ホーム<スタッフブログ

スタッフブログ

カポエイラとの共通点  和道ブログ

ブラジリアン柔術は柔道が基になっていますがカポエイラの影響を強く受けているのがわかります。

 

カポエイラインストラクター湖太郎君の練習を見たり、話したりしていると共通点がたくさんあります。

 

グレイシー柔術よりもそこから派生したアカデミーの方がその影響が強いのではないでしょうか。

 

グレイシー柔術はブラジリアン柔術の考え方、コンセプト、基礎を作っていますが柔道に近いものだと思います。

 

柔道経験者や日本人には割と分かりやすい技術体系だと思います。

 

それに対して色濃く、ブラジル人の発想が出ているのがアリアンス系を中心としたアカデミーです。

 

動きもそうですが考え方もカポエイラに近いのではないでしょうか?

 

例えばグレイシーはホジャーやヒクソンを見てわかるように抑え込んで相手の動きをコントロールしながら攻めていきます。

 

それに対してレオジーニョやヒカウジーニョは距離を置き、抑え込む場面が少ない。それは相手の動きに合わせるためだからだと思います。

 

だから駆け引きやカウンターが多いのですね。

 

駆け引きが多いとゲーム性が高まり面白くなります。

 

これはサッカーにも通じるものだと思います。

 

ブラジリアン柔術、カポエイラに共通点があるのはブラジル人がなんでも楽しく面白くしてしまうからではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

多国籍で挑む   和道ブログ

昨日から東京武道館ではブラジリアン柔術のアジア選手権が開催されています。

 

CHECKMAT TOKYOからは4人参加。

 

CHECKMATからは40人参加しています。

 

日本、中国、シンガポール、韓国、ブルネイ、アメリカなどの仲間たちが一緒に戦います。

 

CHECKMATの名のもと、多国籍の仲間たちが一緒に戦うのです。面白くはないですか?

 

国際大会なのに日本人が仲間ではなく世界のCHECKMATメンバーが仲間なのです。

 

これもブラジリアン柔術特有の楽しみ方です。

 

 

 

 

 

 

一人で歌練習   湖太郎ブログ

また歌ってみました。
 
 
前回よりは喉が「開いて」います。
 
 
でも全然本調子じゃありません。
 
 
もっと開きます。
 
 
 
声の出し方にはコツがあります。
 
 
 
外国語の発音にも理論があります。
 
 
 
少しのテクニックと楽しい気持ちがあれば、歌は聞く人に必ず伝わります。

 
 
 

https://www.instagram.com/p/B2J0JG-F7Qg/?igshid=1u691kdlvn2jk

 

 

 

同じチームだから   和道ブログ

柔術

 

CHECKMATになってから海外から多くのCHECKMATメンバーが練習に来てくれます。

 

先日はシンガポールから、ブルネイから、アメリカからと同じ空間に多国籍の方たちが一緒に練習していました。

 

同じメンバーなのでテクニックも似ているし、すぐに打ち込めるので楽しい時間を過ごせます。

 

初めて会った見知らぬ国の人たちと一緒に練習し、交流が持てるなんて面白いとは思いませんか?

 

ブラジリアン柔術、特に同じチームの人間はどこに行っても歓迎され、仲良くしてくれます。

 

これもまたブラジリアン柔術の楽しさのひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

不健康な生活を送っている方へ  

運動は気持ちいいですよ。

 

お酒を飲んでも楽しいですよね。

 

しかしそれは飲んでいる時だけ。

 

次の日は気分が悪いし、嫌なことがあったときのやけ酒なんかは周りに迷惑をかけるかもしれないし、一時しのぎでしかないため、結局何の解決にもならないことも

 

運動は違いますよ。やっているときはつらいこともあるけど、終わった時のすっきりした気持ちはなににも代えがたいものがあります。

 

気持ちがすっきりするため嫌なことがあっても運動後はポジティブな気分になります。問題の解決にも気合が入るはず。

 

次の日も心地よい疲れと筋肉痛が待っています。俺生きてる!!という感じを味わえますよ。

 

飲み代が減るのでお金がたまるのもメリット。

 

また運動していると動けないので食べ過ぎにも気を付けるようになるし、体型が変わればますます食事に気を付けるようになります。

 

運動することで疲れるから自然と早く寝るようになり、生活のリズムが整ってきます。

 

結果、仕事の効率もよくなり、いいことだらけ!!

