ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

世界を目指すなら   和道ブログ

世界を目指すなら、また世界チャンピオンを目指すなら

 

 

世界チャンピオンを多く輩出するアカデミーで練習するのが一番手っ取り早い。

 

 

なぜかって?

 

 

毎年行われる世界大会、黒帯の優勝者は大体毎年同じチームから出ているからです。

 

 

今年だったらAllince,Atos,Checkmat,Cicero Costha,Gracie Barra,Brasa CTA,GF Team,Nova unao,Gracie Humaitaなど

 

 

また世界チャンピオンを作るノウハウを持っているのもこういうチームです。

 

 

そして、このようなチームは世界中に支部があり強い選手をどんどん集めている。強くならないわけがありません。

 

 

話は簡単です。チャンピオンになりたかったらチャンピオンのたくさんいるこのようなチームに行けばよいのです。

 

 

話は簡単でも実際はいろいろな壁が立ちはだかるでしょう。

 

 

もし、今すぐは無理だったら日本にある支部から始めましょう。

 

 

もちろんCHECKMATをお勧めしますが他にも日本には上に書いたようなアカデミーの支部があります。

 

 

このようなジムは教え方が本部と同じですし、基本がしっかりしています。

 

 

将来は大きなジムで練習したいけど、今は通える範囲で、なんて思ってはいけません。

 

 

強くなってから移籍すると何かと問題がおきますし、基本や技が違うから結局、直さざるを得なく、初めからやり直しってこともあります。

 

 

壁にぶつからず、まっすぐ素直に成長していきたかったら上に書いたようなアカデミーの日本支部をお勧めします。

 

 

CHECKMAT TOKYOお問い合わせ

 

 

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供は未来!!   和道ブログ

去年から今年にかけてCHECKMAT TOKYOではたくさんのベイビーが誕生しました。
 

 


幸せいっぱいのアカデミーです。

 



この子達の何人かは柔術を始めてくれるでしょう。

 



楽しみすぎます。

 



子供は未来!!

 



夢を与えてくれます

 


嬉しい!!楽しい!!

checkmat baby

 

 

こんにちは! 男!石田ブログ

こんにちは。
女性限定キックボクシングクラス、インストラクターの石田武司といいます。

埼玉県在住、根っからの格闘技と車好きの先生です。

この女性限定キックボクシングクラスはみんなで楽しく健康的になることを目的としています。

内容はとても難しくはありません。

出来なくても運動が苦手な方でも一緒に楽しんで行ける内容になっています。

まずは、最初の一歩。

一緒に挑戦し楽しんでキックボクシングをしませんか❓
お待ちしています。

練習方法も違います。 和道ブログ

ブラジルならではの練習方法があります。

スパーリングだけではないのです。

これをやってれば強くなれるな!!

というものがいくつかあります。

ただ疲れます。

また、大事なのはチーム、仲間としか練習ができないということです。

お互いに技術が一緒だから、お互いに技を共有しているからできる練習です。

また、仲間なのでやられても気にしないからできる練習です。

チームでしかできない、強くなる方法があるのです。

もちろんスパーリングだけでも強くなれますが、得意技ばかりやっていては穴ができてしまいます。

ブラジルは練習方法も違います。


名前を覚えて損はない。   和道ブログ

CHECKMATの世界チャンピオンたち

 

Juvenile 1 / Female / Blue / Light-Feather

1 - Florejane Conde - CheckMat 
 
 

Juvenile 2 / Male / Blue / Light-Feather

1 - Igor Moreira de Faria da Silva - CheckMat 
 
 

Adult / Male / Blue / Feather

1 - Adilson Junior Fernandes Monteiro - CheckMat 
 
 

Adult / Male / Purple / Light

1 - Lucas Andre Galvão Protasio - CheckMat 
 
 

Adult / Male / Purple / Middle

1 - Jansen Gomes Ramos - CheckMat 
 
 

Adult / Female / Purple / Open Class

1 - Mayara Monteiro Custódio - CheckMat 
 
 

Adult / Female / Brown / Light-Feather

1 - Elina Moestam - CheckMat 
 

Adult / Male / Black / Feather

1 - Matheus Gabriel Pinheiro Barros - CheckMat 

 
 

Adult / Male / Black / Ultra-Heavy

1 - Marcus Vinícius Oliveira de Almeida - CheckMat 
 
 

dult / Male / Black / Open Class

1 - Marcus Vinícius Oliveira de Almeida - CheckMat 
 
 
 
黒帯は有名ですが、色帯も将来必ず活躍するはずです。名前を覚えておいて損はありません。
 
 
楽しみですね。
 
 

理屈っぽくない!!   和道ブログ

ブラジル人の教え方はすごく理論的なんだけど理屈っぽくはありません。

 

これ見ろ、すげーだろ!!

