ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記

スタッフの日記

今日も家にいましょう。   和道ブログ

テレビのコロナ関係の報道を見ていると嘘ではないのだろうけど、当たり障りのないことばかり言っている。

 



保育園で保母さんが感染が怖いということを取り上げているのに三蜜を守ればとかソーシャルディスタンスだとか、そんなのわかっとるわい!!

 



子供にそんなもの守れるわけがない。

 



だめなのわかっていて曖昧に答えている。

 



まさに責任逃れ。こんな人たちテレビに出る必要があるのだろうか?

 



保育園にいくな、やめなければ感染が広がる。

 



という人は誰もいない。

 



みんなわかっているのに。

 



こんな曖昧な言い方を見ていたら通わせても大丈夫なんだと思ってしまう人もいる。

 



みんな自分が責任を負うのが嫌なんだ。

 



わかるけど、もう皆さんわかっているでしょ。

 



こんな曖昧では長引くだけ。

 



ロックダウンでもなんでもやらなければならない。

 

 

今日も家にいましょう。







iPhoneから送信

今日も家にいましょう。

昨日はzoomで会員さんたちと飲み会をしました。

 

予想に反し、大変面白かった。

 

中々人と会えないこの状況の中、楽しいひと時でした。

 

はまってしまうかもしれません。

 

YouTubeでもレッスンとまではいきませんが会員さん向けに運動の動画を上げています。

 

今までめんどくさくて手を出さなかった分野をやり始めています。

 

これは営業再開後に何か役に立つと思います。

 

皆様も今までできなかったことや何か今しかできないことをやってみてください。

 

何か発見があったり、後々役に立ったりするかもしれません。

 

今日も家にいましょう。

週末も家にいましょう。

外に出たい、気持ち良い季節ですが、今週末も家にいましょう。

 

今は耐える時です。

 

家にいてもできることはたくさんあります。

 

私は子育てを楽しんでいます。

 

日常生活を続けていたら、こんな時間は持てませんでした。

 

こんな状況だからこそできることもあるはずです。

 

不謹慎かもしれませんが非日常を楽しむくらいに思っていたほうが精神的に楽だと思います。

 

柔術はできませんが、今までできなかったことや何か新しことを始めてみてはいかがでしょうか?

CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ 第36弾

 自宅から出なくなってもう随分と経ったように感じる。

 

 

柔術を始めてからこんなに長く休んだことがないから不安だ。

 

 

そしてなにか始めないと、と焦り始めていた。

 

 

 

でも柔術の練習はひとりだとなかなか難しいので、もっぱら体力づくりにはなってしまうのだが、それでも少しでも楽しめるようにと色々試してみることにした。

 

 

 

昔みたジャッキー・チェンの「酔拳」という映画があって、

 

 

そのなかに出てくるトレーニングシーンを思い出した。

 

 

面白そうだし筋トレにもなるだろうから

 

 

真似してみることにした。

 

 

 

 

まずは手の甲で腕立て伏せにチャレンジ。

 

 

→失敗。手首が折れる。

 

 

 

次は背中に人を乗せて指立て伏せにチャレンジ。

 

 

→失敗。ただでさえ苦手な指立てなのに、人を乗せてなんて指が折れる。

 

 

ちなみに背中に乗ってもらったのは中2の娘。

 

 

 

今度は宙吊りになって腹筋にチャレンジ。

 

 

→失敗。そもそも怖くて宙吊りになれなかった。

 

 

 

そして次は指でクルミ割りにチャレンジ。

 

 

→無理。絶対割れない。

 

 

悔しいのでそのあとペンチで割ってやろうとしたのだが、これでも割れない。。

 

 

クルミの殻って硬いんだなぁ。。。

 

 

 

 

結局「酔拳」を観て終わった。

 

 

結果的に楽しめたから、まあいいか。。 

 

 

 

 

でも楽しい度合いが違いすぎる。

 

 

やっぱり道場でびっしょりになりながら

 

 

夢中になってスパーリングがしたいなぁ。

 

 

アレは本当に楽しい。

 

 

 

 

またそんな毎日が訪れることを待ちわびながら、今日も引きこもります。笑

今日も家にいよう。

緊急事態宣言が発令されていますが街はそれほど変わっていません。

 

テレビでは人が少なくなったと強調していますが、私が見ている街は活気があって何も変わっていません。

 

これではいつ終息することか?

