ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記

スタッフの日記

感覚が80%   和道ブログ

世界チャンピオンを見てわかるように、大きなアカデミーやアソシエーションの選手が強いことがわかります。

 

ここまで世界中に柔術が広がり、SNSやオンラインでいつでもどこでもテクニックが手に入る時代ならば、どこの選手であろうと、小さなアカデミーであろうと世界チャンピオンが生れてもおかしくはありません。

 

しかし、いまだに大きなアカデミーが強い。

 

そこには理由があると思います。

 

もちろん、優秀な選手がが集まってくるということもあるのでしょうが、私は違うところに強さが隠されていると思うのです。

 

それは

 

感覚です。

 

世界チャンピオン経験者と練習できる環境が強い選手を生むのだと思います。

 

それは教え方ではなく、スパーリングでタイミングや力の入れ方、スピード、駆け引きなどを体で教えてもらうことができるからだと思います。

 

私なんかの経験で申し訳ありませんが

 

レオジーニョとスパーした後に他の人とスパーすると全く違う動きになっているのがわかります。

 

びっくりするくらいに。

 

これは非常に大切なことだと思います。

 

以前にも書きましたが先生が間違った道に行かないように正してくれるということはこういうことです。

 

スパーリングをすることで間違ったタイミング、力の入れ方、スピード、駆け引き等が、一瞬で修正されるのです。

 

そして先生のスタイルと違う技をどこからか持ってくると一瞬でやられてしまい、そのテクニックの意味がないことを知ります。

 

先生と練習することで常に修正されていくわけです。

 

先生は世界チャンピオンですから寄り道をせずに頂上まで導いてくれるわけです。

 

この感覚で教わるということがすごく重要なのではないかと私は思います。

 

昔は100%テクニックだと思っていましたが、今はテクニック20%、感覚が80%だと思ています。

 

もしそうだとしたら世界チャンピオンと練習することがいかに大切か、わかっていただけると思います。

 

もし世界チャンピオンになりたかったら、早いうちに海外に行きましょう。

 

紫以上になってしまっては自分のスタイルが抜けず、修正が利かなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

適用、順応、コロナ上等②   湖太郎ブログ

1ヶ月の間、ただただ腕立て伏せをやっていたとします。

 

 

足なんか細いです。おなか周りにもお肉が付いちゃったりして。

 

 

でも少なくともその人はすごい腕力で皆と差をつけます。

 

 

 

1ヶ月の間、ただただカポエイラの歌の翻訳をやっていたとします。

 

 

語彙が増えていきます。文法を覚えていきます。

 

 

練習はしていないのでおなか周りにお肉が付いちゃったりして(part2)。

 

 

でも少なくともその人は今まで意味も知らずに何となく皆で歌っていた歌の意味が分かるようになっています。

 

 

 

1ヶ月の間、ただただ歌のレパートリーを増やしてきたとします。

 

 

するとその人はホーダで皆より積極的に歌を歌うようになります。

 

 

自分なりの得意なメドレーを作っちゃったりして。

 

 

カポエイラの中にあるDJの要素に気づきます。

 

 

 

 

腕力がアップしたことにより、基本の動きをすごく安定して出来るようになれば、それを見た周りの皆は筋トレの大切さに気付く。

 

 

 

僕も/私もあの感じが欲しい。

 

 

 

 

歌詞の意味を知っている人は歌に歌に自分の気持ちを乗せることができます。

 

 

発音や音程なんて二の次でかまいません。

 

 

周りの皆は、気持ちが込められた歌のもつ力を感じ取り、そこにグルーブ感が生まれる。

 

 

グルーブ感の中でのジョーゴが全く別次元の楽しさであり、それこそがカポエイラのホーダだと知ります。

 

 

 

俺/あたし、なんだかいつもの自分じゃないみたい。

 

 

 

 

普段、皆がジョーゴするために歌ってばっかりの先生がいます。

 

 

でもその日は珍しく生徒が歌を引き継いでくれた!

 

 

そのおかげで先生がジョーゴをします。

 

 

めったに見られない先生の動きを見て、今まで習ってきたことが突然腑に落ちる。

 

 

 

あぁ、こうやって動けばよいのか!

 

 

 

おいら/アタイ、あのかっこいい技おぼえたい!

 

 

 

 

みな互いに感心し、はたまた悔しがり、ライバルの成長に焦る。

 

 

建設的な刺激を受ける。

 

 

 

いつかそうなる!でもそのためには動き続けなきゃ!

