんでいただけたでしょうか?

 

今年は世界チャンピオンも生まれ、創始者レオジーニョを招聘と、大きな出来事があった一年となりました。

 

試合にも皆さん出始め、新たな目標が出来ました。

 

カポエイラはブラジル帰りの湖太郎先生を迎え、より本場のカポエイラを楽しんでいただけるようになりました。

 

来年はより一層楽しんでもらえるよう頑張っていきます。

 

ありがとうございました。

 

CHECKMAT TOKYO代表 佐藤