ホーム<スタッフブログ<スタッフの日記<グレイシー柔術
スタッフの日記

グレイシー柔術

初めてグレイシーの試合を見た時、それは衝撃的でした。

インターネットがない時代、情報は雑誌とテレビです。

その頃、SRSとリングの魂という番組があったのですがどちらかで特集されていたのを見たのだと思います。

私はプロレスラーに憧れていたのですがプロレスラーが最強だとは思っていませんでした。しかし、格闘技色の強いパンクラスは強いのではないか?特にあの筋肉隆々のシャムロックは最強だと思っていました。

それが全く筋肉のないヒョロヒョロした男にスルスルとチョークに入られ、タップをしたのです。

動画
 

想像してみてくださいね。

筋肉隆々のプロレスラーがそこら辺にいそうな青年にコロッとやられてしまうのですよ。

それはびっくりしますよね。

現在のブラジリアン柔術はインターネットと道場の普及によってだれでもテクニックを学べるようになりました。

しかし、グレイシーたちがテクニックを隠していたらいまだに未知の最強の格闘技なのかもしれません。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1094