 

 

自分はカサカサ走り回るゴキブリよりも 、なめくじの方が嫌いです。

 

 

なぜかって?だってあいつら気付いたらそこにいるから!

 

 

 

でも成長も同じこと。

 

 

ウサギと亀でいえば、亀であるべき。

 

 

気づいたらゴールに着いているから!

 

遠回りをするかもしれません。   和道ブログ

コロナウィルスの影響で自宅でオンラインやYouTube等でテクニックを勉強している人は多いと思う。

 

 

今はいくらでもテクニックが入ってくきます。

 

 

入ってくるテクニックが多いなら道場に行かなくてもいのではないか?

 

 

同じレベルの人を集めて練習すればいいのではないか?

 

 

確かにそうです。

 

 

私も日本での先生がいなかったため、若いころは中井さんの昼柔術にお世話になったり、JFTをつくったりと試行錯誤していました。

 

 

その経験から言わせてもらうと

 

 

道場があり、先生がいないと道に迷うということです。

 

 

多くの技があるとどうしてもやりたくなる。

 

 

今よりもテクニックが入ってこない時代でしたが私もあっち行ったりこっち行ったりしていました。

 

 

そうすると結局、なかなか自分のスタイルが固まらないのです。

 

 

先生がいると間違ったテクニックが直してくれます。

 

 

先生の経験から道を外さないようにしてくれるわけです。

 

 

合わないテクニックをやることは大きな遠回りをすることになりかねません。

 

 

 

多くの技を知ることは大切ですが、どの技が自分に合っていて、使いこなせるかを見極めることも大切です。それができないのであれば先生の指示に従うことです。

 

 

道場で先生に習うのが自分の経験から一番だと私は思います。

 

 

 

 

 

守るより攻める。   男!石田ブログ

今はコロナの影響だからこそ身体を動かそう。

 

身体を動かすことで身体と気持ちの管理をしている実感がします。

 

今はコロナの影響でマスク、手洗い、うがいはもちろんですが、身体をしっかり管理して元気でいる事がまた一つの対策なのではと思っています。

 

格闘技と同じように、守るより攻める。

 

今に言い換えればコロナから守るだけではなく、身体を動かして健康でいる、ですかね。

適用、順応、コロナ上等①   湖太郎ブログ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 


コロナウィルス騒動が収まりませんね。

 

 

地球上で一番強い生き物って、ヒグマでもなければ人間でもなく、細菌とかウィルスなんでしょうね。

 

 

 

自分は複数の場所でレッスンをしているのですが、

 

 

色んな施設が「~日まで閉鎖」という風になっています。

 

 

 

とある施設からその連絡を受けたとき、思いました。

 

 

 

(あ~、これもっと先に先に延びるな。)

 

 

 

ネガティブ思考ではなくあくまで現実思考として。

 

 

 

だってそうじゃないですか、人間が「~日まで」って決めたからって、コロナさんには関係ない。

 

 

 

商売で大打撃を受けている方々は本当にお気の毒です。

 

 

かく言う自分もインストラクターですから、なかなかの打撃は受けています。

 

 

 

そう前置いたところで皆さんに投げかけます↓

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

 

質問:ではインストラクターではないあなたは今何が出来るでしょう?

 

 

 

答え:練習/筋トレ/歴史の勉強

 

 

---------------------------------------------------------------------------------  

 

 

 

できるでしょう、どう考えても(笑)

 

 

 

奴隷小屋の黒人奴隷たちでさえあの抑圧の中で出来たんですよ。

 

 

 

自分は、何か問題や制約があっても、それを自分が出来るはずのことをやらないための言い訳にはしたくないです。

 

 

カポエイラでいえば運動施設再開の予定日が伸びたからといって、その都度一喜一憂している場合じゃないんですよ。

 

 

 

今何ができるか、今週何ができるか。

 

 

やった結果、1か月後に何を達成しているか。

 

 

 

 

つづく

たかが柔術 されど柔術   和道ブログ

今回のコロナウィルス感染拡大で2週間の休館を余儀なくされ、今も終息のめどが立たず不安に感じています。

 

この事態、私の柔術に対する思いもまた少し変化しています。

 

たかが柔術、されど柔術

 

これが私が今思うこところです。

 

今まで柔術は人生を変えると信じてやってきました。

 

だから会員さんには練習に来いとずっと言い続けていましたし、時には厳しい練習や指導も行ってきました。

 

