ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<強い体、強い心   和道ブログ
スタッフの日記

強い体、強い心   和道ブログ

昨日はキッズの試合が午前中、午後からはキッズカポエイラを見学してキッズブラジリアン柔術の指導をしました。

 

キッズ満載の日でした。

 

キッズは面白いですね。

 

成長が著しい。

 

一気に化ける子もいます。

 

なかなか目が出ない子もいますがやり続けていれば必ずば化ける日が来ます。

 

とにかく、やり続けてもらうことですね。

 

こういう経験は子供のうちにやったほうがいい。

 

負ける悔しさ、努力、勝つ喜び、すべてを経験したほうが良い。

 

特に格闘技は勝つときも負ける時もダイレクト。

 

腕を決めた、首を絞めたという感覚が残りますし、負けたときは悔しさと痛みが残ります

 

深く悔しさが残るのです。

 

チームスポーツのように誰かのせいにはできません。

 

すべて自分の責任。

 

負けたのは自分が練習していないから、相手より足りないからとなるわけです。

 

当たり前のことを学ぶ。格闘技はそれだからいい。

 

勉強ばっかりして良い大学に入ったはいいが社会に出て人間関係だったり、社会に合わなかったり、きつくてやめてしまう人などの話を聞くこともあります。

 

頭がいい=すべてが万能ではありません。

 

強い体、強い心が生きていくのに必要な時が必ず人生にはあります。

 

勉強があまりにもできないというのも困りますが、強い体、強い心がなかったらできないことのほうが多いのではないでしょうか?

 

ぜひ格闘技や武道で強い体、強い心を養ってください。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1747