ホーム<スタッフブログ<お知らせ<危機管理 東京都 文京区 ブラジリアン柔術 & カポエイラ道場 ブラジル格闘技日記
お知らせ

危機管理 東京都 文京区 ブラジリアン柔術 & カポエイラ道場 ブラジル格闘技日記

いよいよW杯が始まりますね。

 

応援に行った日本人がすでに襲われたというニュースを聞きました。

 

ブラジルは治安の悪い国。観光旅行気分で行くと襲われます。柔術家もけっこう襲われていますし!!

 

身を守るにはどうするか。僕の経験から言わせてもらえばまずは一人で歩かないことです。数名いれば相手も躊躇します。

 

おしゃれをしないこと。お金持ちが集まる場所に行くときは良いですが、一目で観光客とわかる服装は襲われやすいです。現地の人に溶け込む服装、Tシャツ、短パン、もしくはジーンズ、スニーカーかサンダルがベスト。時計やアクセサリーは絶対ダメ。

 

のろのろ歩くのも良くないですね。現地の人に合わせましょう。押し売りみたいのも多いのでしっかり断ること。

 

柔術家でいえばガロ級、プルーマ級と小さい階級の方が襲われてます。小柄な方は一人で歩かないで!!

 

襲われてしまったら抵抗せず。両手を上にあげて財布の場所を教えましょう。抵抗しなければ命までとりはしません。

 

たぶんサッカー終了時は遅い時間になると思います。本当に危険なので帰り道はしっかり調べていってください。

 

ブラジル人は危機管理能力に優れています。何かあるとすぐに見に行ったり逃げ出したりと行動が早いです。僕もそうでしたが、日本人はその状況を(何かあったのかな???)とぼーっと見がちです。状況を把握している間に大変なことに巻き込まれる恐れがあります。誰かが走り出したら一緒に逃げましょう!!ジョーダンじゃなくてそのくらい日本人はぼーっとしています。気をつけて下さいね!!

Boa viagem!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wado-jiujitsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/787

コメントする