ホーム<スタッフブログ<2019年6月

2019年6月

メダルたくさん 和道ブログ

昨日今日とブラジリアン柔術の試合でした。

4人が出場、全員メダル獲得とまずまずの成績。

今回は国際大会だったので外国人がたくさん。

CHECKMAT TOKYOの会員様も外国人との試合が多かった。

日本にいながら外国人と試合ができる。そして試合後は戦った選手と和気あいあい。これがブラジリアン柔術の楽しみ方です。

メダルもたくさんとったし、楽しい試合でした。

201961615467.jpeg

カポエイラの楽器  

カポエイラには音楽がつきもの。

 



今日は主な楽器の種類を紹介していきたいと思います。
そのルーツや、演奏法に関してはまたのちほど説明していきますね。


楽器1

 

 

①Berimbau(べリンバウ)

 



カポエイラの楽器の中で 一番重要 といっても過言ではありません。

 



弓矢にボールをくっつけたような形をしていて、実際はヒョウタンがくっついています。

 



- -

 


とサイズがあり、名前はそれぞれ

 


Gunga - Médio - Viola
 

ビリンバウのサムネイル画像

 

弾き方も異なります。


②Atabaque(アタバーキ)

 

 

見ての通り、大きな太鼓です(笑)

 


重低音番長。これがあると無いとでは音の厚みが違います。

 


カポエイラにおいてはそれほど叩き方は難しくありませんが、ダンスのリズムを叩くときは難しいバリエーションが沢山あります。

 


アタバーキ

 

Pandeiro(パンデイロ)

 

タンバリンではないですよ(笑)

 

これはカポエイラに限らず、ブラジル音楽でとてもポピュラーな楽器で、とても奥が深いです。

 

 

 

カポエイラにおいては叩き方はそれほど難しくありません。

 

パンデイロ



Agogô(アゴゴー)

 

「コンッコンッコンッ、コンッコンッコンッ」と、かわいらしい音がします。

 

叩き方も簡単ですし、女子には人気の楽器じゃないでしょうか(笑)

 

アゴゴー


⑤Palma(パウマ=手拍子)

 

手拍子です(笑)

 


人間が生まれた時から持っている打楽器、それは手。

 


これの生み出すエネルギーは侮れません。

 


リズムは「パン、パァン、パ。パン、パァン、パ。」


 

 

その他にも楽器はありますが、ひとまず当ABADÁ-Capoeiraで使っている楽器は以上です。

 



これら全てが同時に演奏された時の音の立体感、 すんごい ですよ。
 

 


そこに歌とコーラスが更に入ります。
 

 


そしてその輪(roda=ホーダ)の真ん中でカポエイラします。

 



もうカポエイラやめられなくなります。(笑)

 



今日はここらへんで、Tchau!

 

 

 

 

 

カポエイラを体験したい方はお気軽にお問い合わせください。

 

050-1105-3063

カポエイラの楽器  

カポエイラには音楽がつきもの。

 



今日は主な楽器の種類を紹介していきたいと思います。
そのルーツや、演奏法に関してはまたのちほど説明していきますね。


楽器1

①Berimbau(ベリンバウ)。

 



カポエイラの楽器の中で 一番重要 といっても過言ではありません。

 



弓矢にボールをくっつけたような形をしていて、実際はヒョウタンがくっついています。

 



- -

 


とサイズがあり、名前はそれぞれ

 


Gunga - Médio - Viola
 

ビリンバウ

 

弾き方も異なります。


②Atabaque(アタバーキ)
見ての通り、大きな太鼓です(笑)
重低音番長。これがあると無いとでは音の厚みが違います。
カポエイラにおいてはそれほど叩き方は難しくありませんが、
ダンスのリズムを叩くときは難しいバリエーションが沢山あります。
atabaque-min.jpg

③Pandeiro(パンデイロ)
タンバリンではないですよ(笑)
これはカポエイラに限らず、ブラジル音楽でとてもポピュラーな楽器で、とても奥が深いです。
カポエイラにおいては叩き方はそれほど難しくありません。
pandeiro-min.jpg

④Agogô(アゴゴー)
「コンッコンッコンッ、コンッコンッコンッ」と、かわいらしい音がします。
叩き方も簡単ですし、女子には人気の楽器じゃないでしょうか(笑)

agogo.png

⑤Palma(パウマ=手拍子)
手拍子です(笑)
人間が生まれた時から持っている打楽器、それは手。
これの生み出すエネルギーは侮れません。
リズムは「パン、パァン、パ。パン、パァン、パ。」



その他にも楽器はありますが、ひとまず当ABADÁ-Capoeiraで使っている楽器は以上です。

これら全てが同時に演奏された時の音の立体感、 すんごい ですよ。

そこに歌とコーラスが更に入ります。

そしてその輪(roda=ホーダ)の真ん中でカポエイラします。

もうカポエイラやめられなくなります。(笑)

今日はここらへんで、Tchau!