 

この技、面白いだろう!!

 

かっこいいだろう!!

 

みたいな感じです。(中には理屈っぽい人もいると思いますが)

 

質問しても

 

こうだよ!!

 

と一言で終わります。

 

私はどうも理屈っぽくなってしまう。

 

ここら辺も相手に考えさせる指導ほうなのかもしれませんね。

カポエイラはアフリカ産?ブラジル産? 湖太郎ブログ

その起源が曖昧で、いまだに諸説が飛び交うカポエイラ。

 


ブラジル本国では今でも学者たちがその真相の解明にあたっています。

 

 



カポエイラはブラジルで奴隷として連れてこられた黒人たちにより作られたものと言われています。

 


私は個人的にはその説に賛成です。日本でもカポエイラ=ブラジル産という認識だと思います。

 

 



でも、ブラジルでは時々「カポエイラ?もともとはアフリカ産でしょ?」ということをいう人(一般人)がいます。

 

 



カポエイラはブラジル産です。

 

 




カポエイラはブラジル産ですよ~。

 

 




こんな言い回しがあるくらいです。

 

 




"Engravidou na África e nasceu no Brasil.(アフリカで身籠ってブラジルで生まれた)"

 

 




奴隷として母なるアフリカからはるか遠いブラジルの地に連れてこられる前、アフリカのそれぞれの地域のそれぞれの部族であった黒人たちは、それぞれの土地に伝わる伝統の踊りや格闘技がありました。

 

 




それがブラジルの土地で融合し、今日のカポエイラの原型となるものが自然とできてきたとする説があります。

 

 



さて、その原型となった格闘技とはどのようなものか?

 


自分が知る限りでは下記の三つがあります。

 

 



・Bassula(バスーラ)

 


・Cabangula(カバングーラ)

 

 


・N'golo(ニゴーロ)→アフリカでの発音は分かりませんが、ブラジル人はこう発音しています。

 



詳しくは知らないのですが、イメージしやすいように誤解を恐れつつ簡単に説明すると

 

 



・バスーラは簡単に言うとレスリング

 

 


・カバングーラはビンタ勝負

 

 


・ニゴーロはシマウマのダンス

 

 

 

 

どれも私がやっているアバダのカポエイラの特徴なんです。

 


むかし、メストレ・カミーザ(アバダ創始者)にこの話を聞いたとき、衝撃が走りました。

 


カポエイラの更なる奥深さに感動すると同時に、自分がいる学校(流派)の事がだんだん分かってきました。

 

 



そういう意味では、カポエイラはアフリカ系のブラジリアン総合格闘技ですね。

 

 




こちらはアバダカポエイラのアンゴーラの番長、

 

 

 

Professor Cabuenha(プロフェソール・カブエーニャ)

 

 

 

がやっている舞台「Yakalakaya(ヤカラカヤ)」のPV。

 

 ↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=FmDcj0SQRHw

 

 



リオで見る機会がありました。最高の一言。さいっこうでした。

 


途中に、アフリカ起源の格闘技の動きが入れられています。

 


なんせ彼はアンゴラ人ですから、もろにその世界に今でも生きている人ですね。

 


カポエイラの精進とは別に、自分の土地の様々な文化を研究している貴重な人材です。

 

 



15年くらい前、二人で一緒にコルコバード(リオのキリスト像)まで徒歩で行こうということで登り始めたものの、途中で道を間違えてVista Chinesaという謎の中国風の展望台に着いたのを覚えています。

 

 


キリスト像がはるか遠くに見えました。(笑)

 

 



坊主頭の日本人の青年とアフロヘアのアンゴラ人が、二人して中国風の東屋で写真の取り合いっこしている風景は、周りのブラジル人には奇妙だったでしょうね。



 

良い思い出です。



 

日本人の起源はアフリカにあるということを聞いたことがあります。

 

 



実は日本もお祭りが大好きで、太鼓が盛んで、伝統の着物の柄はアフリカの布に引けを取らないくらいのエスニック感をもっています。

 



