ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<バスが危険。 和道ブログ
スタッフの日記

バスが危険。 和道ブログ

今日は昼クラスがないので所用で池袋へ。

交通手段はバス。

日本のバスは揺れませんね。

ブラジルのバスは異常に激しい。

まずバスに乗ると中央に車掌が乗っていてお金を渡すと改札口見たいのを通れる仕組み。

その改札を通ると多分、乗った人数が加算されていくのだろうと思います。

たまに車掌権限でその改札をジャンプさせて通すことがあった。

多分、お金がない人を乗せていたのだと思うけどほんと、おおらかな国ですね。

また、物売りがただで乗ってくる。これも暗黙の了解なのかな?!

乗ってきた物売りは一人一人にあめなどを渡していく。

何も知らない人はありがたいと食べてしまうかもしれないが、実はこれが売り物。

食べてしまうと金を取られる。

ひと通り渡すと回収に来るので返さなければいけない。

最初は私も分からなかったのでキョトンとしてました。

そして何と言っても運転が荒い。

椅子はクッション性が全くない椅子。

スピード止めの段差があると飛び上がるし、カーブではスピードを上げるのでGがかかり、体が倒れそうになります。

ゆっくり休むことは困難です。また、スリが多いので寝ることなど危険極まりない。慣れてきたら寝てましたけど。

道場まで渋滞だと1時間はかかるバス移動。何かと大変でした。

一度拳銃を持った奴が乗ってきて、サラリーマンから腕時計を取り上げ降りていった奴がいました。そのすぐあとに両手に拳銃を持った奴が入ってきて何かわめいていたことがあります。

怖〜

と思っていたらどうやら後から来た奴は警察官だったよう。いやー治安が悪いです。

しかし、ブラジル人は重い荷物を持っていると持ってあげようかと声をかけてくれるし、
お年寄りが乗るとすぐに代わってくれるので優先席がない。

そこは良いところでした。

そういえばアメリカのバスも激しかったな!!