今は敷居が低いのですよ!! 和道ブログ

格闘技を始めたいけど

実際は敷居が高いですよね。

私が初めて格闘技道場の門を叩いたのは18歳の時、修斗の名門、木口道場でした。

自然豊かな場所にあった木口道場、山の中にあるポツンとあるプレハブの道場に入るのにはかなり勇気がいりました。


怖い、殺される、怒られるのではないか、無視されるのではないか。

ビクビクしながらドアを開けたのを覚えています。


格闘家、プロを目指す若者でもそれだけ怖いのですから、軽く運動を始めようと思っている方にはとても場違いに感じてしまうのはしかたありません。

しかし、怖い格闘技道場も過去の話。

今はブラジリアン柔術の道場を中心にどんどん敷居が低くなっています。

キッズや主婦、OL、40代、50代や60代の方まで格闘技を楽しむ時代に変わってきています。

誰でも受け入れて楽しく練習ができる環境が整っています。

過去のイメージを持っている方がいたらもうそんな時代ではありません。

スポーツジムに入会するのと差ほど変わりません。

お気軽にお問い合わせして下さい。

きっとあなたが経験したことの無い楽しさがたくさん待っているはずです。

CHECKMAT TOKYOへのお問い合わせは

050-1105-3063

今は敷居が低いのですよ!!

CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ 

年齢46歳、身長166cm体重86kg、タバコを一日80本、毎晩の深酒。。

 

 

移動はタクシーでほとんど体を動かさず

 

 

一日一食、カツカレーやチャーシュー麺をドカ喰いする毎日。もちろん野菜など食べません。

 

 

ある日、睡眠時に家族から無呼吸を指摘され、血圧を測ったら、目を疑いました。

 

 

上200.下150。

 

 

どちらかと言えば低血圧だった自分が。

 

 

いつ死んでもおかしくない。

 

 

 

 

一刻もはやく、生活を改善しようと

 

 

先ずはダイエットを考えました。

 

 

痩せないと。

 

 

でも、ジムで一人マシンと向かいあっても

 

 

続けられる自信はありません。

 

 

すぐ甘えてサボるのは目にみえてます。

 

 

ダイエットはしたいけど、楽しく痩せたい。

 

 

昔から大好きだった格闘技を習えば続けられるかも。。

 

 

痩せれるし、健康になれる。

 

 

もしかしたら強くもなれるかも。。

 

 

 

そうして、こちらの道場に体験、入会したのが3年前の春でした。

 

継続は力なり 男!石田ブログ

継続は力なり。


今日のレッスンで気づいた事があります。


日頃の運動不足やストレス解消を目的として来ている会員さんがキックボクシングが楽しくどんどん上手くなって来ている事です!

楽しくキックボクシングする事でストレス解消や運動不足はもちろん、少しずつでも上達する喜びを楽しく一緒にキックボクシングをして行きましょう。

キックボクシング

日本のシュハスコに!!   和道ブログ

ブラジルのシュハスコは本当に腹いっぱいになります。

 

カルタのような赤と緑のカードがあって食べられなくなるとそのカードを裏返しにします。そうすると肉が回ってこなくなります。

 

そのカードを使うくらい腹いっぱいになるのがブラジルのシュハスコです。

 

しかし、日本で行くシュハスコはこのカードを使えません。

 

なぜなら腹いっぱいにならないからです!!

 

いつになっても肉が出てこないお店もあります。

 

始めていく人はサラダバイキングや最初に出てくるチキンやポテトフライなどで腹いっぱいになってしまい満足して帰る方もいるでしょうが、ブラジル修行者をなめるなよ!!

 

ブラジルはもっと出しとったぞ!!

 

腹いっぱいにしてくれたぞ!!

 

私はそう言いたのです!!

 

肉を食べに行ってるのです!!!!出し惜しみはなしでお願いしたい!!

 

肉!肉!肉!

