ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<柔術を楽しんで学びたいならCHECKMAT なぜなら・・・
スタッフの日記

柔術を楽しんで学びたいならCHECKMAT なぜなら・・・

ブラジリアン柔術はどこで習ってもそこそこ強くなることができます。

 

しかし、柔術をより楽しむためには道場選びが重要です。

 

私たちCHECKMATの創始者、レオナルド・ヴィエイラ、弟であるヒカルド・ヴィエイラの練習風景を見てください。

 

 

 

 

 

想像していた柔術とは違うでしょ?

 

 

 

CHECKMATの柔術は合理的な技とゲーム性が強いのが特徴です。

 

レオ先生、ヒカルド先生ともに動きが激しく見えますが決して強引な技ではなく相手の動きに合わせていますよね。

 

相手の動きがわかっているかのようです。

 

CHECKMATの柔術は駆け引きの楽しさにあります。

 

相手の動きを力で封じるのではなく、相手をコントロールして常に相手の先手を取っていきます。

 

常に相手を見て考え、合わせていくのです。

 

そのためゲームのようなスリリングで楽しい柔術になるのです。

 

 

 

しかし、やられている方はきつそうに見えますよね。

 

実はそんなことありません。

 

私も彼らと練習をしていましたが、彼らの動きは雲のようにふわふわとしています。

 

あたりがとてもソフトなので怪我はしませんし、痛くもありません。むしろやられるのが気持ちいいくらいです。

 

気づかないうちにいつの間にかやられているのでマジックにかけられたようです。

 

しかし、練習した後、自分の動きが変わっていることに気づくのです。

 

彼らと練習することで体で彼らの動きを覚えていることに。

 

やられることも楽しんで技を覚えられる感じです。

 

 

 

また、楽しそうだけど、若くて才能がある人しかできないのではないかと思われるかもしれません。

 

そんなことはありません。

 

CHECKMATの柔術は優れた技術があってのものです。

 

それは多くの世界チャンピオンを生んでいることからもわかっていただけると思います。

 

合理的で優れた技術は誰が学んでも楽しんで強くなれることができます。

 

 

 

実際にやってみるのが一番。ぜひ一緒に柔術を楽しみましょう。

 

 

 

 

柔術をより楽しみたい方はぜひCHECKMAT TOKYOで学んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1942