ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

人には教えたくない。  和道ブログ

私はブラジリアン柔術を広めようとか、みんなに知ってもらいたいなど思ったことはありません。

 

こんな楽しいことは人には教えたくないし、せっかくすごいテクニックを習ったのだから自分だけのものにしたいからです。

 

CHECKMAT、レオジーニョやヒカウジーニョのテクニックは他の柔術とは違うのでついそういうことを思ってしまいます。

 

レオジーニョやヒカウジーニョのテクニックは、彼らのテクニックを基本から学ばないと理解することは難しいと思います。

 

だから、彼らのテクニックはあまりYouTubeに上がっていないし、まねをする人も少ないのです。

 

独特なものなのです。

 

ですからCHECKMATのテクニックはCHECKMATでブラジリアン柔術を始めないと理解できないテクニックなのです。

 

ですからCHECKMATのテクニックはメンバーだけの特権なのです。

 

だからその特権を広めようとは思いません。

 

 

 

見学、体験、入会のお問い合わせは

 

050-1105-3063

 

お問い合わせフォーム

 

熱くても気楽でも    和道ブログ

熱い気持ちでブラジリアン柔術を始めても

 

気楽にブラジリアン柔術を始めても

 

毎回楽しいから練習に来ていても

 

毎回必死で練習していても

 

コンスタントに練習をしていれば誰もが強くなってしまうのがブラジリアン柔術です。

 

とにかく練習に来ていれば強くなります。

 

強くなりたかったらブラジリアン柔術を始めましょう!!

 

 

CHECKMAT TOKYOへのお問い合わせは

 

 

050-1105-3063

 

お問い合わせフォーム

 

 

キッズの指導方針   和道ブログ

CHECKMAT  TOKYOのキッズクラスの指導方針は休まず続けることです。

 



最近までこれといった指導方針というものもなく、ただ強くさせることを考えて指導していましたが、やっていくうちにだんだん指導方針が固まってきました。

 



休まず続けること

 



それが一番強くなりますし、人間としても成長できる方法だと思っています。

 



強いとか弱いとか勝ったとか負けたとかはやっていく過程で経験することで先に立つものではありませんし、休まず続けなければそういう経験さえできません。

 



休まずに続けていれば必ず、何かが変わります。人によって変わり方は違いますが!!そして絶対に将来に役立ちます。

 



それを教えたいのです。

 



簡単に休む子は中途半端になります。

 



例えば試合に出て負けても中途半端にやったことだから悔しくありません。

 



相手の方が練習量が多いから仕方ないと自分に言い訳できてしまうのもよくありません。

 



休まず一生懸命やったからこそ、喜びや悔しさが心に響くのです。

 



こういう経験が大切なのです。

 



また、子供は楽しければ練習に来ます。

 



こちらも楽しくできるように練習内容を常に考えていまが楽しいだけではダメなのです。

 



他に楽しいことがあったらそちらにいってしまうからです。

 



そういう子は楽しさを求めますから次から次へと興味のある方に行ってしまいます。

 



そこでハマるものに出会えば良いですが、ただの飽き性になってしまうかもしれません。

 



何事も始めたら休まず、続けることが大切です。柔術ならばせめて人に勝てるようになるまでは頑張って下さい。

 



そこまで休まず続けることが大切なのです。

 



休まず続けるということは子供だけの問題ではありません。ご家族にも協力していただく必要があります。

 



学校は簡単に休ませませんよね。習い事も同じではないでしょうか?

 



習い事だからと言って簡単に考えないでください。

 



この柔術クラスは始めたことはやりきるという教育だと思ってください。

 



私は柔術以外、勉強も人生も何も教えてあげられませんが、休まずに来れば何か変わるということを教えることができます。

 



親の都合で休ませることのないようにお願いします。(病気は別です)

 



アカデミー、子供達、ご家族が一丸となってやっていきましょう!!

