ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

違い   和道ブログ

海外に住んだことのある方なら、生活や文化や考え方の違いに戸惑ったことはあるだろう。

 

日本では許されることが非常識だったり、逆もあったり。

 

ブラジリアン柔術も同じではないだろうか?

 

もともとは柔道から生まれたのが柔術。

 

それがこれだけ違う技術をを生んできたのだから気づくべきだ。

 

 

逆もあるということを!!

 

柔術を日本人が教えると柔道になってしまうということを!!

 

だからブラジル人に習うのが一番だと思うし、せめてブラジルを知っている人に習うべきだ。

 

 

続けること   和道ブログ

中途半端はだめ、何も得られません。

 

CHECKMAT TOKYOに通う会員さんも結果が出ているのはコンスタントに続けている方たちです。

 

世界を目指している人もいたり趣味の方もいらっしゃいますが何かしらの成果を上げています。

 

試合で勝つことばかりが成果ではありません。

 

気持ちが強くなった。

 

いじめられなくなった。

 

馬鹿にされなくなった。

 

痩せた。

 

健康になった。

 

病気が治った。

 

生きがいが持てた。

 

仕事の効率がよく良くなった。

 

生活のリズムがよ良くなった、メリハリができた。

 

人生が楽しくなった。

 

なんでもいいのです。

 

始める前より何か良いほうに変わってくれれば!!

 

しかし、何もわからないままやめてしまったり、来たり来なかったりと中途半端の方は何も変わりません。

 

続けること。

 

とにかくそれが大切なんだとつくづく思います。

 

 

続けないと気づかないことがたくさんあります。

CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ 第27弾

場で練習をすると気持ちいい。

色々と理由はあるけれど、

そのひとつに「裸足」で動きまわれるのが嬉しい。

 

一般的には一日のうち、

大人が裸足でいられる時間は限られていると思う。

入浴時と就寝時くらいで、

あとは靴下や靴を履いて生活してると思う。

それが結構疲れたりする。

 

僕は帰宅すると、先ずは靴下を脱ぐ。

蒸れるし、疲れるから。

 

ブラジリアン柔術は当然だけど、裸足でやる。

道場で裸足になって、相手の腰を蹴ったり、

踏んだり、裸足でかけずりまわる。

裸足だと脳に刺激が与えられ、

活性化するという話もきいたことがある。

 

何より気持ちいい。

 

窮屈な靴と靴下を脱いで、暴れまわる。

そしてシャワーで汗と一緒に疲れも流す。

 

心身ともに、大切な時間だと思う。

水虫にもならないよ、きっと。

 

体が小さいから弱いから格闘技なんて   和道ブログ

柔術の合理性を理解しやすいのは肉体的に強い人ではなく、弱い人です。

 

弱い、体が小さい人が強い、大きい人に勝つための技術がブラジリアン柔術なのです。

 

ブラジリアン柔術に一番必要な人はそのような方ですし、楽しめるのもそのような方たちだと思っています。

 

体が小さいから弱いから格闘技なんて無理と思っている方、ブラジリアン柔術はあなたのための格闘技なんですよ。

 

 

 

 

モダン柔術だけでは?!!   和道ブログ

柔術競技の中でのモダン柔術とMMAでの柔術は似ていると思う。

 



MMAでは最初は誰もグレイシー柔術に勝てなかった。モダン柔術も同じような状況ではないだろうか?

 

 

やったもん勝ちの状況である。

 

 

 

なぜグレイシー柔術が強かったかというとグレイシー柔術の寝技をみんな知らなかったからだ。



しかし、MMAファイターはグレイシー柔術を学び、そして寝技にさせない技術も進化させ、現在のすべてにおいて強いスタイルになった

 



モダン柔術も同じではないかと思う。モダン柔術を学び、モダン柔させない技術を進化させて行けば本来の柔術がまた生きてきて、より完璧な柔術になると思う。

 



すでにトップ選手はモダン柔術もできるし、モダン柔術に入らせない技術を持っている。

 



今、寝技だけで勝とうとするMMAファイターはいない。

 



モダン柔術だけで勝とうとすると進化に乗り遅れるかもしれない。

 

