ホーム<スタッフブログ<2019年4月

2019年4月

平成 和道ブログ

今日は平成最後の日ですね。

平成はブラジリアン柔術が世に出て世界に広まりました。

世界中に愛好者ができ、柔術で人生が変わった方も多くいます。

これから令和になり、ブラジリアン柔術はどうなるのでしょうか!!

オリンピック競技になるのか?

どんな技が流行るのか?

モダン柔術はどうなるのか?

アジアのブラジリアン柔術は?

CHECKMATは世界を取れるのか?

などなど楽しみがいっぱいです。

日本ではまだマイナー競技ですが世界では、まだまだ広がるでしょう。

ますます面白さが広がるブラジリアン柔術、始めて損はありません。

ブラジル修行中の休日の過ごし方は

ブラジルの練習は土日はお休み。土曜日は自主練があったりしますが日曜日は試合がない限り休みでした。

ブラジルの日曜日はお店もお休みで何もやってません。

日曜日は何をしてたかというと大きいショッピングモールはやっているので、ウインドウショッピングやお肉とお酒を買ってシュハスコ、公園に行って日焼けなどをしてましたね。リオはビーチがあるので毎日が休日みたいなものでしたが!!

まあ飲んでいた記憶の方が多いですが

体を休める日なので旅行は行った事はありません。

今思うと意外と楽しい休日でしたね。

取っ組み合いが楽しい?!   和道ブログ

今日はオープンマット。

 

たった二人しか来ていませんが二人で取っ組み合いをして楽しそうです。

 

このブログを書いている事務所にも笑い声が聞こえてきます。

 

取っ組み合いが楽しいのですから、ブラジリアン柔術って面白いですね。

 

取っ組み合いをこんな楽しいものに変えてくれたグレイシー一家には本当に感謝します。

 

5月5日、柔術、カポエイラ無料体験会

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

 

 

今年は10日もあるので長いですね。

 

 

連休中、運動不足、食べ過ぎ、ストレスが溜った方、ぜひ無料体験にいらしてください。

 

 

5月5日、12時からブラジリアン柔術とカポエイラの無料体験を開催します。

2019428121957.JPG
2019428122046.jpg

 

 

 

12:00~12:30 ブラジリアン柔術

 

 

12:30~13:00 カポエイラ

 

 

両方受けられますのでぜひ、参加ください。

 

 

ブラジリアン柔術は護身術を、カポエイラは蹴りと避け方を、それぞれやる予定です。

 

 

持ち物は運動できる格好とタオル、飲料水です。

 

 

ぜひご家族、お友達を誘って遊びに来てくださいね。

 

 

場所

 

 

東京都文京区白山1-18-7石川ビルB1F

 

 

アクセス

 

 

お問い合わせは

 

 

050-1105-3063

 

 

お問い合わせフォーム

カポエイラと音楽  湖太郎ブログ   ABADAカポエイラ東京

カポエイラと音楽は切っても切り離せないものです。

 



カポエイラを初めて見た時、その人の印象に一番残るものの一つがその音楽性だと思います。

 



カポエイラを習うまでに踏み切ったきっかけがその独特で美しい音楽だという人は少なくありません。

 



カポエイラ音楽を聞いたことが無い人には想像もつかないでしょう。

 


では「南国」とか「アフリカ」とか「トロピカル」というキーワードで漠然とイメージしてみてください。

 



はい。それです。今想像しているそれがカポエイラの音楽です。笑

 


陽気でしょう?笑

 


白い歯でしょう?笑

 


黒い肌でしょう? 笑

 


女の人の髪がソバージュでしょう? 笑

 



でもそれだけがカポエイラの音楽ではないんです。

 



今でも覚えています。

 


自分が一番最初に暗記した歌を。

 


一番最初に翻訳したのもその歌でした。

 


翻訳しながら私は泣いたんです。

 



さきほど、陽気なだけがカポエイラの音楽ではないと言いました。

 


私が最初に翻訳したその歌はまさにメロディが陽気なんです。

 


私はてっきりその歌詞も陽気だと思っていました。

 


私の中にあるブラジルの勝手なイメージ(サッカー!ペレ!サンバサーンバー!)をそのままその歌にも当てはめていました。

 



しかし実際の歌詞は、奴隷船の中で寒さと悲しみと悔しさの中で死んでいった黒人たちの思いについて語ったものでした。

 