 

仕事を休んで真面目に自宅待機している人や、自宅で仕事をしている人がこれでは報われません。

 

身近にコロナに感染した方がいないと危機感を持てないのでしょうか?

 

誰でもうつるのがコロナウィルスです。

 

危機感をもって気を付けていてもうつるかもしれません。

 

他人事ではありませんし、テレビの中、SNS上だけで起こっていることではありません。

 

うつる人が増えれば医療崩壊につながり死ぬ人が増えます。

 

よりいっそうの危機感を持ちましょう。

 

今日も家にいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も家にいましょう。   和道ブログ

人と会うのが怖いです。

 

コロナウイルスはいつどこでもうつる可能性があります。

 

買物も怖いし、移動も怖いし、散歩も怖い。

 

人が前から歩いてきたら注意しています。得にマスクしていない人は避けて通ります。

 

でもうつるときはうつります。

 

危機感がある人が危機感のない人に移されるのがこのウイルスの怖いところです。

 

なんの悪気があるわけではなく、逆に親切にしようとしてもうつすときはうつします。

 

人に合わず家にいましょう。

 

 

家にいましょう。 和道ブログ

私は柔術の先生なので生徒を強くすることはできます。

 

健康になるお手伝いをすることもできます。

 

ストレスを解消することもできます。

 

しかし、今は何もできないただのおっさんです。

 

仕事を持っている人はみんな何か社会に貢献していると思っていると思います。

 

しかし今はできなくなる仕事も多い。

 

今できることは仕事ではなく、感染を防ぐことです。

 

それが社会貢献です。

 

これ以上、感染させない。

 

死ぬ人を増やさない。

 

何もしていないようですがそれが社会を守ることにつながると思います。

 

家にいましょう。

 

 

格闘技は平時の楽しみ   和道ブログ

コロナウイルス感染拡大でわかったこと

 

格闘技なんてのは平和なときに楽しむもんだなとつくづく感じました。

 

今のこの状況では格闘技はできません。

 

感染する恐れがある以上してはいけません。

 

私は格闘技、特に柔術には人生を変える力があると常に信じてやってきましたし、指導してきました。

 

間違えではないと今でも思っていますが、今の状況では格闘技は何の価値もないどころか感染してしまうわけですから悪でしかありません。

 

平時にしか格闘技は楽しめないということを強く感じています。

 

コロナではなく戦争だったとしてもそうでしょう。

 

格闘技は楽しみではなく。身を守る術になります。

 

楽しむことなどできません。

 

平和という前提がなければ格闘技は楽しめないのです。

 

これからは格闘技に対する見方が変わっていくかもしれませんね。

休む   和道ブログ

CHECKMAT TOKYOでは亀のニルスが住んでいます。

 

5,6年前の大雨の次の日に流されてきて階段に落ちていました。

 

それから住み着いています。

 

ニルスのために今は休館中ながら3日に一度はえさを与えに行っています。

 

自転車でアカデミーまで行くのですが、今は不要不急の外出を控えるよう要請されているはずなのですが街を見ると普通に活動しています。

 

お昼時には大勢の人が外出しています。

 

小さな飲食店にも人は多く、これはうつっても仕方ないのではないかと見ていて思います。

 

皆さん外国の様子をSNS等で見ているはずです。

 

危機感がないのか?想像力がないのか?と疑ってしまいます。

 

仕事が続いていると日常が変わらないため危機感がないのかもしれませんが、確実にコロナウィルスは広がっています。

 

仕事だから仕方ない

 

と皆さん言いますがもうそんなこと言っている状況ではないのではないでしょうか?

 

命を守るために、勇気をもって休むことも大切ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動してみてください。   和道ブログ

家にずっといると運動不足になり、ストレスもたまります。

 

普段は嫌いで走らないかもしれませんがたまには外に出てジョギングしてみてください。

 

意外と気持ち良いですよ。

 

別に走らなくても良い、歩いても良いですよ。

 

柔術もそうですがなんでも頑張らなくても良いのではないかと思います。

 

目的を運動不足解消、ストレス解消にすれば気持ち良いところでやめられるはずです。

 

たった5分でもよいです、

 

何かしら運動してみてください。

 

人のいるところは避けてくださいね。