 

 

シンプルイズベスト   湖太郎ブログ

19歳の時に初めて行ったブラジルで、カリオカのライフスタイルに刺激を受けた私。

 



それを機に、少しずつですが、体を鍛えることに興味を持つようになっていきました。

 


でもそうなるには実は もう一つの理由 がありました。

 



初めてのブラジル滞在でアバダ・カポエイラのリオ本部でブラジル人に囲まれて練習していた時、 そのガタイの良さに感動しました。
 


 

日本に帰って来てから、当時のカポエイラ仲間のM君(巣鴨在住。才能ありました。)と話したのを覚えています。

私:M君、俺さぁ、いままでガタイよくなりたいとか思った事なかったんだけどさぁ、リオの本部の超人たち見てたら、俺もああなりたいって思うようになった。

M君:湖太郎も!?俺も。



 私たちがリオで目の当たりにしたのはただのマッチョマン達ではなかったんです。



 

見掛け倒しの筋肉ではなく、どれもカポエイラの為の筋肉だったんです。



 

それは一つ一つの動きを安定して繰り出せる筋肉であり、素早く骨盤を回すための筋肉であり、悪意のある相手から本気の攻撃を当てられてもそれを耐えられる筋肉でした。

 



全てカポエイラを追求しているうちに出来た、ある意味自然な筋肉だったんです。



 

それ以来、カポエイラが上手くなりたい一心で、カポエイラの動きを元にしたトレーニングをコツコツコツコツコツコツコツコツやりました。

 



全然苦痛ではなかったんです。



 

なぜか?

 



それは 具体的な目標(目的)があったから。



 

「リオのあの高弟達の様なカポエイラをいつか出来るようになりたい。」

この一心でした。

 

 


そして続けることほんの数か月。

 



自分の体がどんどん変わっていくんです。

 

 


そして結果的にいい体になっていました。

 



人に言われるようになって自覚し始めました。

 

 



特に腕と肩周りと尻ですね。



 

精神的には何も苦しくなかったです。

 



ただただカポエイラを楽しみながら日々コツコツとやることをやっていたら、副産物としていい体になっていた、という感じで(笑)

 

 


もともと行動が極端な私は、帰国してからはブラジルに完全に意識が向き、こう考えるようになりました。
 

俺のスタイルはブラジルだ。内も外もシンプルになろう。カポエイラにささげよう。

 

まず、それまで自分を自分で洗脳するかのように毎日聞いていたHIPHOPのCDを


ドッと捨て、服もB系の服を次々と処分しました。


なんで今まで何の疑問も持たずに英語圏やヨーロッパのものを受け入れてきたんだろう。

「痩せている=カッコイイ・美人」ていう歪んだ価値観はどこから日本に入ってきたんだろう。

 

色んな疑問が湧いてくるようになりました。

 

 



それくらいブラジルでの1か月は色々と目からうろこでした。

 



なんだかカポエイラを始めた頃は想像もしていなかったですが、日に日に内も外もシンプルになっていく自分が楽しかったです。

 



カポエイラを通してブラジルを知り、ブラジルを通して内と外のオシャレを知り、またそれをカポエイラを通して結果にした感じです。
 


 

いまは服選びにあまり悩みません。

 

 



地味なものでもド派手なものでも好きなものをシンプルに着るだけ。

 

 



食べ物も好きなものを食べるだけです。

 

 



どうせカポエイラで消化するし(笑)。

 



ストレスが無くて良いです。

 

 



同じものを食べて、同じ運動をするにしても、こういう心持で食べる方が太らない気がするのは自分だけでしょうか。
 

 

 


脂肪も筋肉も程よくついて、かっこいい体になるのがカポエイラだと勝手に思っています。

 



試しに1年やってみたらわかりますよ。



 

日本人にはことさらエキゾチックな世界であるカポエイラ、独特の動きや、リズム、ポルトガル語の響きなど初体験だらけだと思います。

 

 

 


毎回、習う新しいことに「楽しいな」「今日のは少し難しかったな」

 

 

 


などと思っているうちに、その一方で体が変化していくので、あまり苦行感はないのです。

 



とまぁ、前回に引き続き、今回はカポエイラを通してオシャレの意味を考え直させられて、そこから色々と変化していったというお話でした。

 

 

 


今後は、カポエイラをすると具体的に体がどう変化していくかを写真で少しあげていきますね。

 

 

ストレスたまっていませんか?  男!石田ブログ

キックボクシング

 

 

どんな人でもストレスは抱えるものです。

そんな時キックボクシングをする事で普段ではする事のないパンチやキックをすると楽しくなってきますよ。

 

思いっきり、ミットめがけてパンチやキックを打ち込んでみてください。

 

あら、不思議!!ストレスが発散していくのがわかるはずです。
                                                                         

ぜひ、 CHECKMAT TOKYOでキックボクシングを始めてストレス発散してください。

 

 

 

 

女性限定キックボクシングクラス

 

 

毎週木曜日 19:30~20:3

 

 

月謝は5,000円とリーズナブル!!

 

 

一日体験くらすがクラスがあります。

 

 

お問い合わせは

 

こちらから