ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<最後まで攻める
スタッフの日記

最後まで攻める

昨日の日本VSポーランドの試合、最後攻めずにブーイングが出ていました。

賛否両論あると思いますが私は正解だったと思います。

 

日本人は最後まで攻めることに美徳を感じる民族だと思います。

負けようが一生懸命戦えばそこに価値を感じてくれます。

私も日本人、そこは十分わかりますが

 

スポーツにはルールというものがあって最大限そのルールを生かすのもまたテクニック!!

 

日本人が卑怯と感じるものは実は世界では当たり前のこと、頭がいいということになります。

 

私がブラジルで試合をした時の話。

私はアドバン1差で勝っていました。

最後まで動こう。最後まで取りに行く姿勢をアピールしたいとも思っていました。

攻めすぎたのか、アドバンを一つ奪われ、審判判定で負けてしまいました。

その時、最後まで攻めたのだから負けたけどほめてくれると思っていましたがファビオとレオに

なぜ動いたんだと怒られました。

 

先ほども言いましたがルールをうまく利用するのもテクニックです。

それを利用せずに気持ちだけで戦うことは暴走なのかもしれません。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1101