”Navio Negreiro(ナヴィオ・ネグレイロ=奴隷船)”というその曲の内容は、ブラジルにつく前に母なるアフリカの恋しさのあまり死んだ者、寒さで死んだ者について歌っていました。

 


明るいメロディーで。

 



「何でこんなに悲しい内容をこんなにも陽気に、なんでもないかのように歌えるんだ。」

 



私はますますカポエイラの奥深さに魅了されると主に、ブラジル人のその精神性に興味を持つようになりました。

 



歌詞には何通りか種類があります。

 


さりげない日常を扱ったもの、

 

 

ただ韻を踏んだだけで歌詞の意味も作者の意図も(そもそも誰が作者なのかも)分からないもの、

 

 


農作業がテーマのもの、

 


漁師がテーマのもの、

 


人生の教訓を込めたもの、

 


カポエイラのjogoを人生になぞらえたもの、

 


黒人奴隷たちの恨みや悲しみを扱ったもの、

 


カポエイラの歴史的な人物を取り上げたもの、

 


ロマンチックなものなどなど他にも種類が沢山あります。

 



これはかなり上級者になってからですが、歌い手はその場にふさわしい歌詞とテンポの曲を選んで歌います。

 


はい。DJのようです。

 



聞く側はその歌詞に注意して聞き、歌い手のメッセージを理解します。

 


それがその場にいる誰かに注意を促すものであれば、時に挑戦状を叩きつけるものでもあります。

 


jogoしている最中の二人に向けられたものであることもしばしば。「こういうjogoをしろ。」というのを歌を通じて指示することもあります。

 


だから、jogoをしている二人は常に楽器と歌の内容とスピードに注意しています。

 



カポエイラにおいては歌はこれほどに重要なんです。

 


ポルトガル語が分かるようになると、そういった新しい見え方が出来るようになります。

 



そして、カポエイラの歌はどこか懐かしい感じがします。

 


私が思うにそれは日本人の民謡とどこか共通するものがあるからだと思います。

 


例えば、取り扱う内容の素朴さ。

 


農作業やら漁師やら、聞く者の脳裏に原風景が浮かんでくる点が、日本の民謡(沖縄を含む。)とカポエイラの歌が持つ共通点だと思います。

 



それともう一つの共通点。それはどちらも別に歌が上手くなくても良いということ。

 


歌は本来歌唱力のある人が歌うためのものではありません。

 


歌は「歌う心」を持った人が歌うものです。

 


7オクターブ出る人、1オクターブしか出ない人、酒焼けで声が潰れている人、きれいな声の人。どの人が歌っても良いんです。

 


個人的には二つ、生徒さんに課す条件があります。

 



①メロディーを理解すること

 


②歌詞の意味を知っていること

 



難しいそうですが、そうでもないです。

 


どちらも0から教えて覚えさせることが出来ます。

 


メロディーに関しては苦手意識と大雑把さ、それが原因だと思います。

 


これも根気良く付き合えば、生徒さんは面白いように歌が上手くなっていくんです。

 



私は人前で歌を歌うのが大の苦手でした。でも何故かカポエイラの歌を歌うときは恥ずかしくもなんともなかったです。

 


沖縄に住んでいた頃、よく泡瀬干潟で大声でベリンバウ(カポエイラの楽器)を弾きながら歌ったものです。

 


周りの人はビックリしてジロジロ見るどころか、近づいてすら来ませんでした。 笑

 



カポエイラは総合芸術です。

 


格闘技を英語でMartial Art、ポルトガル語でArte Marcial(アルチ・マルスィアウ)といいます。

 


ならば格闘技をする人はマーシャルアーティスト。そう、アーティストです。

 


カポエイラをやっているあなたは知ってか知らずかアーティストなんですね。

 



自分でこれを発見したときはうれしかったです。

 




アーティストになりましょ。

 


人は皆なんらかのアートを通して自己を表現するんです。

 


私の場合は18歳から今日までその方法がカポエイラです。

 


覚えた歌も沢山あります、これから覚えたい歌はもっともっとあります。

 


ちなみに、カポエイラをやると楽器も弾けるようになります。

 


色んな種類の弦楽器と打楽器。






あなたが最初に覚える歌は何ですか?