 

モダン柔術の弊害 和道ブログ

CHECKMAT TOKYOもモダン柔術家が何人かいます。

私はモダン柔術を習ったことはありませんが指導者の身なので研究して教えています。

自分で使っても、確かに技術的には面白いし、基本的な柔術よりも力を使わず、相手が守りにくいので攻めやすい。

しかし、オールドスクールを習った私から見ると弊害もあります。

まずは立ち技、パスガードの練習が少なくなってしまうこと。

少なければやはり弱くなり、そこがウィークポイントになる可能性は高い。

また、柔術の基本的な動きが後輩に教えられない。

白青からモダン柔術をやってしまうと柔術の基本が教えられない人が増えてしまう。グレイシーの技術無くしてはブラジリアン柔術ではなくなってしまう恐れがあります。

また、先日ハーフからの技術を教えていたのですが、潜らなくて良いところにモダン柔術家は潜ってしまう。

潜ることで力が入らなくなって技がかからなということもあります。

CHECKMAT TOKYOはレオジーニョ のテクニックを教えています。

上も下も投げも分け隔てなく、全てできるのがレオジーニョの柔術?

モダン柔術も技の一部、やってもいいがそれにこだわってしまっては本来のCHECKMATの素晴らしさがわかりません。


パッチは誇り 和道ブログ

チームパッチをつけることは誇りなんです。

チームを代表して試合に出るのですから。

背中にチームを背負って戦うのです。

そして、パッチをつけることで劣勢な時にも気持ちを強く持つことができます。

仲間が応援してくれていることを感じることができます。

CHECKMATのパッチには大きな力があるはずです。世界の仲間が応援しているからです。

また、名門アカデミーの誇りを感じることができるからです。

たまにSNSや大会などで大手チームのパッチを貼っている人を目にしますが、そのパッチを張れるのはチームの一員としての特権です。所属している方以外はつけてはいけないと思います。


最も早く上達する方法は!! 和道ブログ

自己流にハマってはいけない。

 

 

入会したらそのアカデミーの指導方針に従うことが最も早く上達する方法だ。

 

 

自分で研究したり、教則DVDやYouTubeで研究するのは返って遠回りの場合が多い。

 

 

なぜならこれだけテクニックが多いと先生でも教えられないテクニックが出てくる。

 

 

先生の教えられないテクニックをいくら練習しても結局は真似事に過ぎず、理解するのに大変苦労するし、時間がかかりすぎる。

 

 

理解する頃には選手生活が終わってしまうこともある。

 

 

1番早いのは先生のテクニックをそのまま受け継ぐことだ。なぜなら、壁にぶち当たっても先生は自分が通ってきた道だからすぐに答えを出してくれる。

 

 

また、これが一番のメリットだが体でやられながら覚えることができる。

 

 

では、好きな先生に習うために移籍すればいいのか?

 

 

それも間違っている。

 

 

なぜなら気づいた時点で今のアカデミーでだいぶ癖がついているはず。移籍するとそこのアカデミーで一からやり直さなければならない。慣れるまでに大変な苦労を要する。

 

 

難しい話だが初めから自分に合っていそうなしっかりしたアカデミーを選ぶのが大切である。

カポエイラの帯  湖太郎ブログ

大きく分けて2つあるカポエイラの流派。

 



Capoeira de Angola(カポエイラ・ヂ・アンゴーラ)

 


Capoeira Regional(カポエイラ・ヘジオナウ)

 



そのうちのカポエイラ・ヘジオナウには級/段によって色の違う帯を付ける制度があります。

 


東洋の武道に似ていますね。

 



帯の種類や、色の種類はグループによって様々です。

 


今回は私達ABADÁ-Capoeiraの帯のシステムを紹介します。

 

 



いくつかの段のまとまりを下から順に

 


ALUNO INICIANTE

 


ALUNO

 


ALUNO GRADUADO

 


INSTRUTOR

 


PROFESSOR

 


MESTRANDO

 


MESTRE

 


GRÃO MESTRE といい、

 


その中に細かく○○色、○○色という風に段位があります。




まず

 