 

皆が思うよりも我々の血管にはアフリカが流れているのかもしれません。

 

 

 


そう考えると、日本人が持っているカポエイラの才能というものは底知れないものがありますよね。

 



 

無料体験会は随時行っています。

 



 

アフリカをブラジルを感じに来てくださ~い。

カポエイラは誰でも楽しめるものです。  和道ブログ 

カポエイラの動画などを見ると蹴りは早いし、バク転はするし、逆立ちはするしでなかなか自分にはできないのではないかと思ってしまいますよね。

 

 

しかしそんなことはないのです。

 

 

カポエイラインストラクターの湖太郎君に聞くとブラジルでは老若男女が楽しく汗をかいて練習しているそうです。

 

 

本場の本物のカポエイラは誰でも楽しめる内容になっているのですね。

 

 

カポエイラを日本に持ってきた人たちは、カポエイラを日本に広めるためにアクロバットを売ったほうが人が集まりやすかったのでしょうね。

 

 

しかし、本当のカポエイラを伝えられなかった。

 

 

だから皆さん、難しいものだと警戒してしまうのでしょうね。

 

 

湖太郎君は本場の本物のカポエイラを教えてくれます。

 

 

本当の楽しさ本当のカポエイラをぜひ学んでください。

 

 

本日火曜日は19:00~クラスがあります。

 

 

ご興味のある方はぜひぜひ体験入会にいらしていらしてください。

 

 

お問い合わせはこちらから

 

 

電話 

 

050-1105-3063

 

 

カポエイラ週一コース始めました。

 

 

お子様から40代、いや50代、いやいや60代の方までお待ちしておりま

 

 

楽しく運動しましょう!!

カポエイラは誰でも楽しめるものです。  和道ブログ 

カポエイラの動画などを見ると蹴りは早いし、バク転はするし、逆立ちはするしでなかなか自分にはできないのではないかと思ってしまいますよね。

 

 

しかしそんなことはないのです。

 

 

カポエイラインストラクターの湖太郎君に聞くとブラジルでは老若男女が楽しく汗をかいて練習しているそうです。

 

 

本場の本物のカポエイラは誰でも楽しめる内容になっているのですね。

 

 

カポエイラを日本に持ってきた人たちは、カポエイラを日本に広めるためにアクロバットを売ったほうが人が集まりやすかったのでしょうね。

 

 

しかし、本当のカポエイラを伝えられなかった。

 

 

だから皆さん、難しいものだと警戒してしまうのでしょうね。

 

 

湖太郎君は本場の本物のカポエイラを教えてくれます。

 

 

本当の楽しさ本当のカポエイラをぜひ学んでください。

 

 

本日火曜日は19:00~クラスがあります。

 

 

ご興味のある方はぜひぜひ体験入会にいらしていらしてください。

 

 

お問い合わせはこちらから

 

 

電話 

 

050-1105-3063

 

 

カポエイラ週一コース始めました。

 

 

お子様から40代、いや50代、いやいや60代の方までお待ちしておりま

 

 

楽しく運動しましょう!!

 

 

 

 

楽しいから練習に来る→練習量が多いから強くなる→自信がつく  和道ブログ

スポ根アニメやプロレスを見て育った世代は格闘技や格闘技をやっている人=きつい、つらい、痛い、また選ばれた人がやるものなど遠い存在としてのイメージが強いと思います。

 

しかし、はっきりいってあれは過度な演出です。

 

むかしは確かにふるいにかけ、残ったものしか許されないというような雰囲気も確かにありましたが、今はそんな時代ではありません。

 

特にブラジリアン柔術は入った方全員屋のシミながら強くなれるようなシステㇺなんです。

 

楽しんで定期的に来ていれば誰でも強くなれます。

 

もちろんマジックではないので練習量は必要ですが!!

 

ただ無意味な練習や鍛錬はありません。根性をつけるというよりはテクニックを身に着けることで自信をつけていきます。

 

だからブラジリアン柔術の場合は根性ではなく

 

楽しいから練習に来る→練習量が多いから強くなる→自信がつく

 

になります。根性が先ではない。

 

だから誰でも強くなれるのです。

 

CHECKMAT TOKYOでは一日体験入会を行っています。

 

ぜひ体験に来て格闘技のイメージを変えてください。

 

お問い合わせは