ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<力を抜くのに重要なこと  和道ブログ
スタッフの日記

力を抜くのに重要なこと  和道ブログ

力を抜けと言ってもなかなか抜けませんよね!!

 

力が抜けていることのメリットは

 

怪我の防止

あたりが柔らかいため怪我は少なくなります。頭が冷静なので状況に応じて止めることができます。

 

バランスを崩さない

力んでいるとバランスを崩したり、動きすぎてバランスを崩したりすことがあります。力が抜けていればバランスを保てます。

 

状況判断ができる

冷静に動けるので状況に応じた切り替えがスムーズになります。

 

疲れない

力んでませんから疲れにくくなります。長い時間練習ができることになります。

 

などいいことばかりです。

 

しかし、力を抜くことは難しいものです。

 

ブラジルでも実際はほぼ9割の方は強引です。力任せです。

 

私が力が抜けて柔らかいなと感じた人はレオ、ヒカルド、レアンドロのヴィエイラ兄弟、テレレなどチャンピオンクラスの方たちでした。

 

トップクラスの選手でもすごく力任せの方も少なくありませんでした。

 

ですから力を抜いてスパーができるのは本当に限られた人なんだと思います。

 

そういう力の抜けている人たちは何が違うのでしょう?

 

彼らが力がないわけではありません。

 

なぜ力を使わないかというと合理的な技をタイミングよく使っているからだと思います。

 

合理的な技でもタイミングを間違えると強引な技になります。

 

そこが彼らは違うのです。

 

また柔らかい人の特徴として動きが止まらない人が多いです。

 

常に動いてタイミングを狙っています。

 

動くこと、切り替えが早いことが力を抜くことには重要なのだと思います。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1842