ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<CHECKMAT TOKYOは怪我が少ない。  和道ブログ
スタッフの日記

CHECKMAT TOKYOは怪我が少ない。  和道ブログ

CHECKMAT TOKYOのブラジリアン柔術クラスは怪我が少ないです。(怪我がないわけではありません)
 

 


それはなぜか?

 



まず一つ目の原因はCHECKMATのテクニック自体が力をそれほど使わないからです。

 



二つ目に格闘技経験者の入会をお断りしているのにも原因があるかもしれません。

 



三つ目に、ここがちょっと企業秘密なのですが柔らかいスパーリングができる秘密があるのです。

 



テクニックをしっかり学んでも柔らかくはなりません。強引なものは治りません。
 

 


痛くないような柔らかいスパーリングができるためには○○が必要なのです。
 

 


その〇〇は入会してくれた方だけに教えることができます。

 



初めからCHECKMAT TOKYOに入会してくれた方には気づいていないかもしれませんが、引っ越しなどで他のジムから来た方は自分でも感じていると思いますがだいぶ柔らかくなっています。
 

 


私も元々は総合格闘技の選手でしたからガチガチだったはずです。

 



それがブラジル修行のおかげで柔らかい動きができるようになりました。

 



このノウハウが私にはあります。ここが他のジムとの違いだと思います。

 



格闘技なので100%怪我がないというわけにはいきませんが怪我が少ないことは大きなメリットです。

 



怪我をしてしまうのも辛いですがさせてしまうのも辛いこと。ブラジリアン柔術を最大限に楽しむために怪我はない方が良いはずです。

 




CHECKMAT TOKYOへのお問い合わせは

 

こちらから




 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1471