 



あなたが最初に手に取る楽器はどれですか?

 

 

CHECKMAT柔術着 和道ブログ

CHECKMAT柔術着を会員さんが買いました。


CHECKMAT TOKYOでは、これからCHECKMAT本部で売る柔術着に統一していく予定です。


柔術着は派手でおしゃれ、いろいろな種類があり、コレクターもたくさんいます。


柔術着を選ぶのは一つの楽しみであり、着るとモチベーションも上がります。


柔術着を統一する事はその楽しさをなくしてしまう事なので本当はしない方が良いのかもしれません。


しかし、CHECKMATの柔術着はメンバーの証、CHECKMATのメンバーしか着ることを許されません。


実はそのほうがよほど価値があるのかもしれません。


チームワークを高めるのにもとても良いと思います。


楽しみを減らしてしまいますが、その分、誇りが持てます。


CHECKMATの一員として誇りを持ちながら着てください

2019427112453.jpeg


ブラジル式?柔術着の持ち運び方

昨日のブログでブラジル式の柔術着の持ち運び方を紹介するといいましたので今回はその方法を説明します。


まずは
2019426154244.jpegのサムネイル画像

ズボンのお尻の出っ張りをたたみます。上着の長さに合わせて裾もたたんでください。

2019426155027.jpeg

腕のところををたたんで

201942615525.jpeg

両方たたんで

2019426155246.jpeg

半分に折ります。

2019426155340.jpeg

下に帯を置き

2019426155416.jpeg

キツ〜く二重に縛ります。

2019426155540.jpeg

帯の先端を縛れば出来上がり

2019426195010.jpeg

モデルは引退後は女優転身の予定!!の山口芽生!!

他グループでやっていたけど、、、、 湖太郎ブログ

先日、白山でカポエイラクラスをした後の話。
201942517420.jpg

筋トレを済ませて帰ろうとしていたところ、道場主の和道先生の柔術の生徒さんが話しかけてくれました。

 


どうやら聞くところによると同僚に元々カポエイラをしていた方がいて、この白山道場の話をその方にしたそうなんです。

 

 

するとその同僚の方は「他グループでやってたから怒られないか心配で。大丈夫かなー。」とおっしゃっていたそうです。

 

 


私としては意外でした。

 

 


そんなこと気にしなくても(笑)。何をどう怒られるのか。誰にもその方を怒る権利はないし(笑)。

 


なんだか気の毒な気持ちになりました。

 

 

「カポエイラが好き!」

 

 

「カポエイラ習いたい!」

 

 

っていう気持ちが何より大切だと思います。何だってそうですよね。

 

 


その方には気兼ねなく来て欲しいです。きっと前よりもさらにカポエイラが好きになります。

 

 


そうさせる自信があります。

 

 

ですから、他のグループで習っていた方、怖がらずにその「カポエイラが好き」という気持ちを大切にしてください。

 

 


あとはあまり深く考えずに、身分証とケータイと家の鍵と上着だけ持って、アポ無しで道場に来たらいいんじゃないでしょうか。笑

 

 

 

昨日じつはアポ無しで一人来ました。来週から通うそうです。

 

 


そうこなくちゃ。

 

 

 

こんなに気持ちのいい季節に運動しないなんて損ですよ。

 

 


夏になったら芝生でビーチで街角で、カポエイラしましょうよ。だからはじめるなら春!

 

 

 

"Vai fazer quando?!" (いつやるの?!)

 


-"É agora, pow." (いまでしょ。)

 

 

春のキャンペーン実施中、詳しくはここをクリック
 

柔術着はバックに入れずに 和道ブログ

ブラジリアン柔術の道着は派手でかっこいいものが多いからバックなんぞに入れずに持ち歩けばいいと思う。

そうしたら道場の宣伝にもなる。

何かやられてるんですか?

なんて会話のとっかかりにもなるかもしれない。

ブラジルでは道着をぶら下げて歩いてる人が結構いた。それがかっこいい。

このぶら下げ方は次回のブログで説明しようと思う。

しかし、問題は多いかな?

行きは良いが帰りは汗だくの道着を持って電車にはのれないな!!

怪しくで職質されるかもしれないな!!

おじさんにはあまりお勧めできない。

でも子供や学生には強そうに見えるし、かっこいいからやってほしい!!