頑張れば肉体も精神も変わる。それが私の信念でした。

 

柔術は成人病まっしぐらだった人を健康にし、いじめで苦しんでいた子を救うこともできます。

 

しかしコロナウィルスの前では柔術はたかが柔術と思い知らされました。

 

柔術をやって健康になるどころか感染のリスクを高めてしまうからです。

 

私の中で柔術はたかが柔術に成り下がってしまったのです。

 

しかし、生活のために私は柔術を指導するしかありません。

 

時期尚早なのは分かっていましたが道場を開けざる負えませんでした。

 

再開し、久しぶりに会った会員さんと話をしてみると

 

6キロ太ってしまった。

 

やることがないから飲んでばかりいました。

 

ということを聞きました。

 

柔術が無くなって不健康な元の生活の戻ってしまっていたのです。

 

柔術が彼らの生活になくてはならなかったことを知りました。

 

ウィルスに感染するのも怖いですが目標を失い、不健康な生活をするのもまた怖いことです。

 

どちらにしても人は死ぬもしれません。

 

しかし、目標を失うことのほうがつらいかもしれません。

 

 

柔術は人類として生き延びるためには必要ではないかもしれません。

 

しかし人間として生きていくためには必要なのだと気づいたような気がします。

 

たかが柔術、されど柔術

 

 

 

 

意義があったのではないか?!  和道ブログ

会員さんの中には運動不足だったから、ストレスがたまりすぎてどうにもならなかったから、医者に運動を勧められてなどが原因で柔術を始めた方がいます。

 

そういう方はこの2週間の休館で生活リズムが不摂生をしていたころに戻ってしまったようです。

 

そういう方は、柔術なしの生活は身を滅ぼしてしまうようです。

 

柔術が生活の一部になっていて、なくてはならないものになっているのですね。

 

そういうことに気づいただけでもこの2週間に意義があったと思います。

 

 

 

 

ストレス、運動不足解消にぜひ  和道ブログ

昨日は久々に、クラスに多くの方が集まりました。

 

CHECKMAT TOKYOでは当分の間、スパーリングを禁止し、マスクを着け、フィジカルトレーニングとジナスティックナチュラル、基本的な技術練習を行っています。

 

感染しないとは断言できませんが最大限の予防をしています。

 

運動不足、ストレス解消に参加できる方はぜひ!!

 

またアカデミーを開放していますので、会員の皆様、ご家族や子供を連れてぜひ運動をしに来てください。

 

よろしくお願いします。

CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ 第33弾

本日から道場が再開!

みなさまお元気でしたか?

僕は元気です。

 

とはいえちょくちょく通っていた道場が二週間休館になり、

なんだかスッキリしない日々を送ってしまった。

 

僕の場合、道場以外では殆どカラダを動かさないので先ず不安になったのが、運動不足。

そこで、二週間なんとかして体力をキープしようと先ずは筋トレをやってみた。

が、自分ひとりだと甘えが出て即断念。

 

BMXを買ってみた。

曲芸みたいなことをやろうとしたが、

やったことないので転びそうになり、

危険を感じて断念。

 

サウナスーツで走ってみた。

わりといい汗かけたのでこれならイケる!

と思ったのだか、2日目に階段の昇降が出来なくなるくらいの筋肉痛で断念。

 

結局何ひとつ続かない。

そもそもひとりでカラダを動かすのが大の苦手だったことを忘れていた。

そして道場で皆とカラダを動かせることのありがたみを感じた。

 

やがて二週間がたち、道場が再開された。

明日からまたカラダ動かすぞー。

でも体力は落ちてる。多分。

いや、絶対落ちてる。。

 

そして体重は増えてる。

絶対増えてる。。。。。

 

体力を落とさない。それを目標に!!   和道ブログ

大変な事態になりました。

 

柔術愛好家の皆さんは練習ができず、試合もできずストレスが溜まっていると思います。

 

いつかはまだわかりませんが今まで通り練習できる日が必ず来ます。

 

今は我慢の時です。

 

しかしできることもあります。

 

動画を見て研究やイメージづくり、基礎体力の向上などです。

 

CHECKMATの会員さんは道場をぜひ利用ください。

 

ごろごろするだけでも違うはずです。

 

スパーリングはありませんが打ち込み、筋トレ、ジナスティックナチュラル等のクラスはやりますのでぜひ参加ください。

 

体力を落とさない。これを目標にしてくださいね。