ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

試合スケジュール

8月25日 

 

第1回東日本柔術オープントーナメント

 

第2回東日本キッズ柔術オープントーナメント

 

9月13,14,15日

 

アジア柔術チャンピオンシップ

 

9月28日

 

グランドスラムイースト

 

10月19日

 

ヒカルド・デラヒーバ杯マスター

 

10月20日

 

ヒカルド・デラヒーバ杯

 

ヒカルド・デラヒーバ杯キッズ

 

 

練習しましょう!!

お盆休み明け、今日からまた練習が始まります。
 
まだ休みの方も仕事が始まっている方もぜひ練習に来てください。
 
一週間も動かないと技は忘れているし体もなまっています。
 
いきなり自分が思っているような動きはできません。
 
リハビリくらいの気持ちでやってくださいね。
 
中には試合が近くガンガン来る方もいますがみんなで協力していきましょう。
 
新規入会の方もお待ちしております。
 
 
 
お問い合わせは
 
050-1105-3063
 
 

恐怖心 和道ブログ

帰省2日目。

娘は恐怖心が芽生えました。

実家について早速、母に抱っこしてもらったのですが、その瞬間愛犬ルカが吠えながら登場。

娘はビクッとして号泣!!

それからルカを見ると泣くようになりました。

どうも、向こうから近づいて来られるとビビるらしいです。

格闘家としてビビってしまっては試合以前の問題!!

2日目、やっと慣れてきたのか!?自分からルカに近づき、触りに行くことができました。

恐怖心を克服して格闘家として成長した!!やったね!!

なんて嬉しく思っていたら、また吠えられて泣かされていました。

恐怖心が芽生えて人として成長したお盆でした。

ちなみにビーチボールにもビビってました。


201981593810.jpeg

帰省 和道プログ

昨日から実家に帰省。

車を借りて、帰りました。

高速は混んでそうなので下道でしたがそこまで混まず。

田舎のノンビリ感は朝に特に感じますね。

東京の慌しさがない。

起きていきなり慌ただしいのはどうも苦手です。

ゆっくりコーヒーでも飲んで一息ついてから仕事。東京もそうはなりませんかね。

金持ちになるしかないですかね。

格闘技道場なのでそこまで慌ただしくもないのですが、周りが慌しいとこちらまで焦らされます。

田舎の早起きはとても清々しくて気持ち良いです。

そういえばリオも良かったな!!

早起きした時に気持ち良いとこに住みたいと思う今年のお盆でした。

201981312940.jpeg

合宿2日目 和道ブログ

合宿2日目は豪華な朝食から、毎年、飲み過ぎで朝ごはんが食べられず後悔していましたが、今回は大量に水を飲みながらお酒を飲んだため、元気いっぱい。

朝からおかわり。

やはり食べれない方もいましたがここは若手ががんばり、朝から3人前をペロリ。

彼は結局、合宿中に5キロ増えました。

もう1人、生卵を7個食ったやつもいます。

ロッキーを見過ぎだのでしょうね!!

さあビーチ。

今年は女性がいなく、野郎だけのビーチでしたがそれなりにのんびり楽しく過ごしました。

東京にいるとぼーっとする時間がなかなかないので良い時間でした。

お昼は海鮮バーベキュー。

店員さんが忙しさと暑さでキレていましたが、我々は余裕のある人間なのでかまわず、美味しくいただきました。

その後は温泉に入り、お土産を買って東京に戻りました。


毎年楽しい合宿を用意してくれる。館山の皆さんには感謝しかありません。

ありがとう!!

毎年この合宿のために頑張っているといってもいいくらいです。

来年はみんな行きましょう。

最高の合宿です。練習は少しですが!!

201981284134.jpeg

201981283654.jpeg

201981283730.jpeg

合宿初日 和道プログ

合宿(合宿とは名ばかり)に来ています。

一応柔術練習しました。

カポエイラインストの湖太郎君のカポエイラムーブでアップ。

この間のフィンフォウセミナーの技術などをやりました。

中学校の柔道場を利用しているので暑すぎてスパーは3本だけ。

その後、かき氷を食べ

旅館に入り、風呂に入り、大宴会!!

最高の1日目終了です。

来年はみんなできましょう。
2019811123542.jpeg

2019811123844.jpeg

合宿 和道プログ

今日と明日は。毎年恒例、館山に合宿に行きます。

合宿というのは名ばかりで飲んでビーチ行ってと楽しい旅行です。

申し訳程度で練習はしますが!!

合宿というと

私はあの伝説の修斗合宿の経験者、いや生還者です。

内容はYouTubeでみてください。

あの合宿が終わって5年くらいは合宿と聞いただけで震え上がっていました。

しかし、この館山合宿を始めて合宿のイメージがやっと変えられました。

合宿は楽しいもの!!