あなたは「闘い方」を知っていますか?  湖太郎ブログ

Boa noite(ボアノイチ=ポルトガル語で「こんばんは」).

 


Checkmat Tokyo カポエイラクラス講師の湖太郎です。

 



ところで皆さんは「闘い方」を知っていますか?

 



カポエイラに関してよくある質問のひとつに「カポエイラはどうやって勝ち負けを決めるの?」というものがあります。

 


ごくごく自然な疑問だと思います。はじめに結論を言いますと、勝ち負けはありません。

 



隙を突かれて攻撃を当てられても、軸足を刈られて床に転ばされてもjogo(ジョーゴ=カポエイラの組み手)はそこで終りではないんです。

 


しなやかな身のこなしと、自由な発想で相手を術中にはめていくのもカポエイラですが、自分が一本取られたり転ばされたりした時の反撃の仕方にこそカポエイラの真髄があります。

 


諦めずにjogoを続けること、転ばされても冷静な頭ですぐに次の手を考えて機をうかがってやり返すこと、そこにカポエイラの精神が現われています。

 



相手の蹴りをしっかりと避ける、今度は自分が蹴り返す、脚払いで転ばされる、上手に転んでその体勢から蹴り返す、また足払いが来る、その脚払いに脚払いを掛けて今度は相手を転ばす、、、など展開に制限はありません。

 



カポエイラをしているあなた自身が「負けた」と思わない限り、あなたは負けないんです。

 


だからカポエイラに「負け」という概念はありません。転ばされて地面に這いつくばることもカポエイラの重要な一部で、みんなそこを通ります。

 



カポエイラにはrasteira(ハステイラ=足払い)という技があります。蹴ってきた相手の軸足をタイミングよく払うことで、相手を床に転ばせます。

 


ブラジルの道場ではよくカポエイラのjogoを人生になぞらえることがあります。なかでもこのrasteiraは例え話で良く使われるのです。

 


人間誰もが生きている間にいろんな挫折や裏切りを経験していきますよね。そういったものを人生におけるrasteiraとして隠喩的に使うのです。

 



jogoにおいて転ばされた事がないcapoeirista(カポエイリスタ=カポエイラをする人)はいません。

 


私も彼も貴方もこの先カポエイラで転ばされ続けます。

 


ただ、capoeiristaは転び方を知っています。転び方を知っていればつまり転ばされた体勢からの反撃の仕方も知っています。

2019425165646.JPG



前回のブログでしなる竹は決して折れないというお話をしました。

 


しかし竹の強みは強度だけでないんです。もう一つの強みはどんな方向から吹くどんな強い風にも柔軟に対応できるそのしなやかさです。

 


そしてしなった竹はしなった分だけ勢い良く戻ってきます。

 




冒頭に私が言った「闘い方を知っていますか?」という質問は、護身術が出来ますか?という意味ではないんです(笑)

 


ではどういうことか。

 


カポエイラをしているいないに関わらず、老若男女問わず、誰でも皆何らかの形で闘っていませんか?

 


何かを守るために何かを耐える。社会人は特にそういう場面を生きていると思いませんか?

 


でも皆が皆、闘えていますか?戦い方が分からなくて泣き寝入りしたり、お酒に逃げたりしていませんか?

 


弱者になることを受け入れて楽になろうとしていませんか?

 




そろそろ、「闘い方」をおぼえませんか。一緒に強くなっていきましょうよ。
 

 


リオ本部の練習

 




前回と今回のブログで敢えて「格闘技」という言葉を使わないで「闘い」という言葉を使ったのはそういう意味なんです。

 



カポエイラのjogoをしている人を見ると「あぁ、立派に闘っているなぁ。」と思うことがあります。

 


ブラジルの兄弟弟子たちが、自分の能力を全部出して一生懸命jogoしているその姿に、昔senzala(センザーラ=奴隷たちが働かされていた大農園の中にある、奴隷たちが寝泊りする小屋)の中で大きな権力に歯向かうようにしてカポエイラ(の原型)を創っていった黒人奴隷たちの姿を重ねてみることがあります。

 




肌の色は関係ありません。

 


そのsenzalaが東京にあったって面白いじゃないじゃないですか。熱いじゃないですか。

 



あなたは熱いこと好きですか?

 



私は熱いこと大好きです。





ではまた