ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<10年ぶりに師、レオとスパーリング  和道ブログ
スタッフの日記

10年ぶりに師、レオとスパーリング  和道ブログ

10年ぶりくらいに師匠レオジーニョとスパーリングをしました。

 

何百時間練習するよりもこの一回のスパーリングのほうがためになります。

 

それだけ世界チャンピオンやうまい選手との練習は大切だと思います。

 

力の入れ方、タイミング、切り替え、技を読む、バランスなどなど

 

多くの点で勉強になります。

 

レオとのスパーはこの10年をどのように生きてきたかという確認のようなものでした。

 

私がどのような練習をしてきたか間違った柔術をしていなかったかなどを確認してもらったのと同時に自分もレオの柔術からはみ出していないかを確認できたスパーでした。

 

とても楽しかったし、有意義な時間でした。

 

レオとのスパーは動きが止まりません。相手に合わせながら先に読むようなスパーだからです。

 

動けば先に読まれ先回りしていますからこちらも読まれているのを読んでその技に合わせようとします。

 

そうやっていると動きが止まらないのです。

 

しかし、不思議なことに疲れないのです。

 

お互い動き続けているのに疲れないただ楽しいだけ。

 

これがCHECKMATの柔術。

 

体感しました。

 

この楽しい柔術を教えていくのが私の仕事です。頑張らねば。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1699