では、楽しんできます。

2019810114821.jpeg

リオからのお客さん   湖太郎ブログ

この間、リオデジャネイロからカポエイリスタのお客さんが来ました。

 

仕事の関係でなんと白山の道場の隣駅の本郷に滞在とのこと。

 

彼はリオでアバダのカポエイラをやっていたのですが、

ここ数年は忙しくてカポエイラそのものから離れていたとのこと。

 

日本に来た記念に、カポエイラの練習に参加したいと連絡が来ました。

地球の反対側でカポエイラ復帰するとは思わなかったでしょうね。

 

白山の生徒さん達にはいい刺激になると思い、ぜひ来てもらいました。

 

どういう刺激かというと、まず、ブラジルを感じるという刺激、

そしてカポエイラをするブラジル人を目の当たりにするという刺激、

ブラジル人と一緒に歌い、ジョーゴするという刺激。

 

この異文化体験をしてもらいたかったんです。

 

でも、実はそれ以上に生徒たちに感じてもらいたかったのは、

ブラジル人、さらに言えばカリオカ(=リオっ子の意)特有の身のこなしでした。

 

これを見せたくて彼に来てもらったのが大きいです。

 

帯の色にかかわらず、彼らの身のこなしは日本人には簡単にまねできないものがあります。

 

それは必ずしも運動神経からくるものではなくて、精神的なところからくるものだと思います。

 

俺自身リオに住んでいて、だんだんと自分のジョーゴのスタイルが変わっていくのを感じました。

 

日本人の精神を“硬い鋼”だとしたら、ブラジル人のは“しなる青竹”。

 

この精神を日本の生徒たちには身に付けてほしいなあ。

 

次はリオで会おう、Canário(カナーリオ)。

 

kotrobrog

礼儀、協調性、忍耐  和道ブログ

私は空手を小さいころから習っていました。

 

 

礼儀。協調性。忍耐を学んだと思っています。

 

 

 

いまでも学んだことは役に立っています。

 

 

 

しかし、ブラジリアン柔術で学ぶことはちょっと違います。

 

 

 

礼儀は形として教えません。

 

 

 

しかし自然と上下関係が生まれていきます。

 

 

 

ブラジルで修行して感じたのは強い人には従うということです。

 

 

 

先生が弱ければ尊敬もされないのがブラジルです。

 

 

 

また強くてもいい加減な先生にはついてきません。

 

 

 

ブラジリアン柔術で帯が上がるということは強くならなければなりませんし、人間としても尊敬されるような人間でなければなりません。

 

 

 

そうやって強くて尊敬される人が上に上がっていきますから自然と上下関係が生まれるし、それは揺るぎません。

 

 

 

完全実力主義だからこそ、お互いがリスペクトする環境が生まれ、家族のような関係になるのだと思います。

 

 

 

ブラジリアン柔術のチームは家族のようなものですからその家族の中で一人一人が役割と居場所を持っています。

 

 

 

そうやって人をリスペクトすることを覚えていきます。

 

 

 

個性が強いブラジル人がまとまるのもこの完全実力主義、そして家族のようなチームだからだと思います。

 

 

 

そして忍耐に関してですが、

 

 

 

ブラジル人は楽しいことを見つける天才です、常に楽しい技、楽な技を探しています。ですから技が奇想天外で面白いのだと思います。

 

 

 

ひとつのことを極めるのは忍耐が必要ですが、ブラジル人はより合理的で楽な技を求めます。

 

 

ブラジル人にとって忍耐はあまり重要ではないのかもしれません。

 

 

耐えるより良いものを見つけることのほうが重要なのです。

 

 

それがかえってすごい技術をを生んでいるのだと思います。

 

 

日本で生きていくにはこの礼儀、協調性、忍耐というのは必要不可欠だと思います。

 

 

しかし、これからの国際社会の中ではブラジリアン柔術のような合理性が役に立つのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツは涼しい時にやりましょう!!   和道ブログ

甲子園で高校野球が開催されていますね。

 

ここ数年は暑すぎていて開催時期について話題になっています。

 

この暑い時期に開催する必要はあるのでしょうか?

 

私も疑問に思います。

 

じっとしていても熱中症になるこの時期になぜこの炎天下になぜ野球をやるのでしょう?

 

応援席の中には子供もお年寄りもいます。危険です。

 

なぜ?

 

伝統だから?

 

涼しい時期にしても伝統は何も変わらないと思いますが?

 

日本の不思議の一つですね。

 

この間の全日本ブラジリアン柔術選手権も暑かったな!!

 

ブラジリアン柔術は減量があるからさらに危険。

 

スポーツは涼しい時期にやりましょう。