ALUNO INICIANTE(アルーノ・イニスィアンチ)

 


「初心者」という意味です。
 

 


2019719104743.png
カポエイラを始めた人が最初にもらう帯がこれ。

 


白帯を付けます。

 


ですが、「白帯」とは呼びません。ここでは「生成り」とでも呼びましょう。

 


理由は後程。




ALUNO(アルーノ)

 


「生徒」という意味です。

 



Corda Crua-Amarela(コルダ・クルーア・イ・アマレーラ=生成り&黄帯)
2019719104815.png

帯の色は半分ずつで変わっていきます。

 


いわば変化の最中の段階。

 



Corda Amarela(コルダ・アマレーラ=黄帯)

2019719121336.png細かい説明は省きますが、ここでいう黄色の意味は黄金です。

 



Corda Amarela-Laranja(コルダ・アマレーラ・イ・ラランジャ=黄&オレンジ帯)
2019719105042.pngのサムネイル画像
 

 

Corda Laranja(コルダ・ラランジャ=オレンジ帯)
2019719105042.pngのサムネイル画像

太陽のオレンジ。

 



Corda Laranja-Azul(コルダ・ラランジャ・イ・アズゥ=オレンジ&青帯)
201971910510.pngのサムネイル画像






ALUNO GRADUADO(アルーノ・グラドゥアード)

 


「卒業生」という意味です。ある程度カポエイラの経験を重ねていくと、皆これを目指して練習に励み始めます。
 

 


Corda Azul(コルダ・アズゥ=青帯)
2019719122315.png


海の青。それぞれの色に細かい説明があるのですが、今回は全部省きます(笑)

 


アバダではこの青帯を取るのがとても大変でした。

 


昔と比べて、今は基準は緩くなっています。

 


一昔前はこの帯からクラスを持つことが許されました。

 


私自身、この帯を取ってから沖縄でクラスを持ち始めました。

 

 



Corda Azul-Verde(コルダ・アズゥ・イ・ヴェルヂ=青&緑帯)
2019719105154.pngのサムネイル画像

 


Corda Verde(コルダ・ヴェルヂ=緑帯)
2019719105214.pngのサムネイル画像

 

森林の緑。

 



Corda Verde-Roxa(コルダ・ヴェルヂ・イ・ホーシャ=緑&紫帯)
2019719105234.pngのサムネイル画像




INSTRUTOR(インストゥルトール)

 


「指導者」



Corda Roxa(コルダ・ホーシャ=紫帯)
2019719105317.pngのサムネイル画像

 


Corda Roxa-Marrom(コルダ・ホーシャ・イ・マホン=紫&茶帯)
2019719105427.png





PROFESSOR(プロフェソール)

 


「教授」

 


Corda Marrom(コルダ・マホン=茶帯)
2019719124737.png

 

Corda Marrom-Vermelha(コルダ・マホン・イ・ヴェルメーリャ=茶&赤帯)
2019719105427.pngのサムネイル画像のサムネイル画像





MESTRANDO(メストランド)

 


Mestreの一個手前。

 


実はINSTRUTORあたりから和訳が難しくなってきます(笑)。

 


個人的なイメージでは、INSTRUTORらあたりから技術に深みと神々しさが出てきます(笑)。



Corda Vermelha(コルダ・ヴェルメーリャ=赤帯)
2019719105459.png
私の師匠が今この位にいます。30年以上カポエイラに献身してやっとたどり着きました。

 


ABADÁ-Capoeiraの人間にとっては赤帯は雲の上の話。

 


並大抵の努力ではまず候補者にすら挙がりません。




MESTRE(メストリ)

 


師範、師匠、大師範、etc。

 


カポエイラの段位において、とにかく最上級のものがこれにあたります。

 



Corda Vermelha-Branca(コルダ・ヴェルメーリャ・イ・ブランカ=赤&白帯)
2019719105520.pngのサムネイル画像

 




GRÃO MESTRE(グラォン・メストリ)

 


「最高師範」。

 


