ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

勝つ気持ちが大切

勝とうという気持ちが少ないと練習や試合でもあきらめてしまいますし、反省もしない。

どうしても強くなるのが遅くなります。

意地でも勝ってやろうとか、負けたら悔しいから絶対次は勝つぞ!!とかそういう気持ちがないと格闘技は向かないのかもしれません。

この平和な東京でマスター以上の方たちがそんな気持ちになる方がおかしいのかもしれませんがこれってものすごく大切なことです。

 

格闘技をやるなら少しは眠っている闘志を呼び起こしましょうね!!

checkmatの柔術

CHECKMATの柔術はレオナルド・ヴィエイラ、ヒカルド・ヴィエイラやブシェッシャのように動くスタイルです。

アクロバティックで美しく、楽しく、やっていても見ていても楽しい柔術です。

ここまで動ければ楽しいはずですよね。

レオナルド・ヴィエイラ ハイライト

ヒカルドヴィエイラ ハイライト

ブシェッシャ ハイライト

 

checkmatで楽しい柔術始めませんか?

 

 

 

追い込み期間

再来週は試合です。

2週間前ということで今週は追い込んで練習しています。

技術的にはもう伸びないのであとはスパーリングと体力づくり。

今週きつい練習した方は試合が楽になり、さぼった方はきつい試合になるでしょう。

少しでも試合が楽になるようにしっかり練習していきましょう!!

パーソナルレッスン

checkamat tokyoではパーソナルレッスンを行っています。

現在は3人の方が受けられています。

内容は個人の目的によって違うのですがブラジリアン柔術の個人レッスンだったり、ミットを中心にした格闘技フィットネスだったり、筋トレがメインだったりします。

まずは何が目的なのかを聞いてそれからメニューを組み立てていくようにしています。

他の筋トレ系のパーソナルレッスンと違うところは格闘技の要素を入れていますのでテクニックが身につくところと飽きないところです。

格闘技は打撃、パンチやキック、投げ、寝技と多くのことを学びますのでとにかく飽きません。

運動が長く続かない方でも続けられるはずです。

興味のある方はぜひ

 

キッズ柔術

ブラジリアン柔術を指導し始めて20年が過ぎました。

7年前に独立するまでキッズクラスはやっていませんでした。

それまで10年以上教えているのでキッズも何とかなるだろうと思って始めたのですが、大人との指導とは全く違うものでした。

彼らは頭で理解するのではなく体で覚えます。大人と同じ方法ではうまくいきません。

根気強く、丁寧に教えないと全く違う技になってしまいます。

大人なら多少間違えていても力でなんとかしてしまうのですが子供だと全くかかりません。

また、子供は自由な発想があると思っていましたがそうではありません。中にはそういう子もいるでしょうが基本的には言われたことしかしません。

だからまずは基本をしっかりやることから始めなければなりません。

ブラジル人の自由な発想は指導者が引き出しているのだと気づきました。

難しいですがいろいろと勉強になります。

柔術は楽しいです。!!

キッズクラス

 

昨日は飲み会

仕事の関係上、忘年会、新年会に来られない会員さんがいます。

その会員さんのために昨日は飲み会を開きました。

もう何年も続いていますがそれが昨日でした。

気心が知れた会員さんとの飲み会はいいものです。

楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

ありがとうございました。

 

NEW CHECKMAT GI

CHECKMATになって初めて柔術着を作りました。

今回はALMAさんとのコラボ!!

デザインは本部道場をまねて作りました。

予想以上にカッコよくできて満足です。

今度はTシャツかな!!

 

201833116539.jpgのサムネイル画像

2人のキッズが試合に出ます。

キッズクラスの生徒2人が4月21日の関東キッズトーナメントに参加します。

一人は前回の大会で一本負け、もう一人はデビュー戦。

勝ち負けはどうでも良いです。201833116539.jpg

そこから得るものが大切。

勝てばやってきたことが間違えではなかったのでそのまま突き進めばいい!!

負けたら何が足りないかを補えばいい!!

後は本人がどう思うか!!ここが一番大事!!

また試合に出たい!!と思えるような試合をしてほしい!!

ホームページの画像を変えました。

ホームページの画像を変えてみました。

今まで知らなかったのですが画像が5枚次々に流れていくらしいのです。。

5年くらい知らなくて損しました。

チェックしてみてください。

CHECKMATホームページ

 

201833013109.PNG

CHECKMATになった経緯

初めてブラジルに渡ったのは1997年でした。もう21年たつのですね!!

アリアンス柔術の練習では昼クラスに参加することが多く、その時の先生がCHECKMATを造ったレオジーニョだったわけです。

レオがアリアンス脱退後もブラジルに行くときはレオか弟のヒカルドのところにお世話になっていました。

去年、ヒカルドを招聘することになり、その時にレオに連絡したらCHECKMAT加盟の話が出ました。

以前から加盟したいとは思っていたのですが経営に追われてなかなか実現しませんでしたがこの機会に恵まれて加盟することに決めたのが経緯です。

柔術を仕事にしているわけですから恩を返さないといけないとは前々から思っていたのですがその余裕がなく!!

今でも余裕があるわけではありませんがありがたいことに良い機会に恵まれました。

これからはCHECKMATに貢献できるよう頑張っていきたいと思っています。

201832920729.jpg

20183292083.jpg