 

どうですか?運動始めませんか?

 

格闘技はどうですか?

 

CHECKMAT TOKYOではブラジリアン柔術、カポエイラ、総合格闘技を教えています。

 

ぜひ健康のために始めましょう!!

 

お問い合わせは

 

080-3255-7544

 

お問い合わせフォームからはこちら

力を抜く方法 和道ブログ

何度となく力の抜き方について書いてきました。

 

私が言いたいことは力を抜くのではなく技の合理性を理解すれば力を使う必要がないということです。

 

私の先生、レオジーニョやヒカウジーニョは力を感じません。

 

しかし、同じ技を使っていてもほかの方にやられると力を感じます。

 

それは動きが速いからではなく、技の合理性を理解しているからだと思います。

 

また合理性を理解している人と練習すると自然とその技の合理性が身に付きます。

 

これは経験上、わかっったことです。

 

力を抜きたかったら、技の合理性を理解する必要があります

 

そしてにそういう方に教えてもらう必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

CHECKMAT TOKYO会員  キングサイトウブログ 第17弾

柔術で動きやすくするために

 

 

体重を落とし、でも栄養が偏ると

 

 

動けなくなるからきちんとバランスを考え

 

 

たメニューを組み立てる。

 

 

となると、外食やコンビニでは難しくなるので自炊をするようになる。もちろん家族の分も作る。

 

 

結果、家族に喜ばれる。

 

 

 

週に何回も練習にいくと柔術着の洗濯の回数も増える。申し訳ないので練習後には必ず自分で洗う。

 

 

でも道着だけで洗濯機を回すのも勿体ないので、ついでに家族の分も洗う。

結果、家族に喜ばれる。

 

 

 

翌日の練習の事も考えて、飲みにいく回数もグッと減る。酔っ払って帰って睡眠の邪魔をする回数が減り、

 

 

浮いた分で娘にお小遣いをあげたり家族と食事に出かける。

結果、家族に喜ばれる。

 

 

 

筋力もアップして、買い物に出かけた時にも

 

 

沢山荷物を持てるので。

 

 

結果、家族に喜ばれる。

 

 

 

元々は自分の為に柔術を始めたわけだが

 

 

結果、家族に喜ばれている。

 

 

 

これからも柔術を続けていきたいなら、

 

 

家族を味方につけ、喜ばれよう。

 

生徒の立場になった。  キックボクシングインストラクター男!石田ブログ

自分自身今年の6月から新しく仕事も変わり、毎日が忙しく、目まぐるしく1日、1週間そして1ヶ月と経っているそんな日々です。



そんな中唯一、毎週木曜日に週一回指導しています。



どんなに忙しくても、身体を動かす事がこんなにも大切な事なんだと、今は改めて痛感しています。



毎日忙しい時だからこそ、一度リセットする意味でリフレッシュが必要なんだと、今はなんか生徒さんの気持ちになった感じでいます。



身体にとって気分転換も大切なんですね。



うちでのキックボクシングは誰にでも出来るキックボクシングクラスとなっています。

 


身体の気分転換の為にもキックボクシングをしてみませんか❓



見学、体験の申し込みは。

 


080-3255-7544

 

お問い合わせホーム

201999163021.jpg

 

 

考え方   和道ブログ

考え方が変わるというのもブラジリアン柔術にはあります。

 

特に私はブラジルで修行してきたのでそれが大きいかもしれません。

 

ブラジリアン柔術のテクニックは実に合理的。

 

そして日本人には思いつかないものばかりです。

 

考え方が日本人とは違うのですね。

 

ブラジリアン柔術を始める前にこの考え方が身につけば違和感なく、技を覚えられるのではないかと思います。

 

日本人の考え方でブラジリアン柔術をやるから力を使ってしまい、動きが止まってしまうのだと思います。

 

技を覚えながら考え方も柔軟に変えていくことは重要ではないかと思います。

 

そしてこの考え方は生活でも生かされるはずです。

 

 

パラナ エェ パラナー カポエイラインストラクター湖太郎ブログ

歌ってみました。

 

コーラスの部分を皆で合唱します。

 

ベリンバウがあと2種類、打楽器があと3種類加わります。


 

これを皆で全力で歌ったときの迫力は凄いです。


 


 

https://www.instagram.com/p/B2G3w-MFcaQ/?igshid=1at8anps6fsrw