ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<柔術界のボス④  湖太郎ブログ
スタッフの日記

柔術界のボス④  湖太郎ブログ

これは実際に自分がリオに住んでいて聞いたことなんですが、

実はリオにおいてカポエイラと柔術は昔から密接な関係なんだそう

互いに少なからず影響しているだろうという仮説のもと、研究をしている人もいます。

 

リオのカポエイラはブラジル三大カポエイラのうちの一つ。

他の2地域とは特性が違うんです。(この話はまたいつか)

 

レオズィーニョと話していた時、「お前どこ住んでたんだ?」という話になりました。

大抵の外国人は安全で家賃も高い南エリア(コパカバーナ、イパネマ)か、北エリア(チジューカ)に住むのですが、

俺の場合は「男惚れした師匠がそこの地域出身」&そもそも地の果てが好き」という性格がマッチしたうえに、

色んな人の縁が絡み、ほぼずっと郊外で暮らしてきました。

 

郊外。

スブルビオ。

もうこの響きに誇りしか感じません。
 

 

レオ:お前はもうカリオカ(リオ出身の人)だな。その訛りもリオの言葉だ。

俺:そうだね。早く順応して、土地の一部にならなきゃいけなかったから。

わざと間違った文法で話したり、ファベーラっぽい話し方とか覚えなきゃいけなかったよ。

アダピタサォン(順応)だね。アダピタサォン。

 

レオ:でも、カポエイラはまさにそれだよな。

 

俺:まさにそれだね。

 

 

そんな会話をしていました。

 

 

つづく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1733