ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ
スタッフの日記

CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ

ブラジリアン柔術の試合に出る。

 

 

 

まさか50歳間近でこんな機会がくるとは

 

 

 

思ってもいなかった。

 

 

 

 

試合日が近づくにつれ、増す緊張感。

 

 

 

仕事等では味合えない貴重な時間である。

 

 

 

 

そして、試合に向けてのややハードな練習を重ねてとうとう試合当日を迎えた。

 

 

 

 

会場に着くと、たくさんの人。

 

 

 

白、青、黒の道着に身を包んだ体格のいい男達で場内は熱かった。

 

 

 

女性も結構いるんだなぁ。表彰台もある。

 

 

 

 

しかし皆、強そうに見える。

 

 

 

でも自分も練習してきたし、気合いも入れてきたつもり。道場の皆さんも応援に駆けつけてくれた。もう勝つしかないでしょう。

 

 

 

自分が勝ったときのすがたを想像しながら

 

 

 

自分の番を待つ。。。

 

 

 

計量をパスし、いよいよ自分の番が近づいてくると、あれ?急にまわりがよく見えない。

 

 

 

よく聞こえない。

 

 

 

極度の緊張から、なんかフワフワしてきた。。。

 

 

 

 

フワフワを引きずったまま

 

 

 

名前を呼ばれた。

 

 

 

とうとう来た。始まる。。

 

 

 

 

 

コンバーチ!

 

 

 

 

 

よっしゃー!

 

 

 

えっ? ちょっまって!?

 

 

 

うわぁーーーー○△□★〰️◉

 

 

 

 

相手がものすごい力で引っ張ってきた。

 

 

 

倒された、首絞められれた。

 

 

 

 

死ぬ!殺されるー!!!!、、ギブ。。。

 

 

 

 

 

 

慌てて、タップ。

 

 

 

 

 

無念のタップ、とかではない。

 

 

 

あまりの気迫に驚いて慌てて

 

 

 

タップしてしまった。

 

 

 

 

 

試合が終わった。

 

 

 

早かった。あっという間に。

 

 

 

一か月くらい前から試合のために色々準備してきたのに、1分くらいで終わった。

 

 

 

 

 

こうして僕の柔術デビュー戦は

 

 

 

呆気なく終了。

 

 

 

 

自分では情けなさしか無かった。

 

 

 

そして応援に来てくれた道場の皆さんには

 

 

 

 

申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

 

 

 

 

 

試合後、叱られるかと思いながら

 

 

 

道場の仲間のもとへ戻った。

 

 

 

でも誰ひとり責めてくるような人はいなくて

 

 

 

お疲れ様~、と気楽な感じで迎えてくれた。

 

 

 

また次頑張りましょうー、と。

 

 

 

 

 

泣ける。。。

 

 

 

 

そして皆んなで打ち上げ。

 

 

 

楽しい。ものすごく楽しい。

 

 

 

負けたのに。。

 

 

 

酒が美味すぎる。

 

 

 

今日くらいは色々食べちゃえ。

 

 

 

 

負けてしまったけど

 

 

 

楽しい一日だった。

 

 

 

本当に試合に出て良かった。

 

 

 

 

 

あのまま仕事と不規則な生活を続けて

 

 

 

ブラジリアン柔術を始めていなかったら

 

 

 

味合うことのできなかった緊張感と楽しさ。

 

 

 

もっと早くに始めていれば良かったなぁ。

 

 

 

また明日から頑張ろー。

 

 

 

 

 

後日、この日の試合は

 

 

 

「びっくり‼️タップ」

 

 

 

と命名された。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1507