ムエタイの攻撃は様々。 男!石田ブログ

202012913594.jpeg

 



ここ最近は普通にパンチやキックだけではなく、様々な攻撃を沢山生徒さんに教えています。
 

 


キックボクシングでいうパンチやキックは大体の人は想像出来るのですが、
ムエタイの攻撃での肘や膝を使った攻撃や、また返し技など沢山教えていると、
凄く生徒さんが興味津々なのが分かります。

 

 


自分が普段経験した事がない事が凄く新鮮でまた楽しくストレス解消が出来るのはいい事ですね。

 



皆さんも是非経験してみてはいかがですか。

 

 

毎週木曜日 女性限定キックボクシングクラスへのお問い合わせは

 

080-3255-7544

 

コンタクトフォームはこちら

 

先生の歩んできた道が   和道ブログ

先生は道標です。先生の歩んできた道を進んでいけば必ず強くなります。

 



途中で変えたり、他の先生の技をやったりすると道から離れ遠回りをすることになります。

 



私もブラジルから帰国してからはテクニックを習えないため、あらゆるテクニックを参考にしました。

 



しかし、久しぶりに先生と練習するとでそれは無駄なこと余計なことをしたな、遠回りしたなと感じました。

 



強くなるには信じられるしっかりした道を歩むことが必要なのです。
 

 


子供から始めていれば多少の遠回りはかえって良い勉強になるかもしれません。
 

 


しかし、大人になってから始める方は良い先生を探して、迷わず先生の道を歩むことが1番の強くなる近道です。

近いから行く、流行っているから行くではなく、自分の目で見て、体験して納得できる先生がいるところに入会してください。


 

パズルが完成しない   和道ブログ

昔小さい時にパズルやったでしょ。

 

ジグソーパズルではなく枠がある簡単なパズル。

 

アニメやキャラクターのやつです。

 

柔術はこの枠のあるパズルのようなところがあります。

 

枠、それはスタイルです。

 

テクニックがピースですね。

 

 

CHECKMATのスタイルは動き続けて止まらないスタイルです。

 

動くスタイルという枠があるわけです。

 

そこに入るピースは動くための技です。

 

例えば5050など固めたり止まったりする技はこの枠の中には入りません。

 

動きが止まってしまう技はCHECKMATのパズルが完成しないのです。

 

オンラインや教則動画、DVDなどであれもこれも見て学ぶ人はスタイルが固まりません。

 

選ぶ技もあっちもこっちもでは、全く流れない柔術になってしまいます。

 

 

パズルが完成しないのです。

 

 

いくら練習量が多くても完成しているパズルには勝てない。

 

ブレないためにはしっかりそのアカデミーのスタイルを学んだ上でいろんなものを取り入れた方が良いでしょう。

 

 

 

 

CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ 第26弾

ブラジリア柔術の道場では、

当たり前だが人と触れ合う。密着する。

当然、汚らし格好ではいれない。

相手に失礼だしマナーだと思う。

 

練習前にシャワーを浴びて行くようにしたり、柔術着も頻繁に洗濯して清潔にしておく。

タバコをやめれたのも、半分は体に良くないからだけど、

半分は相手にタバコ臭で不愉快な思いをさせてはいけないと思ったからである。

爪も常に伸ばさないように心がける。

自分にも、相手にも怪我させてしまうかもしれないから。

髪もなるべく頻繁にcutする。

長いと視界が悪くなる。

 

柔術をやっていると

一見、汗臭そうなイメージを持たれるけど

身だしなみに人一倍、気をつかっている人が多いと思う。

少なくとも僕のまわりの柔術をやっている方々は、

皆とても清潔感があっていい匂いだ。

汗はかくけど、汗臭くはない!

 

気がついたら、

一日に3~4回は入浴するようになりました。

 

これができれば    和道ブログ

与えられたものを確実にできるようにする。

 

日本人が得意なことです。

 

しかしブラジリアン柔術は与えられたものをさらに発展させていく。

 

発展させてできたものは人それぞれ違うからひとつの技術からいろんな技が生まれてくる。

 

日本人も自分で発展させる。

 

または新しいものを見つけ出す。

 

これができればもっと柔術が面白くなるはずです。