ABADÁ-Capoeiraには一人しかいません。

 


そう。創始者のGrão Mestre Camisa(Sr.José Tadeu Carneiro Cardoso)。
camisa-genio-min.jpg

2019719105541.pngのサムネイル画像


Corda Branca(白)
2019719104743.png


帯の制度、使う色、昇段基準はグループによって大きく違います。

 


なので、あるグループの青帯が他のグループの青帯と同等ではないし、

 


あるグループのINSTRUTORが他のグループのINSTRUTORと同じということもないのです。

 

 



しばしば、日本でカポエイラグループの方に「何帯なんですか?INSTRUTORですか?」と聞かれる度に、なんとも答える意味のない質問だなぁ、と困った気持ちに感じてしまうのです。

 



今日ザっと紹介した全17段位は、前半は最短でも1年に1段で上がっていきますが、それ以降は上位の帯になればなるほど昇段は大変になります。

 


なんでもそうですよね。

 


剣道の8段も相当な難関と聞きます。

 



今日はブログをカラフルにしたかったので、帯の説明でした。

 




うだる暑さの夏が待ち遠しいです。
ではでは。

 

CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ 第9弾

ブラジリアン柔術に出会って得たもの。

 

 

 

健康になった。体力がついてきた。

 

 

痩せたので昔の服が着れるようになった。

 

 

代謝が上がって若返った。

 

 

食事が美味しくなった。

 

 

食事を気にするようになり調理の腕が上がり

 

 

家族に喜ばれるようになった。

 

 

 

気持ちに余裕ができて穏やかになった。

 

 

自信を持てるようになった。

 

 

生活にメリハリができた。

 

 

諦めが悪くなった。(いい意味で)

 

 

年齢のせいにしなくなった。

 

 

つまらない事は汗と一緒に流してリセット出来るようになった。

 

 

 

たくさんの人とコミュニケーションがとれるので人見知りがなくなってきた。

 

 

本当の強さを知ることができた。

 

 

忘れかけていた仲間の絆を思い出させてくれた。

 

 

自分の居場所ができた。

 

 

 

 

どれもかけがえの無いもので、失いたくはない。

 

 

その為にも、あと10年、20年、出来る限り続けていきたい、そんなものに出会えて僕はラッキーだ。

 

 

これからもまだまだ沢山得るものがありそうで、本当に楽しみ。

 

 

 

唯一後悔しているのは、

 

 

もっと早く始めていれば良かった。。。

 

 

 

 

 

次は総合格闘技に挑戦するお話をしますね

忙しい時だからこそ身体を動かそう❗ 男!石田ブログ

女性限定キックボクシングクラス
毎日仕事に追われ、日々忙しく仕事しかしてない人、少しは身体を動かしてあげることも身体のために大切なことだと思います。

どんなに慣れている仕事や生活であっても身体のストレスはたまっているものです。


そんなたまった身体のストレスを気持ち良くストレスを解消するために、一緒にキックボクシングをしてみませんか❓

年齢関係なく誰にでも出来てグローブを付けてパンチやキック❗


ミットを気持ち良く叩いてストレスを解消し、健康的な身体になる、また気持ちを切り替えることでまた仕事に集中出来るようになる❗

いいことですよね

ストレスがあるならブラジリアン柔術をやろう!! 和道ブログ

ブラジリアン柔術はストレス解消になる。

ストレス過多の方にはぜひやってもらいたい。

汗をかき、仲間と馬鹿な話をしているうちに大抵のことは忘れてしまう。

いっぱい汗をかいてシャワーを浴びたら辛さよりも気持ち良さが勝ってしまう。

特に夏はね!!

ストレス解消に酒なんか飲んじゃダメだ。体に悪いし、嫌な酒になる。

どうせなら練習してから気持ちいい酒を飲んでくれ!!

とにかくストレスがあるならブラジリアン柔術をやろう!!

CHECKMAT TOKYOへのお問い合わせは

050-1105-3063

info@wado-jiujitsu.com