ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<スポーツとは?芸術とは?④  湖太郎ブログ
スタッフの日記

スポーツとは?芸術とは?④  湖太郎ブログ

前回に続き。

 

 

 

つまり、芸術といものが社会の中で居場所を得るのは、

 

 

それが社会に対して感動や喜びをもたらすからなんですね。

 

 

 

 

我々人間の世界に存在する芸術と呼ばれるものの全ては、

 

 

当然ながら人間達の間で産まれたもの。

 

 

つまり人間達の間にこそ存在できるんですよね。

 

 

 

だから人同士の繋がり無くして、そこには先生も生徒も存在し得ないという事です。

 

 

 

先日、我が師匠と兄弟弟子達でZOOMを介したオンラインレッスンをしました。

 

 

皆の表情を見たら一目瞭然でした。

 

 

面と向かってのレッスンと比べて、制約だらけであるはずのオンラインレッスン

 

 

であるにも関わらず、生徒たちの表情は輝いていました。

 

 

 

何より師匠の表情。

 

 

「喜び」そのものでした。

 

 

 

ハッとさせられました。

 

 

 

そして再認識させられました。

 

 

 

やっぱり人に喜びをもたらすものでなければ意味が無い。

 

 

 

いくら名前が大きくなろうが、偉そうなタイトルが付こうが、

 

 

他者を幸せな気持ちにしていないのであれば、何かが大きく間違っているのではないでしょうか?

 

 

 

芸術・スポーツに携わる者として、一指導者として、

 

 

何があってもそういう人間になってはいけないなと思いました。

 

 

 

 

人間が衣食住に不自由することなく生きていく上で、必ずしも必要ではない

 

 

「芸術・スポーツ」。

 

 

それが必要とされるための条件、それについて考えさせてもらえた2か月でした。

 

 

 

終わり

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1954